« 令和セール | トップページ | 大人の女性フレーム »

複視になったB様 2

複視になったB様

その後、眼の状態も不安定です。

プリズムメガネを作り変えて、様子を見ていますが、目からきていると思われている

不定愁訴は改善できていません。

お電話も再三いただき、そのつど時間をかけて詳しく説明しますが、

電話でどこまで話が通じているか・・・・・。

先日、B様が度数チェックのためご来店されました。

赤と白のマドックスロッドを使用して、回旋斜位の測定をしてみました。

ほぼ問題ありません。

時計テストもOKです。

上下斜位はあるのですが、回旋テスト結果は前回よりもよくなっています。

調製していただいたプリズムメガネで、機能的な問題はありません。

Dscn00851

あとはB様の気持ちの問題・・・・。

 

 

外眼筋もすべての筋が神経支配されています。

B様に限らず「気持ちの問題は大きい」とは言えますが、その問題の改善は難しいです。

自然と時間が解決してくれることも少なくないのですが、直ぐの改善と完璧を求められるからです。

「改善するには、最低でも具合の悪かった時間の倍は必要です」と言っても聞く耳を持ってくれません。

私の体験談などを基にアドバイスしても「そんなの関係ない」と。

「具合が悪くても、それは無視されたらどうですか・・・」と言ったらお叱りを受けます。

負のスパイラルに陥っているお客様には何を言っても通じないこともあります。

改善のためにご提案する方法は受け付けてくれない。

「面倒なことはイヤだ。とにかくあなたが直ぐになんとかしろ」と、おっしゃいます。

ウーン、まだまだ修業が足りませんね、私は。

そもそもメガネ屋が目だけの問題ではない不定愁訴を改善することは困難なんでしょうが・・・。

メガネ屋ができることは基本的に、視器に関するもので、

・屈折異常(遠視 近視 乱視)

・調節異常(老視)

・眼位異常(斜位)

などです。

眼部疾患は医師が治していくものです。

 

 

 

 

 

 

« 令和セール | トップページ | 大人の女性フレーム »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和セール | トップページ | 大人の女性フレーム »

最近のトラックバック