« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

消費税あすから10%

高知新聞 9月30日 朝刊より

消費税あす10% 景気懸念 制度複雑 混乱必死

政府は軽減税率の導入に加えてキャッシュレス決済へのポイント還元など手厚い増税対策を用意するが、複雑な制度に混乱は必死だ。

 

ホンマややこしい!

還元事業への登録手続きもややこしいったらありゃしない。😵

もっと簡単にできないものですかね。

こんな複雑な制度にするメリット、どうもわかりづらい・・・・。

 

 

メガネクリーナー

当店が販売しているメガネの汚れ落としクリーナーです。

Dscn02721

小さいのから、300円、1000円、2000円(税抜き)です。

小さいクリーナーは以前に200円売りのものがあったのですが、販売中止になりましまた。

代替品が300円のクリーナーです。

泡状のクリーナーで使いやすいと思います。

 

システムエラー

当店は遠隔地のお客様には仕上がりメガネを宅配便(クロネコヤマト)でお送りしています。

いつもはパソコンの発行システムを利用しているのですが、それが何らかの理由でシステムエラーがおきました。

もちろん手書きの伝票で送れるのですが、その伝票がありません。

仕方がないので、営業所まで荷物を持って行き、そこから送るようにしました。

Dscn02711

やれやれ、パソコンのシステムはやはり脆弱なものですね・・・・。😵

キャッシュレスポイント還元事業 2

高知新聞より

県内のキャッシュレス決済を導入している店舗は30・3%にとどまることが分かった。

高知市中心商店街の導入率が67・2%だったのに対し、同市以外は22・1%と低く地域ごとの濃淡も浮き彫りになった。

 

これは、職種にもよるのでしょうね。

当店は支払い金額が1万円を超えることが多いので、カード決済が少なくありません。

カード支払いによるメリットデメリットはありますが、今後キャッシュレスがメインの時代になってくるのでしょう。

これがいいのかどうか・・・・よくわかりません。

それにしても「新しいもん好き」の高知県民にとって、30・3%は少なすぎませんか・・・・。

ま、商売下手が多いのも高知県でしょうか・・・・?

 

 

 

 

キャッシュレスポイント還元事業

キャッシュレス・ポイント還元事業

当店は、加盟店への登録手続きをしています。

しかし、10月1日までに、契約している複数のクレジット会社一部の申請が間に合いません。

ご了承ください。

(対応策は検討中です)

 

 

ウスカルフレーム「ディアネス D」

「ウスカルの歴史」ではじめて、オシャレとハイセンスを強く意識した記念碑ともいえるモデルがこのディアネスシリーズ。
この「ディアネス D」は、もっとも機能性に長けた、穴あきウスカルフレームといえる特徴を持つレンズ型なのです。
ウスカル会」のオリジナルフレームとして、リリースされています。

Dscn02601

フォックス型を地でいくそのレンズ形状は、穴あきタイプのウスカルレンズの中でも、特に安定感を強く感じさせるフォルムです。

両サイドに向けて細くなっていくことで、レンズの、枠への填まり込みが強くしなやかとなります。
テンプル(腕)は、前回のディアネスⅢよりも、一段階だけ厚みを増したβチタンを使用。
見た目はほとんど変わっていません。

深視力用メガネ 5

深視力が苦手で、「遠視」のかた。

遠視とは、眼が全く調節を行っていない(例えば無限遠方を見ている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より後に結像してしまう状態をいいます。
この状態では、ものがハッキリと見えませんので、調節機能で焦点を網膜上にもってくるようになります。
常に毛様筋を使い眼が緊張しているため、眼が疲れやすくなります。


遠視は、調節輻輳の関係を抜きにしては語れません。それだけ調節と輻輳に影響を与えやすいのも遠視眼です。

遠視度数よりも調節力が大きい遠視は「随意遠視」 調節力 > 遠視度
遠視度数よりも調節力が小さい遠視は「絶対遠視」 調節力 < 遠視度
遠視度数よりも僅かに調節力が大きい遠視は「相対遠視」 調節力 >僅かに 遠視度
と呼んでいます。

