« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

カラーメッキの変更

メガネ メタルフレーム いろんなカラーがあります。

黒系、茶系、赤系、白系、・・・・。

Dscn02651

そのカラーメッキはやり替えることが可能です。(できないフレームもあります)

先日は、ブラウン色からブルー色への変更を受け賜りました。

カラーが変わると、フレームの雰囲気もガラっと変わります。

 

カラーメッキの変更日数は、約2~3週間。

費用は4000円前後~です。

 

100円の商品

当店は「100円」で販売している商品があります。

・ルーペ

・ドライアイメガネ

・メガネグッズ

・スイミングゴーグル

などがあります。

Dscn02641

どれも売れ残った商品です。

よろしければ・・・・・。(現品限り)

 

ゴッシュ 入荷

メガネブランド GOSH (ゴッシュ) とは、英語で 『 おや!まあ! 』 という日常的に起こる軽い喜びや驚きのときに使われる言葉

Dscn02281
『 自分たちの考えたフレームを手にした人たちに、喜びや驚きを感じてもらいたい 』 という思いからブランド名にしました

GOSH はファッションアイテムとして 1999年 にスタートし、今年で20周年を迎えることができました

アクセサリー感覚で掛けても眺めても楽しめる 『 色遊び 』 をメインコンセプトに、流行に合わせたフレームを提案しています

フレームの色彩には、常にこだわりを持って企画をしており、手にしたときに感じられる絶妙な色の組み合わせは

イメージの生地ができるまで、日本やイタリアでアセテート生地をイチから企画し、試作を重ねて作った完全オリジナル生地になります

新しいデザインや機能性を融合させた 『 MADE IN JAPAN 』 の確かな鯖江クオリティーとともにお届けします

Dscn02271

近視用メガネ?

近視とは、眼が全く調節を行っていない(例えば無限遠方を見ている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より手前に結像してしまう状態をいいます。
近視には、眼軸が長いことに起因する「軸性近視」と、角膜や水晶体などの屈折力が強いことに起因する「屈折性近視」があります。

長い時間近場の作業を続けると、調節をつかさどる毛様筋が異常に緊張し、近場の作業を止めたあとでも緊張状態が残る場合があります。
これにより、一時的に近視状態になることを「仮性近視」といいます



マイナスレンズを使用しての近視矯正。これが一般的です。

しかし、プラスレンズを使用して近視?を矯正をすることがあります。

 

そ れ は・・・・。

老視(老眼)矯正のことでした。

老視は近くの物が見えづらくなる現象です。

ということは、近くの物=「近」というイメージがあり、老眼メガネのことを「近見視用」→「近視メガネ」と表現されるかたがいます。

「近視用のメガネをください」と言われて、そのまま遠方が見やすいマイナスレンズで作ると・・・・。

この間違いは装用テストで「近方が見えません」ということになるので、ほとんどありませんが、目的を勘違いされるかたもいらっしゃいます。

「あれ、何を作りにきたんだっけ・・・?」と。

眼鏡技術者は、そういう点も気をつけないといけませんね。😠

 

 

 

 

 

ジョンレノン オーバル

ジョンレノンフレーム 丸メガネとオーバルメガネの入荷です。

Dscn02541 Dscn02551

ペイペイ使えます。

当店で「PayPay(ペイペイ)」が使えるようになりました。

Dscn02561

私はいまだにガラケーですが・・・・(浜田久美はしっかりスマホを使っています)

 

 

 

 

夏季休業のお知らせ

8月23日(金)は、夏季休業とさせていただきます。

8月22日(木)定休日、23日(金)夏季休業。

ウスカルフレーム「ビスコッタ」

ウスカルフレーム「ビスコッタ」発売です。

Dscn02451

このビスコッタは、フレームPDが61mmで、PD(目と目の間の幅)が57~61mミリという、かなり小さい顔の人に対応して開発されたモデルです。

ビスコッタは、フレームPDは、かつて出たセルフレーム「マチネコ」や「キネジェム」と近いですが、腕の太さも平均的、レンズ形状もバランス重視型と、性別・年齢を問わない方向にシフトチェンジしてあります。

玉型は42mmですので、強度近視で、10D未満のかたのレンズならかなり薄くなります。

テンプルが長いセル枠

テンプル(腕)長めの「IsoTopc(アイソトープ) 入荷しました。

Dscn02421 Dscn02411 Dscn02401

台風10号

台風10号が通り過ぎました。

この台風で被害を受けられたかたには心よりお見舞い申しあげます。

幸い、当店の被害はありませんでした。

でも、シャッターのない当店は、いつもながら台風前の準備は大変です。

Dscn02581

子供のときは、台風で学校が臨時休校になったりして、なんだか楽しかったけど、今は全然楽しくなく!

