一般論?

当店は「メガネの通販」はしていません。

そのことでお叱りを受けることもあります。

「サービスが悪い!」ということなのでしょうか・・・・・。

昨日は電話で、「通販はしていませんが・・・」とご説明しますと「そんな一般論を聞いているのではありません!」と言われました。

仕方ないですね。ネットで簡単に物が買える時代ですから・・・・。

メガネの技術論でもお話したほうが良かったかも知れませんね。confident

変化への対応 7

度数を選んでいただく場合、まずお客様の基本度数(完全矯正度数や全矯正度数とも呼びます)をだすことから始まります。

検査の基本は、
・屈折検査(近視、遠視、乱視)
・眼位検査(斜位)
・両眼視機能検査(遠近感覚など)
です。
これは、非常に重要な検査です。基本度数によってお客様の持っている視機能を知ることができます。

この大事な基本度数を求めないで、調製度数(実際に作る度数)を提示しようとすることは、マズイです。 
オートレフ(コンピュータ測定器)のデータだけで、メガネを作るのは無謀です。

マトモに測定もしないで「前回よりも、やや強めた度数でいかがでしょうか」というのは手抜きです。

(手抜きというよりも、そもそもマトモに測定をする技術がないメガネ屋もいます)

ただし、お客様が測定を希望しない場合は、それに従うしかありません。

こちらにもどうぞ→「
検査情報

度数は通常「D」で表記します。(D=Dioptorie、度数の単位です)
たとえば
右眼 S-5.00D C-0.50D Ax130
左眼 S-4.00D C-1.00D Ax20
(Sは近視度数、Cは乱視度数、Axは乱視軸です)
通常度数は0.25刻みです。S-5.00Dより一段階強い度数はS-5.25D、一段階弱い度数はS-4.75D。


調製度数(実際に作る度数)は「基本度数からどうするか」ということになります。

度数選びの基本は、年齢、用途、用法、違和感などを考え、何を優先させて何を妥協するかの選択になります。

眼位や斜位を考慮に入れて、使用目的や違和感の事も考えて、基本度数から弱めるのか、強めるのかを決めていきます。

調製度数は、装用テストで「見え方」、「違和感」などを確認していただいて、お客様と当方のお話合いで決めることになります。

 

--------------------------------------------------------------------

ということなのですが、

「違和感のあるメガネは間違っている!」ということを言われたりもしますが、これは間違っています。

適切に調製したとしても、前眼鏡との差(もしくは裸眼との差)が大きければ大きいほど違和感を覚えやすくなります。

その差が少なかったとしても違和感はゼロにはなりませんので、敏感なかたは新しいメガネに慣れるのに時間がかかることもあります。

時間はかかったとしても、慣れる努力と工夫をすれば違和感の問題は解決することは、まず間違いないのですが、それまでにどう判断するか・・・・。

「間違っている!」と言われないように努力はしているのですが、説明を拒否されるかたもいますから、なかなか難しい点もあります。

説明すればするほど、お叱りを受けることもあります。「理窟を言うな!」と。

「イヤ、キッチリと説明いたします」と言うと、ひと悶着が起こることもあります。

こんな場合、眼鏡技術者と商売人のどちらの顔を優先するかです・・・。

「効率の悪いことはしない」、「お客様に嫌われないようにしない」ことも大事だとは思いますが、眼鏡士の魂は常に持っていたいです・・・・。

変化への対応 6

両眼調節バランステストは、屈折検査において重要な検査です。

この検査なくして、快適に掛けられるメガネはできませんと言っても過言ではありません。

「えー、調節のバランスってどういうこと?」と思われるかたもおられるでしょう。

調節バランスとは、
両眼視で、ある距離を明視した場合、両眼での調節量を揃える」ことです。
これが重要です。メガネ調製のミソです。

左右が同じ調節レベルでなければ、いろな距離にある物体を見たときに左右それぞれに必要な調節量が異なってきます。

調節系の神経支配は左右眼別々の量の調節ができないために、右眼が明瞭に見えるための調節をした場合、左眼では像がぼやけ、左眼で明瞭に見える調節をすれば右眼がぼやけることになります。

