« 近視について 4 | トップページ | べふ狭の紅葉 »

近視について 5

近視の矯正(治療)方法として

・光学的

・物理的

・薬物

・手術

があります。

光学的なものは、メガネやコンタクトレンズで近視を矯正します。

物理的は、眼球に圧迫を加えて近視を治療します。(オルソケラトロジーなど)

薬物的は、調節麻痺剤などで近視作用を除去します。

手術は、レーシックなどの手術で角膜の形状を変えるものです。

これらの方法で一番安全なものは、光学的にメガネで矯正する方法です。

一番怖いのは手術的なものでしょう。

なぜ、健康な眼にメスを入れるのか!

テレビ放送(番組)では近視の弊害は言うけど、レーシックの問題点などはほとんど放送されない。

「近視は失明の恐れもあります」とさんざん脅かしておいて、その近視矯正法に関する最も大事な部分は放送されない。

いや、放送されているかも知れませんが、私の見る限りにおいては「レーシックはダメ!」という眼科医はテレビにでてこない。

偏った放送になるのは仕方ないんですかね・・・・。

 

« 近視について 4 | トップページ | べふ狭の紅葉 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近視について 4 | トップページ | べふ狭の紅葉 »

最近のトラックバック