「随意遠視」、「「相対遠視」のかたは、通常遠見視力に大きな問題はありません。(他に問題がなければ)
その問題のなさが「深視力」を甘く見る傾向にあります。

「視力は1.5見えているから深視力は大丈夫だろう」と。

だから遠視のかたのほうがやっかいです。

視力には問題がないので、メガネを掛けることにも抵抗があります。

学童期のころから遠視をキッチリと矯正しておけば、大人になってから苦労しないのです。

遠視は、近視よりも適切な矯正が必要とされる屈折異常です。

 

 

 

深視力用メガネ 4

深視力を必要とする免許証(大型、2種免許など)を取得する場合、

自動車学校入校に必要な条件として、視力に関しては

片眼で0.5以上、両眼で0.8以上。深視力検査で誤差が平均2cm以下であること。

があると思います。

ですから、そのチェックをして入校はするのでしょうが、深視力試験で苦労するかたもいます。

それは、深視力(立体視、遠近感)は人間の持っている最高の視機能を要求されるからです。

遠視、乱視の屈折異常、斜位などの眼位異常があるかたは、両眼視機能に問題をかかえています。

つまり、常に不安定な状態におかれています。

その不安定な状態では、緊張する試験に合格することが困難になります。

深視力検査で苦労したくなければ、視機能を計画的に向上されることをおすすめします。

できれば、免許証取得の1年前から計画(準備)していただければ・・・・。

 

 

 

 

深視力用メガネ 3

立体視と遠近感

立体視は、単眼視の状態では困難です。

でも、遠近感は単眼視でも感じることができます。

つまり「深視力検査」は遠近感のテストですから、立体視が苦手なかたでも合格することが可能です。

 

立体視が弱いかたは、何らかの問題があることが多いので、その問題の改善が期待できるメガネを調製していきます。

かつ視機能トレーニングを実施することにより、深視力テストの向上が期待できます。

それで、「当店検査では問題ない」ということで実際の試験に臨んでいただきます。

しかし、本番の試験では「合格できない」ことがあります。

こうなると、「本番に強い人と弱い人の差」というメンタルな部分がからんできます。

その部分をどうアドバイスすればいいか・・・・。

「開き直る」ことも一つの方法ですが、そういうことを受け入れてくれるかどうか。

過度な緊張は実力が発揮できないので、それをどう克服するか・・・・。

徹底的にトレーニングをすることも一つの方法です。

 

 

深視力用メガネ 2

 

深視力(深径覚)、遠近感覚が不良の原因には、眼に関する事として

1、視力の不良(遠視、近視、乱視など)
2、眼位のズレ(斜位、斜視など)
3、不同視(左右の度数差が大きい)
4、眼球運動の不良(眼を内よせする力不足、眼を外よせする力不足など)などがあります。


メガネのハマヤでは深視力検査に合格するように、視力で0.8以上見えるメガネを作ります。
立体視が悪いようでしたら、悪い原因を探り、立体視が良くなるように調整します。
その上で、遠近感覚が良くなるように深視力計で、目のトレーニングを実施しています。

トレーニングは、深視力検査に自信がつくまでやっていただきます。
自信がつけば、本番の試験場でも合格する確率が断然高まります。

深視力用メガネ

当店の提唱する深視力用メガネとは、視力、視機能を詳しく測定して、深視力検査に合格するように、かつ車の運転が安全にできるように調製するメガネの事です。

高い深視力は、良質の視機能を維持していくことも大切ですから、視機能に関するトレーニングのやり方もアドバイスいたします。(眼位によっては、トレーニングの効果がない場合もあります)

また、日ごろから眼の健康に留意していただけるように、紫外線や眩しい光線から眼を守る深視力用メガネもお勧めしています。

 

