« 複視になったA様 | トップページ |  安藤桃子さんの映画館「キネマM」 »

複視になったA様 2

「眼球運動神経麻痺では自然治癒する例があり、発症後6ヶ月は経過を観察するのがよい」

と教科書には載っています。

だから、「とりあえず様子を見ましょう・・・・」と診断する眼科が少なくありません。

それはそれで教科書的には間違いではないと思います。

でも患者さんにすれば複視の状態は、1日でも1時間でも辛いです。

複視を解消するための光学的対応としては「プリズム眼鏡」があります。

そういうものがあるのですから、とりあえず「プリズム矯正」を選択してもいいのではないでしょうか。

プリズム矯正は、手術と違って安全性が高いし、ダメなら外せばいいのです。

なにより、複視が解消できることは精神的に安定します。

医療ですべてのものが治るわけではないし、限界もあります。

診察時間も長時間取れるわけではないでしょう。

メガネ屋なら2時間でも3時間でも納得のいくまでアドバイス&フォローができることもあります。

患者さんのためには、そんなメガネ屋を上手に利用していただきたいと思いますが、そんなこと(プリズム矯正など)をするメガネ屋はけしからん!と言われることもあります。

A様のプリズム矯正も眼科から当店が睨まれる可能性もあります。

(睨まれるだけならいいのですが・・・・・)

ユーザー本位にプリズム矯正をするということは、「リスクもある」ということなんです。

なお、眼球運動障害の原因に
・外傷
・血管性病変
・腫瘍
・動脈瘤
・炎症
や原因が特定できないものまでありますので、急に複視になった場合、まずは病院へ行ってください。

« 複視になったA様 | トップページ |  安藤桃子さんの映画館「キネマM」 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複視になったA様 | トップページ |  安藤桃子さんの映画館「キネマM」 »

最近のトラックバック