« 近視について 2 | トップページ | 近視について 4 »

近視について 3

近視のかたは外斜位になりやすいです。その理由は調節力輻輳力のバランス(連動)が悪くなるからです。

近視のかたが、裸眼で近見視をすれば、正視のかたよりも調節力が少なめですみます。近視度数や近見距離によっては無調節で近見視ができます。
「調節力が節約できていいのでは」と思われるかも知れませんが、そうではありません。

それは、調節力と輻輳力は連動しているからです。
調節機能を節約すれば、調節性輻輳の働きが悪くなり眼位ズレが起きやすくなります。

結果、近視のかたは輻輳不全になりやすく、外斜位になりやすくなります。

近視で外斜位のかたが、近視度数を弱めて調製することにより、外斜位を助長する場合があります。

外斜位量が大きくなると、斜位から斜視に移行する恐れもあります。


 

 

 

« 近視について 2 | トップページ | 近視について 4 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近視について 2 | トップページ | 近視について 4 »

最近のトラックバック