« いきがいいケーキ | トップページ | メガネサイズ選びは大事です。 »

不同視の矯正

左右で屈折度数が大きく異なっているものを「不同視」といいます。

不同視は、左右眼で視力差が生じ、両眼視機能低下をきたしやすくなります。
両眼視機能が低下すると、斜位になりやすくなります。

斜位になると、眼精疲労、頭痛、首、肩コリなどの症状がおきやすくなります。

斜位から斜視になることもあります。

ですから、不同視は適切な矯正が望ましいです。

しかし、「片眼がそこそこ見えている近視性不同視は、矯正しなくてもいいだろう・・・・」と考えるかたもいます。

たしかに、近視性不同視は、弱視にはなりづらいのですが、視機能異常になりやすいことには変わりありません。

私も学童期「近視性不同視」で、視機能異常になり、今でも遠近感覚はやや弱いです。

そもそも、近視は外斜位になりやすいです。

その理由は調節力輻輳力のバランス(連動)が悪くなるからです。

近視のかたが、裸眼で近見視をすれば、正視のかたよりも調節力が少なめですみます。近視度数や近見距離によっては無調節で近見視ができます。
「調節力が節約できていいのでは」と思われるかも知れませんが、そうではありません。

それは、調節力と輻輳力は連動しているからです。
調節機能を節約すれば、調節性輻輳の働きが悪くなり眼位ズレが起きやすくなります。

結果、近視のかたは輻輳不全になりやすく、外斜位になりやすくなります。

近視性不同視は、さらにバランスが悪くなりますから、上下斜位の原因にもなります。

自律神経も乱れてきます・・・・・・。

「それでもいいですか!」って話です。

 

 

« いきがいいケーキ | トップページ | メガネサイズ選びは大事です。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いきがいいケーキ | トップページ | メガネサイズ選びは大事です。 »

最近のトラックバック