« 問い合わせ | トップページ | 「弱度の乱視はいらない」と考えるかた »

お問い合わせ 2

当店は複雑なご相談はメールでお願いしています。

メールであれば、私の手が空いたときにお返事を書くことができます。

「当店でメガネを調製する目的ではない」電話での複雑なご相談はご遠慮ください。

お問い合わせへのお返事  例 ↓

-----------------------------------------------------------------

高知 メガネのハマヤ 浜田清です。

お問い合わせをいただきました。

さて、メガネの事で大変お困りのことと存じます。

まず眼が疲れる、眼が緊張する原因として、

●外環境に原因するもの

・有害光線
・照明の不良 など

●内環境に原因するもの

・身体の不調
・ストレス
・体質的要素 など

●視器に原因するもの

・屈折異常(遠視、近視、乱視)
・調節異常(老視)
・斜位(視線のズレ)
・輻輳力が弱い(眼を内側によせる力)
・不同視(左右の度数が大きく異なる)
・不適切なメガネ
・眼部疾患  など

などがあります。
原因が一つの場合もありまますし、複合していることも少なくありません。

「どれを信じれば良いのか困っています」とのことですが、
メガネ調製は「唯一絶対に正しい」といことはありません。

やってみなければ100%のことはわからない(具合がいいかどうか)現実もあります。


一般的に遠視のかたは「完全矯正」が原則ですが、完全矯正にすると「違和感が強くてダメ」と
おっしゃるかたもいます。

ですから、やってみてダメであれば次の手を考えるしかありません。

そういうことを踏まえますと、メガネはアフターケアも必要とする商品ですから、
できるだけご近所で信頼のおけるメガネ店にご相談されたらいかがでしょうか?

(量販店、安売り店はやめたほうがいいです)

○○様にとってよりよい方向に向かうことをお祈りいたします。

----------------------------------------------------------------------

メールであれば、丁寧に(私なりに)お返事を書くことができます。

電話でのご相談は、時間を取られないように対処するお返事しかできない場合があります。

メールでの相談は面倒だと思いますが、ご協力をお願いいたします。

« 問い合わせ | トップページ | 「弱度の乱視はいらない」と考えるかた »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問い合わせ | トップページ | 「弱度の乱視はいらない」と考えるかた »

最近のトラックバック