あるメガネ店の倒産

先日、大阪のあるメガネ問屋が倒産しました。

大きな問屋で幅広く営業していましたので、各方面への影響も大きいです。

その問屋は、高知では小売店として出店していました。

もちろん、倒産によりその店はある日突然撤退の憂き目にあいました。

従業員さんの嘆きも大きい・・・・😵

それよりも、

その店でメガネを購入されたユーザーさんも大迷惑です。

メガネを注文したままのお客さんもおられたのではないでしょうか。

それはどうなったのだろう・・・・。

アフターケアを受けることも難しくなります。

 

「大きいメガネ店だから安心」ということはありません。

 

 

 

 

ジーパーツ 入荷です。

Zparts(ジーパーツ)」入荷しました。

Dscn02621 Dscn02611

ユーザーの視点から見た眼鏡をコンセプトに、シンプルかつ良質なディーティールで、普遍的な機能性とスタイルを追求する

 

風邪が浜田久美に・・・・

私の風邪が浜田 久美にうつりました。

これで私の風邪もぼちぼち完治です。(多分)

昔は「人にうつすと治る」とよく言ったものです。もちろんこれは迷信です。

でも、人にうつるころに自然と風邪は治っていくので、「風邪が治る目安期間」と考えてもいいでしょうね。

 

「馬鹿は風邪ひかない」ということわざがあります。これも絶対的な根拠はありません。

しかし、馬鹿=鈍感であれば、風邪はひきにくいのでしょう。

メガネに関しては、鈍感のかたのほうが「メガネに慣れやすい」面があります。

実際、敏感なかたのメガネ調製は難易度が高いです。

ま、鋭敏なかたが多いのが当店の特徴でもあります。

神経質な私とは息が合うかも知れません。😃

 

 

 

フェミニンなメタルフレーム

テンプル(腕)に特徴のあるフェミニンなメタルフレームです。

Dscn02511 Dscn02501

正面からはもちろんこと、サイドから見られることを意識したメガネフレーム。

横顔がキレイに立体的に演出できます。

軽くてバランスがいい、チタンフレームです。

常に新鮮さを求めたデザインと MADE IN JAPAN にこだわった、確かなクオリティーとともにお届けします。

 

「弱度の乱視はいらない」と考えるかた

乱視のあるかたは、ピンボケの世界を見ておられます。
ピンボケ状態は乱視の強弱、乱視軸(方向)、明視距離によっても異なります。

漠然とした景色などを見る分には、多少乱視があっても見え方の不自由を感じなくても、モノをしっかりと見なければいけないときは困ります。

車の運転においては、道路標識が見えづらくなります。の方向などが判断しづらくなります。
数字も分かりづらいです。「8」なのか「3」なのか。迷うこともあります。
特に、夕方夜間は鮮明度が悪くなります。

乱視のせいで、遠近感覚が鈍くなることもあります。
遠近感覚が鈍くなると、交通事故を起こす確率が高くなります。

あ ぶ な い です。

今の免許制度では「普通免許は0.7」の視力で合格するのですが、乱視のチェックはしていません。
正視で1.0以上の視力のあるかたと、乱視があり、かろうじて0.7が見えている方も等しく免許は交付されます。

ピンボケ状態での車の運転は、ま わ り も き け ん です。

乱視のあるかたは安全運転のためにも、適切に乱視を矯正しておいたほうが望ましいです。

 
↑正視のかたの見え方
 
↑乱視のかたの見え方

でも「弱度乱視ならば矯正しないほうがいい」と考えるかたもいます。

たしかに乱視を入れることによる違和感などのデメリットもあります。

しかしこういう「決めつけ」はよくないと思います。

もし残余乱視のせいで視機能異常になったら責任をとってくれるの・・・・。

 

 

