« お問い合わせ 2 | トップページ | フェミニンなメタルフレーム »

「弱度の乱視はいらない」と考えるかた

乱視のあるかたは、ピンボケの世界を見ておられます。
ピンボケ状態は乱視の強弱、乱視軸(方向)、明視距離によっても異なります。

漠然とした景色などを見る分には、多少乱視があっても見え方の不自由を感じなくても、モノをしっかりと見なければいけないときは困ります。

車の運転においては、道路標識が見えづらくなります。の方向などが判断しづらくなります。
数字も分かりづらいです。「8」なのか「3」なのか。迷うこともあります。
特に、夕方夜間は鮮明度が悪くなります。

乱視のせいで、遠近感覚が鈍くなることもあります。
遠近感覚が鈍くなると、交通事故を起こす確率が高くなります。

あ ぶ な い です。

今の免許制度では「普通免許は0.7」の視力で合格するのですが、乱視のチェックはしていません。
正視で1.0以上の視力のあるかたと、乱視があり、かろうじて0.7が見えている方も等しく免許は交付されます。

ピンボケ状態での車の運転は、ま わ り も き け ん です。

乱視のあるかたは安全運転のためにも、適切に乱視を矯正しておいたほうが望ましいです。

 
↑正視のかたの見え方
 
↑乱視のかたの見え方

でも「弱度乱視ならば矯正しないほうがいい」と考えるかたもいます。

たしかに乱視を入れることによる違和感などのデメリットもあります。

しかしこういう「決めつけ」はよくないと思います。

もし残余乱視のせいで視機能異常になったら責任をとってくれるの・・・・。

 

 

« お問い合わせ 2 | トップページ | フェミニンなメタルフレーム »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お問い合わせ 2 | トップページ | フェミニンなメタルフレーム »

最近のトラックバック