« スポーツ兼用フレーム | トップページ | 度数はどう選ぶか 10 »

度数はどう選ぶか 9

テスト枠にも種類があります。

テストレンズが3枚装着できるものや、5枚入るものまであります。

テストレンズをどのポケットに入れるかによって、矯正効果が異なってきます。

 

Dscn19821

つまり「頂間距離(目とレンズとの距離)によって、度数が変化する」ということです。

たとえば、

頂間距離12mm、ー8.00Dで完全矯正されている近視眼がテスト枠16mmのポケットにレンズを入れると、

約ー0.25D分矯正効果が弱くなります。

この差は大きいです・・・・。

度数が強くなれななるほど、頂間距離と矯正効果の問題が大きくなります。

近視度数の強いかたは頂間距離が短いほうがメリットが大きくなります。(まつ毛につかないぐらいに)

当店は頂間距離を超短めに設定できるテスト枠で度数選びをしていただくこともあります。

 

Dscn19831

ウスカルフレームは頂間距離が短く設定できる設計にしています。

« スポーツ兼用フレーム | トップページ | 度数はどう選ぶか 10 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツ兼用フレーム | トップページ | 度数はどう選ぶか 10 »

最近のトラックバック