« 変化への対応 4 | トップページ | 変化への対応 6 »

変化への対応 5

人間の目も生まれたときから、生きている限り日々変化を続けています。

目の成長は早く、3歳ぐらいで視力が成人なみの1.0ぐらいになります。(1.0の視力がでないかたもいます)

でも残念ながら目の調節力は生まれたときがピークで、以後は退化していきます。

調節力の変化を感じることが、一般的に「老眼」と呼ばれています。

老眼になると大きな変化のように感じますが、「その老化現象は、10代のころから徐々にきている」ということです。

だから「老眼」という呼び名はイメージ的に良くないように思います。

そんなイメージの良くない老眼鏡をなんとかしようと生まれたレンズが「遠近累進レンズ」です。

遠近累進レンズであれば、一つのメガネで遠方も近方も見えます。

遠方と近方でメガネを掛けかえる煩わしさがありません。

レンズに「境い目」もないので、見た目もスッキリしています。

はた目には単焦点レンズ(遠近両用でないレンズ)との違いはまったくわからないので、「老眼」と意識されることはありません。

そんなメリットが多い遠近累進レンズですが、やはりデメリットもあります。

これが「度数の変化」です。

変化に弱いかたは、度数が変化する遠近累進レンズをなかなか使いこなせない・・・・こともあります。

その対策としては、衰えたきた調節力を補う目的で作られたレンズがあります。

アシストレンズ」、「サポートレンズ」と呼ばれているものです。

このレンズも累進レンズです。

20代ぐらいからこの累進レンズを使用することで、変化に対応しやすい能力(脳力)が備わってきます。

ただし眼位(視軸の向き)によっては、アシストレンズが不向きの場合もあります。

ご相談ください。

« 変化への対応 4 | トップページ | 変化への対応 6 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変化への対応 4 | トップページ | 変化への対応 6 »

最近のトラックバック