« 外斜位にベースアウトのプリズムレンズ | トップページ | 丹羽雅彦 »

近視で外斜位

学童期の近視で「外斜位」のかたに、近視度数を「完全矯正度数よりも強く作る」方法があります。

本来の近視度数よりも強く作ると、

眼の屈折状態は遠視になる→遠視なると、どの距離でも調節をして明視するようになる→

調節をすると輻輳力が喚起されやすくなる→調節性輻輳が働く→外斜位状態が緩和される。

と、こういう理論です。

では、近視で外斜位のかたは多いので、そのかたには常にこのような調製をしてるかというと、そういうことはありません。

というか、ほとんどしていません。

デメリットもあるからです。

そもそも近視のかたは、近見での調節力は少なめで明視できます。(裸眼で)

そのかたに、「外斜位がありますから、調節力をしっかり使ってください」と言っても拒否されます。

それはそうです。今までサボっていたものを「急に動かしなさい」は無理があるからです。

ですから、近視で外斜位のかたの調製基本は「完全矯正度数で作る」です。

でも、これも拒否されることは少なくありません。

「完全矯正度数にすると、それに引っ張られて近視が進む」という曖昧な根拠も絶対にないとは言い切れません。

眼位と近視度数、どちらを優先してメガネ調製をするか・・・・。

 

 

 

 

 

 

« 外斜位にベースアウトのプリズムレンズ | トップページ | 丹羽雅彦 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 外斜位にベースアウトのプリズムレンズ | トップページ | 丹羽雅彦 »

最近のトラックバック