« 本日 出店は中止 | トップページ | 「抑制」と眼科事情 »

ボストンフレーム「ボストリア」

ボストンメガネ研究会 オリジナルフレーム「ボストリア

レンズ型は、レンズ上下幅が広めの、ドイツ風のテイストの効いたボストンフレーム。

Dscn2149


アンティーク・クラシックのオーソドックスなモデルですが、独自のふたつのアレンジを持っています。

1. 鼻側の斜めカット
2. 腕まわりの平行線デザイン


まず鼻部分を下から見てみれば…斜めにカットが入れてあることがわかります。

この斜めに入れたカットにより、メガネフレームを斜めから見たときのスタイルが、とてもスマートに見えます。

正面から見たシェイプも、ボリュームダウン効果が働き、スタイリッシュに変化。
鼻側をスマート化した分だけ、両サイドのボリュームを落すことにも成功したのです。

Dscn2150

その両サイドは、「智」と呼ばれるサイド部分を、真横に水平に伸ばしたような独特な形状となっています。

平行線を大切にしたライン取りということで、スッキリとした軽快感あるデザインです。

詳しくは『こちら

« 本日 出店は中止 | トップページ | 「抑制」と眼科事情 »

ボストンフレームの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日 出店は中止 | トップページ | 「抑制」と眼科事情 »

最近のトラックバック