« 複雑なご質問はメールでお願いします。 | トップページ | お問い合わせ 2 »

問い合わせ

お問い合わせ

眼科処方で子供(学生)のプリズムメガネを作ったが、よけいにズレてきた。

掛けてよいかどうか知りたい。

 

「なぜ、処方箋を発行した眼科に相談しないのだろう?」

こんなことを部外者の当方に電話で訊かれましても、お答えのしようがありません。

曖昧な回答をしても、納得していただけるとは思えません・・・・。

 

ま、それでもちょっと考えてみましょう。

まず、考えられることは、「プリズムレンズが逆方向に入ってしまった」です。

たとえば、「内斜位」があり、プリズムは「ベースアウト」に入れないといけないにの「ベースイン」で入る。

そうすると、眼の筋肉がレンズの基底の方向(鼻側)に引っ張られることになります。
すると、眼は両眼の視線を注視点に合わせるために、引っ張られることに逆らうような眼球運動をします。

・プリズム作用により眼の筋肉が内方向に引っ張られた場合は、外方向に寄せる筋肉(開散力)を働かせます。

この眼球運動は、眼の疲れを引き起こす恐れがあります。
プリズム作用で「よけいにズレてくる」恐れもでてきます。

次に、

「プリズム矯正量が少なすぎる」

たとえば、20△が必要な眼位なのに8△の矯正でしかなかった。

中途半端な矯正は「複視がよけいに気になる」こともあります。

最後に、

「メガネ屋の加工の不具合」

プリズムメガネは、「心取り」作業も重要になってきます。

心取りがマズければ、ペケのメガネになります。

いずれにしても処方責任は、処方箋を発行した眼科にあります。

何らかの事情があるにせよ(眼科に訊きづらいのはわかりますが・・・)、眼科に問い合わせるべきです。

しかし、問い合わせても「それで合っています・・・」と言われるかも知れませんが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 複雑なご質問はメールでお願いします。 | トップページ | お問い合わせ 2 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複雑なご質問はメールでお願いします。 | トップページ | お問い合わせ 2 »

最近のトラックバック