 

乱視の0.25 6

乱視の0.25はレンズ度数では一番弱い度数です。(一般的に)

メガネ調製は、「前の状態から変化が大きければ大きいほど慣れにくい」とされています。

この説からすると、0.25の変化は微々たるものですから、0.25を入れるのに躊躇することはありません。(前のメガネに乱視は入ってなかったとして)

でも躊躇せざるを得ない現実があります。(なんでも理論通りにいけば簡単ですが・・・・)

「慣れ」のメカニズムは脳の働きに大きく関係するため複雑だからです。

たとえば、乱視の0.25を何の説明もなく入れるのと、乱視の説明をしっかりして入れるのと、どちらが慣れやすいか。

前者が有効な場合も少なくありません。

ですから、0.25の乱視を特別なものとせずに、近視遠視の一部としてそのまま説明なしで入れることもあります。

「乱視の説明をすんのかい、せーへんのかい!」と言われそうですが、やはり複雑な脳が相手ですから「ケースバイケースです😖」とお答えするしかありません。

 

 

 

乱視0.25 5

「乱視の0.25は入れるべきか」

乱視矯正は、0.25でもキッチリと矯正するほうが物がはっきり見えます。

しかし、そうすると空間視の違和感が増えることもあります。

「さて、どうしたものか・・・」とメガネ屋も悩みます。

クレームになりやすい違和感はできるだけ避けたいからですね。

「乱視があります」と説明すると、「そんなこと眼科でも言われたことはありません!」とお叱りを受けることもあります。

(それはそうです。眼科の言葉は重たいですから・・・・)

でも、そう言われて引き下がるようでは眼鏡技術者ではありません・・・・。👓


わかりやすいように、時には乱視図などを利用して、乱視の説明をしていきます。

 乱視は日本語で「乱れる」という文字が入っています。これは悪いイメージを受けがちですが、実際には人間の目で乱視のない完璧な形の目は存在しません。
つまり、目は野球のボールのようにキレイなまんまるではなく、縦のカーブと横のカーブが異なるタマゴのような形です。
そのカーブの違いを乱視といいます。

縦のカーブと横のカーブが違いは、ものの見え方のハッキリ差が縦方向と横方向では違ってきます。
人によっては、そのことで眼精疲労の原因になることもあります。
乱視による眼精疲労は、乱視を適正に矯正することで解消されます。

なお、乱視そのものは病気ではありません。ご安心ください。

と。

こういう説明を丁寧にしていかないと、「乱視=特別な異常」と思われたままになります。結局困るのはメガネユーザーさんです。

 

 


 

乱視の0.25 4

両眼開放屈折検査で測定された乱視は日常視に近い状態で測定されたものです。

テスト枠+5m検査+両眼開放屈折検査は、より信頼がおけます。

その検査で検出された「0.25の乱視」。

でも、実はこれもピッタリ0.25ということは少なくて、0.50に近い乱視(0.37ぐらい)なのか、0.00に近い乱視(0.13ぐらい)なのかにわかれます。

なので、「0.50よりの乱視は入れる。0.00よりの乱視は抜く」という方法もあります。

当店は、0.25以下の乱視を測定できる「クロスシリンダー」を持っています。

 

乱視の0.25 3

「乱視の0.25Dを入れるべきか?」

そもそも、その乱視はどんな検査方法で測定された乱視なのか。

メガネの度数を決めるときの視力測定も、両眼の協調を考えて検査しなければいけません。
日常視とは違う(左右眼の協調性のない不自然な状態)方法で測定する、単眼視検査(左眼を遮蔽して右眼を測定し、次に右眼を遮蔽して、左眼を測定する方法)だけでは、適切でない度数が測定されてしまう場合があります。

メガネのハマヤでは両眼の協調を考慮に入れて、「両眼開放屈折検査」でメガネ度数の測定をしています。

両眼開放屈折検査とは偏光板を使った特殊な装置で、両眼を開けたままで、右眼と左眼を別々に測定します。
この検査方法は単眼視検査に比較して、より日常視に近い状態で測定することになります。
非日常的な単眼視検査結果とは、乱視の度数、乱視の軸(方向)や近視、遠視度数の強弱のデータに違いがでることがよくあります。

つまり、不安定な単眼視検査で検出された0.25の乱視は、両眼開放屈折検査では「必要なし」と判断できることもあります。

 

