« 寄り眼ができない | トップページ | 寄り目ができない 3 »

寄り目ができない 2

「近視の未矯正もしくは低矯正は調節力とのバランスが悪くなる」というのは、

近視のかたが、裸眼で近見視をすれば、正視のかたよりも調節力が少なめですみます。

近視度数や近見距離によっては無調節で近見視ができます。

「調節力が節約できていいのでは」と思われるかも知れませんが、そうではありません。

それは、調節力と輻輳力は連動しているからです。

調節機能を節約すれば、調節性輻輳の働きが悪くなり眼位ズレが起きやすくなります。

結果、近視のかたは輻輳不全になりやすく、外斜位になりやすくなります。

つまり、「適度に調節を働かせないと、輻輳力が退化することもありますよ・・・」ということです。

近視の安易な低矯正は、視機能不良に繋がることもあります。

« 寄り眼ができない | トップページ | 寄り目ができない 3 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄り眼ができない | トップページ | 寄り目ができない 3 »

最近のトラックバック