« 当店は隙間で勝負しています。 | トップページ | 高知 engawa »

度数はどう選ぶか

度数選び

度数を選んでいただく場合、まずお客様の基本度数(完全矯正度数や全矯正度数とも呼びます)をだすことから始まります。

検査の基本は、
・屈折検査(近視、遠視、乱視)
・眼位検査(斜位)
・両眼視機能検査(遠近感覚など)
です。
これは、非常に重要な検査です。基本度数によってお客様の持っている視機能を知ることができます。

この大事な基本度数を求めないで、調製度数(実際に作る度数)を提示しようとすることは、マズイです。 
オートレフ(コンピュータ測定器)のデータだけで、メガネを作るのは無謀です。

マトモに測定もしないで「前回よりも、やや強めた度数でいかがでしょうか」というのは手抜きです。

 

(手抜きというよりも、そもそもマトモに測定をする技術がないメガネ屋もいます)

 

------------------------------------------------------------------

では、調製度数はどうするか・・・・

度数には、

・よく見えるけど慣れづらい

・スッキリと見えないけど慣れやすい

・遠くは見やすいが、近くが見えづらい

・空間視の違和感が大きい

・違和感は少ないが、見え方がイマイチ

など色んな要素があります。

時々「違和感が大きい。このメガネは間違っている!」ということを言われます。

この表現は間違っています・・・・いや、正確ではありません。

違和感は主に前のメガネとの度数差、感受性、環境などによって生じるものですから、一概に決めつけることはできないからです。

(不良なメガネでも違和感を覚えます)

そもそも「唯一絶対に正しい度数」というものはありません。

調製度数に関しても、どこかがよければ、どこかが悪くなります。

何を優先するかで、メガネ度数はお客様との委ね合いで決めていきます。

短時間ですべてのことは分からないのですが(長時間でも難しい・・・・)最終的な判断はお客様です。

結果責任は、お客様と浜田 清と久美の共同責任です。

« 当店は隙間で勝負しています。 | トップページ | 高知 engawa »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当店は隙間で勝負しています。 | トップページ | 高知 engawa »

最近のトラックバック