« ウスカルフレーム「ディーグラム」 | トップページ | 聴覚に障害のあるかたとのコミュニケーション »

複視の不安

「一度壊れたものは、完全に元には戻らない」

平成16年にサイクリング中に交通事故に遭い、左足の脛骨、腓骨、関節、指を骨折した、私の感想です。

不自由な足にいら立つこともありますが、仕事には支障がないので、大きな問題にはなりません。

もし、「手」が不自由になっていたら、おそらく相当イライラがつのるでしょうね。

メガネ屋は主に手、口、脳、を使う仕事ですから・・・。

それで、「目」の話。

交通事故で目が不自由(複視)になれば、まず車の運転は困難です。

その苦しさは、精神状態をコントロールするのも大変なことでしょう。

苦しさを医師に訴えてみても「具合の悪いのは当たり前・・・」というなんともつれないアドバイス。

他の病院を受診してみても「こんなものです」と、あたりさわりのない無難な診断。

仕方ないですね・・・・。

医師に文句を言うこともできない。質問もし辛いので仕方がなく、眼位検査を積極的にやっているメガネ屋に相談・・・というパターンが少なくありません。

当店はそういうかたの受け皿になっています。

といっても、私達のできることは限られています。

やはり医師が言う通り無理なものは無理です。

でも、症状を和らげることは可能です。

メガネで屈折異常、眼位異常を矯正することができ、プリズムレンズで複視の解消が期待できるからです。

と、ブログを書いていたら「脳の手術をしました。近見で複視になります」とお電話がありました。

「複視は徐々に消えるだろうと言われましたが、不安です」と。

病院は不安をあおることもありますからね。(それも必要なことだとは思いますが・・・・)

その不安を和らげることは、おそらく可能でしょう。

やれるだけのことはやっていきます。もちろん完全に元には戻らない不安はありますが・・・・。

« ウスカルフレーム「ディーグラム」 | トップページ | 聴覚に障害のあるかたとのコミュニケーション »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカルフレーム「ディーグラム」 | トップページ | 聴覚に障害のあるかたとのコミュニケーション »

最近のトラックバック