« 一般論? | トップページ | コラフープ44 46 »

メガネの修理は・・・・。

チタンメタルフレームが破損した場合、「瞬間接着剤」での修理はたいていは困難です。

 

Dscn20921

↑この壊れたメガネフレームを修理されようとしたお客様。

その修理は、フレームとレンズを接着剤でくっつけていました。

上手に作業はされていたのですが、いかんせん、レンズに接着剤がベットリとついています・・・・。

結局、苦労してくっつけたものの実用的に使えるぐらいまでの修理にはなっていません。

それで、フレーム交換ということになりました。でも問題が・・・・・。

レンズについた接着剤を無理に剥がそうとすると、コーティングが傷みます。

丁寧にエタノールで拭いても拭いても接着剤はほとんどとれません。confident

幸いレンズ中心部に問題はなかったので、そのまま使っていただくことにしました。

接着、癒着はもろ刃の剣でもありますね。

 

« 一般論? | トップページ | コラフープ44 46 »

メガネ修理の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般論? | トップページ | コラフープ44 46 »

最近のトラックバック