« ジョンレノン オーバル | トップページ | ゴッシュ 入荷 »

近視用メガネ?

近視とは、眼が全く調節を行っていない(例えば無限遠方を見ている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より手前に結像してしまう状態をいいます。
近視には、眼軸が長いことに起因する「軸性近視」と、角膜や水晶体などの屈折力が強いことに起因する「屈折性近視」があります。

長い時間近場の作業を続けると、調節をつかさどる毛様筋が異常に緊張し、近場の作業を止めたあとでも緊張状態が残る場合があります。
これにより、一時的に近視状態になることを「仮性近視」といいます



マイナスレンズを使用しての近視矯正。これが一般的です。

しかし、プラスレンズを使用して近視?を矯正をすることがあります。

 

そ れ は・・・・。

老視(老眼)矯正のことでした。

老視は近くの物が見えづらくなる現象です。

ということは、近くの物=「近」というイメージがあり、老眼メガネのことを「近見視用」→「近視メガネ」と表現されるかたがいます。

「近視用のメガネをください」と言われて、そのまま遠方が見やすいマイナスレンズで作ると・・・・。

この間違いは装用テストで「近方が見えません」ということになるので、ほとんどありませんが、目的を勘違いされるかたもいらっしゃいます。

「あれ、何を作りにきたんだっけ・・・?」と。

眼鏡技術者は、そういう点も気をつけないといけませんね。😠

 

 

 

 

 

« ジョンレノン オーバル | トップページ | ゴッシュ 入荷 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョンレノン オーバル | トップページ | ゴッシュ 入荷 »

最近のトラックバック