お問い合わせ 2

当店は複雑なご相談はメールでお願いしています。

メールであれば、私の手が空いたときにお返事を書くことができます。

「当店でメガネを調製する目的ではない」電話での複雑なご相談はご遠慮ください。

お問い合わせへのお返事  例 ↓

-----------------------------------------------------------------

高知 メガネのハマヤ 浜田清です。

お問い合わせをいただきました。

さて、メガネの事で大変お困りのことと存じます。

まず眼が疲れる、眼が緊張する原因として、

●外環境に原因するもの

・有害光線
・照明の不良 など

●内環境に原因するもの

・身体の不調
・ストレス
・体質的要素 など

●視器に原因するもの

・屈折異常(遠視、近視、乱視)
・調節異常(老視)
・斜位(視線のズレ)
・輻輳力が弱い(眼を内側によせる力)
・不同視(左右の度数が大きく異なる)
・不適切なメガネ
・眼部疾患  など

などがあります。
原因が一つの場合もありまますし、複合していることも少なくありません。

「どれを信じれば良いのか困っています」とのことですが、
メガネ調製は「唯一絶対に正しい」といことはありません。

やってみなければ100%のことはわからない(具合がいいかどうか)現実もあります。


一般的に遠視のかたは「完全矯正」が原則ですが、完全矯正にすると「違和感が強くてダメ」と
おっしゃるかたもいます。

ですから、やってみてダメであれば次の手を考えるしかありません。

そういうことを踏まえますと、メガネはアフターケアも必要とする商品ですから、
できるだけご近所で信頼のおけるメガネ店にご相談されたらいかがでしょうか?

(量販店、安売り店はやめたほうがいいです)

○○様にとってよりよい方向に向かうことをお祈りいたします。

----------------------------------------------------------------------

メールであれば、丁寧に(私なりに)お返事を書くことができます。

電話でのご相談は、時間を取られないように対処するお返事しかできない場合があります。

メールでの相談は面倒だと思いますが、ご協力をお願いいたします。

問い合わせ

お問い合わせ

眼科処方で子供(学生)のプリズムメガネを作ったが、よけいにズレてきた。

掛けてよいかどうか知りたい。

 

「なぜ、処方箋を発行した眼科に相談しないのだろう?」

こんなことを部外者の当方に電話で訊かれましても、お答えのしようがありません。

曖昧な回答をしても、納得していただけるとは思えません・・・・。

 

ま、それでもちょっと考えてみましょう。

まず、考えられることは、「プリズムレンズが逆方向に入ってしまった」です。

たとえば、「内斜位」があり、プリズムは「ベースアウト」に入れないといけないにの「ベースイン」で入る。

そうすると、眼の筋肉がレンズの基底の方向(鼻側)に引っ張られることになります。
すると、眼は両眼の視線を注視点に合わせるために、引っ張られることに逆らうような眼球運動をします。

・プリズム作用により眼の筋肉が内方向に引っ張られた場合は、外方向に寄せる筋肉(開散力)を働かせます。

この眼球運動は、眼の疲れを引き起こす恐れがあります。
プリズム作用で「よけいにズレてくる」恐れもでてきます。

次に、

「プリズム矯正量が少なすぎる」

たとえば、20△が必要な眼位なのに8△の矯正でしかなかった。

中途半端な矯正は「複視がよけいに気になる」こともあります。

最後に、

「メガネ屋の加工の不具合」

プリズムメガネは、「心取り」作業も重要になってきます。

心取りがマズければ、ペケのメガネになります。

いずれにしても処方責任は、処方箋を発行した眼科にあります。

何らかの事情があるにせよ(眼科に訊きづらいのはわかりますが・・・)、眼科に問い合わせるべきです。

しかし、問い合わせても「それで合っています・・・」と言われるかも知れませんが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

