« 深視力用メガネ 4 | トップページ | ウスカルフレーム「ディアネス D」 »

深視力用メガネ 5

深視力が苦手で、「遠視」のかた。

遠視とは、眼が全く調節を行っていない(例えば無限遠方を見ている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より後に結像してしまう状態をいいます。
この状態では、ものがハッキリと見えませんので、調節機能で焦点を網膜上にもってくるようになります。
常に毛様筋を使い眼が緊張しているため、眼が疲れやすくなります。


遠視は、調節輻輳の関係を抜きにしては語れません。それだけ調節と輻輳に影響を与えやすいのも遠視眼です。

遠視度数よりも調節力が大きい遠視は「随意遠視」 調節力 > 遠視度
遠視度数よりも調節力が小さい遠視は「絶対遠視」 調節力 < 遠視度
遠視度数よりも僅かに調節力が大きい遠視は「相対遠視」 調節力 >僅かに 遠視度
と呼んでいます。

「随意遠視」、「「相対遠視」のかたは、通常遠見視力に大きな問題はありません。(他に問題がなければ)
その問題のなさが「深視力」を甘く見る傾向にあります。

「視力は1.5見えているから深視力は大丈夫だろう」と。

だから遠視のかたのほうがやっかいです。

視力には問題がないので、メガネを掛けることにも抵抗があります。

学童期のころから遠視をキッチリと矯正しておけば、大人になってから苦労しないのです。

遠視は、近視よりも適切な矯正が必要とされる屈折異常です。

 

 

 

« 深視力用メガネ 4 | トップページ | ウスカルフレーム「ディアネス D」 »

深視力の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 深視力用メガネ 4 | トップページ | ウスカルフレーム「ディアネス D」 »

最近のトラックバック