乱視の0.25 2

「乱視の0.25Dを入れるべきか?」

乱視には方向(軸)があります。

・直乱視    眼球の縦方向の屈折が強い乱視

・倒乱視    眼球の横方向の屈折が強い乱視

・斜乱視    眼球の屈折の強い方向が斜めの乱視

乱視軸によっても「0.25」の乱視を検討したほうがよさそうです。

一般的に斜乱視は慣れづらい傾向にあります。

ですから、「斜乱視の0.25は抜く」と考えるかたもいるでしょう。

でも、その0.25の矯正が大事な場合もあるので、決めつけるのは良くないと思います。

また、直乱視よりも倒乱視の方が疲れやすいと言われています。

この説が正しければ「倒乱視は完全矯正したほうがいい」ということになります。

でも、これも「臨機応変処方」が原則でしょう。

サギソウ

サギソウをいただきました。

Dscn02521

当店の冷房設定温度は、28°~29°にしています。

28°は店内で仕事をしている人間にとっては適温なのですが、猛暑の屋外から来られたかたは「暑い、暑い!」とおっしゃるかたもいます。

その時は、適宜温度を下げていきます。

サギソウの花は、暑さを和らげる趣があります。

花を見て涼んでいただければ・・・・。

 

 

乱視の0.25

お電話でのお問い合わせ。

「乱視の0.25Dは入れるべきでしょうか?」

(メガネの乱視度数は、一般的に0.25Dが最小度数の単位になります)

このお問い合わせには「ケースバイケースです」とお答えしました。

実際に、質問者のかたの眼の検査をしていませんので、抽象的な答えになります。

でも、実は0.25の乱視も奥が深いです。

そんなことを電話でお話するのは無理があります。(時間的にも)

まず、遠視性乱視なのか、近視性乱視なのかで、0.25の取り扱いも変わってきます。

「遠視は調節や輻輳に影響が大きいので完全矯正。近視の0.25は抜いてもいい」という説もあります。

これはこれで理にかなっている面もあります。

しかし、すべてそれでいい・・・という訳にはいきません。

メガネ調製は、他の要素も考慮に入れないといけません。

・近視、遠視度数はどれぐらいなのか

・前のメガネの乱視度数はどうだったか

・コンタクトレンズと併用するのか

・年齢

・使用目的

乱視の0.25を入れることにより視機能は高くなるが、違和感も大きくなる場合はどうするか。

0.25を入れると入れないでは見え方が大きき変化するかたもいます。

言えることは0.25の乱視でも乱視であることには変わりはないので、丁寧に取り扱わないといけない」ことです。

おおざっぱな検査しかしないで「乱視はありません」と言うのはいただけません。

(厳密に言うと乱視が「ゼロ」ということはまずありません)

基本的に「メガネは見るための道具であり、視機能を最大限発揮することができる度数」を選ぶことが肝心です。

 

 

カジュアルなメタルフレーム

カジュアルなメタルフレームは、気楽なくつろいだ時間を共に過ごせるメガネです。

Dscn02351 Dscn02341

天地幅ゆったり目のカジュアルフレームは、車の運転やスポーツにも向いています。

 

ジョンレノン 丸メガネ

ジョンレノン 丸メガネ 入荷です。

Dscn02301 Dscn02291

たべたのだあれ?幼児の視力検査

みえるかな?「たべたのだあれ?」

Dscn02471

白板や冷蔵庫などに貼ってお使いいただけます。

ルールは、ドーナツの「かじられたヶ所」の最も近くにいる動物が「ドーナツをたべた」です。

幼児の視力検査が、楽しみながらできます。

視力不良を見逃すと弱視になる場合があります。

 

 

斜位の矯正は

プリズム矯正は、主に「両眼単一視低下」に伴う症状を緩和するために行われます。

両眼単一視低下の原因に「斜位」があります。

斜位は、

・外斜位

・内斜位

・上下斜位

・回旋斜位

と種類があります。

(回旋斜位は一般的にプリズム矯正ができません)

眼球運動をつかさどる筋肉を「外眼筋」といいます。
外眼筋は、4つの直筋と、2つの斜筋で構成されています。

内直筋が、主に内転および輻輳運動を行う筋肉で、眼筋の中では一番大きく、その作用も外直筋よりも強いです。
外直筋の作用は、内直筋に比較して弱いですから、内斜位のほうが問題が起きやすいです。
上下筋は、さらに弱いですから、上下斜位のあるかたは、正常な眼球運動が阻害される確率が高くなります。

上下斜位の見逃し」は疲れるメガネの原因の一つになります。

で、上下斜位をキッチリと矯正すればそれでいいかというと、そういうこともありません。

人間、年を重ねるごとに融像力(左右の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能)も弱くなる傾向にあります。

そうすると、上下の外直筋を整えても、水平方向の斜位が悪さをしてくる恐れもでてきます。

上下斜位のあるかたは、たいていは水平方向の斜位もあるので、融像力の弱っているかたは水平方向もバランスよく整えたほうがいい場合もあります。

これは、私の経験上からも言っていることです。

(私の目は「不同視」で上下斜位+外斜位があります)

水平方向のプリズム矯正をすることにより、視線のズレを融像で無理に補正することが少なくなります。

結果、両眼単一視低下に伴う各種症状の緩和が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

女の子用メガネ

女の子用メタルフレーム入荷しました。

Dscn02261 Dscn02251

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

最近のトラックバック