複雑なご質問はメールでお願いします。

先日、接客中にお問い合わせの電話が入りました。

眼科がらみの複雑な内容で、とても電話で適切なお答えをすることができません。

「それはその眼科さんにお尋ねになられたらどうでしょうか・・・」とお答えしても、ご納得していただけません。

「良い眼科はどこですか?」と訊かれましても、県外の眼科のことはお答えのしようがありません。

話の途中で電話回線が切れたりして(当方はきっていないのですが)、完全にご立腹されていました。

 

当店は、

複雑なご質問ご相談は、メールでお願いしています。
(浜田 清と久美の二人で営業していますので、電話に出られないこともあります。
長時間のお電話も、ご来店中のお客様にご迷惑をおかけすることがあるからです)

他店お買い上げメガネの調製具合、見え方などのご質問に関しましては、お客様の目の状態、お顔の大きさ、フレームの状態などのデータが当方にはありませんので、お答えできかねます。(まず、お買い上げ店にご相談ください)

遠視、近視、乱視、老視などの度数調製や斜位、斜視の矯正に関することは、実際に目の検査をしてみないとお答えできかねる場合もあります。

視機能などのお問い合わせは、当店HPに掲載させていただく場合もあります。(個人が特定できないように、配慮します)
ご了承ください。

 

接客中でしたから、電話にでなければよかったのですが・・・・。

一度はでませんでした。電話コールでは「只今、電話にでることができません。あらためてお掛けなおしください」と流れているはずです。

それでも、直ぐに再度かかってきました。

それで、「ひょっと緊急の連絡では」ということが頭をよぎりました。

で、電話をとってみると・・・・。

せめて、1時間後ぐらいに電話をいただければよかったのですが・・・・。

 

 

 

 

仁淀川でのイベント

「神楽と 鮎と 酒に酔う」

Dscn02691

9月28日(土)

いの町でイベントが開催されます。

仁淀川流域の文化・歴史・伝統漁法など仁淀川の自然を満喫し、

焼きたての鮎や地酒、地域の食を楽しむことができます。

あのマルチなバンド「プラチナリズム」も来ますよ!

 

 

 

 

60歳を越えると・・・

自分用の近用メガネ(老眼鏡)を作りました。

読書用&アイパッド用です。

Dscn02661

度数は

R S+0.50D C-0.50D Ax80

L S-1.75D C-0.50D AX10

(S ±は老視度数、Dは度数の単位、Cは乱視度数、Axは乱視軸)

斜位の矯正もしています。

R 1.50△B.D.(ベースダウン)

L 3.00△B.I.    (ベースイン) (△はプリズム度数、プリズムは左右で振り分けています)

これで自分用の近用メガネは4本になります。

いままでは上記の度数よりも弱い度数と強い度数のメガネ。それと「近近両用メガネ」を使っていました。

でも、最近どうも微妙に具合が悪い・・・・。

弱いメガネでは見えづらい。強いメガネでは見えるけど、明視距離がやや近くなりすぎる。

本の字の大きさによっては、やや離れて見る方が楽なこともあります。

それで今回のメガネを作った次第です。

人間、60歳を越えると、調節力が相当少なくなります・・・・トホホホ😵

ということは使用目的距離による度数調製も細かい配慮が必要になってきます。

その点では、60歳を越えている検査員は有利な面(実際に見え方の不自由が体験できる)があるでしょう。😃

 

 

 

 

 

 

しゃがれ声

9月2日(月)

本日も声がマトモにでません・・・・😵

メガネの加工、調整は声がなくても仕事ができますが、メガネ調製のための検査は声を必要とします。

しゃがれ声しかでませんが、なんとか意思疎通がしっかりできるように頑張ります。

ま、浜田 久美が介助(通訳)してくれますが・・・・。

 

 





本日 9月1日

お知らせ

風邪をひきました。

喉が痛くて、咳、痰が出ます。

なので、マスクをして、検査調製等をしていきます。

お聞き苦しい点がありますが、ご了承ください。

 

本日は午後5時ぐらい(予定)で閉店させていただきます。

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

最近のトラックバック