« 無料保証のある眼科? | トップページ | 調製度数をどうするか »

グレイヘア入門 2

白髪を「染めて隠す」ものから「生かして楽しむもの」に変わりつつあるそうです。

その流れはメガネ業界にもきています。

日本のレンズメーカー「HOYA]が、遠近両用レンズのカタログ表紙にグレイヘアのモデルさんを採用しています。

Dscn01821

それもグレイヘアを前面に押し出して。

これは画期的なような気もしますが、これが自然なんですね。

通常、老視が始まる(意識する)のが40代半ばです。

(黒髪から白髪への移行時期でもあります)

近くのものが見えづらくなり、「あー、とうとうきたか!人生も半分終わった」とネガティブにとらえるか、
「さー、これからは第二の人生!アグレッシブに生きていこう」とポジティブに考えるか。

これは、「あー、」よりも「さー、」、ネガティブよりもポジティブが絶対にいいです。

マイナス思考のかたは、それだけで免疫力が下がり、自律神経のバランスが崩れてきます。
自律神経失調症などの病にかかりやすくなります。

プラス思考のかたは、気持ちに張りがあり、交感神経と副交感神経のバランスがよくなります。
つまり病気にかかりづらい体になります。
いつまでも張りのある顔、張りのある肌でいられます。

プラス思考のメガネ選びとは

「老けて見えるメガネ、地味で無難なメガネ」よりも「顔が明るく見えるメガネ。華やかで意欲的に見えるメガネ」を選択してください。
気分がワクワク、ウキウキするようなメガネを掛けて、メガネを楽しむことが大事です。

メガネは、メイクよりも簡単にアンチエイジングすることができます。

40歳代からは自然なグレイヘアに合わせてメガネフレーム選びを考えていただきたいす。

 

 

 

 

 

« 無料保証のある眼科? | トップページ | 調製度数をどうするか »

日常の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無料保証のある眼科? | トップページ | 調製度数をどうするか »

最近のトラックバック