調節バランスが取れていないメガネでは、調節に負担がかかります。

調節に負担がかかると、輻輳力にも影響がでてくる恐れがあります。

「視力バランス」は取れていたとしても、「調節が介入した状態でのバランス」の可能性があります。
「左右で見え方は揃っているからOK」という訳ではないのです

----------------------------------------------------------------

と、両眼調節バランスのとれているメガネを掛けて、高度な視機能を確保することは大事なことです。

しかし新しいメガネと前眼鏡との変化が大きい場合、慣れるのに時間がかかることも予想されます。

その場合、とりあえずは無難な度数(慣れやすい度数)を選択し、段階的に度数を調製していくことも一つの方法です。

この方法のデメリットは費用がかかることと、中途半端な調製はかえって具合が悪い、(見えづらいし、なんだか違和感ある・・・)ことにもなりかねません。

いずれにしろ「唯一絶対に正しい方法」というものは存在しません。

当店はお客様との共同作業、共同責任でメガネ調製をしていきます。

変化への対応 5

人間の目も生まれたときから、生きている限り日々変化を続けています。

目の成長は早く、3歳ぐらいで視力が成人なみの1.0ぐらいになります。(1.0の視力がでないかたもいます)

でも残念ながら目の調節力は生まれたときがピークで、以後は退化していきます。

調節力の変化を感じることが、一般的に「老眼」と呼ばれています。

老眼になると大きな変化のように感じますが、「その老化現象は、10代のころから徐々にきている」ということです。

だから「老眼」という呼び名はイメージ的に良くないように思います。

そんなイメージの良くない老眼鏡をなんとかしようと生まれたレンズが「遠近累進レンズ」です。

遠近累進レンズであれば、一つのメガネで遠方も近方も見えます。

遠方と近方でメガネを掛けかえる煩わしさがありません。

レンズに「境い目」もないので、見た目もスッキリしています。

はた目には単焦点レンズ(遠近両用でないレンズ)との違いはまったくわからないので、「老眼」と意識されることはありません。

そんなメリットが多い遠近累進レンズですが、やはりデメリットもあります。

これが「度数の変化」です。

変化に弱いかたは、度数が変化する遠近累進レンズをなかなか使いこなせない・・・・こともあります。

その対策としては、衰えたきた調節力を補う目的で作られたレンズがあります。

アシストレンズ」、「サポートレンズ」と呼ばれているものです。

このレンズも累進レンズです。

20代ぐらいからこの累進レンズを使用することで、変化に対応しやすい能力(脳力)が備わってきます。

ただし眼位(視軸の向き)によっては、アシストレンズが不向きの場合もあります。

ご相談ください。

変化への対応 4

変化には驚きや戸惑いがあります。

その感覚は嫌なこともあります。

でも嫌なこと苦しいことは、「楽しいことへの過程である」ということも言えます。

私の耳の場合、最初は雑音にしか聞こえなかったホワイトノイズ音も今では安らぎのBGMに変化しました。

よく眠れるようになって楽しいし、その変化への過程がおもしろいです。

耳と目は別の感覚器ですから「それでどうだ・・・」と言うことになりますが、どちらの器官も行き着く先は「脳」になります。

ということは、脳を上手にコントロールすることによって、目の感覚の変化も楽しむことができるのではないか・・・・。

メガネの変化に付随する違和感を楽しめるかどうか・・・・。

いや、楽しまなくてもいいけど「メガネが変わればこんなこともあるさ」と脳に信号を送れば、脳が違和感を少なくするドーパミン?を出してくれます。

目の筋肉もすべて神経支配があります。目と脳は繋がっていますから物事は楽観的に考えたほうが自律神経は整います。

やっかいな「不同視」眼を持っている私の考えです。

やっかいな眼だから、逆境(変化)にも強い面もあるのですが・・・・。

変化への対応 3

空間視の感じ方は度数の強弱によって違ってきますし、人それぞれで個人差も大きいです。

・メガネを初めて使用するかた

・前回のメガネとの度数差が大きいかた

・不同視のかた

・乱視度数の強いかた(特に斜乱視)

・プリズム矯正度数の強いかた(特に水平方向の斜位)

などのかたは、違和感が強くなる傾向にあります。

年齢や性格、意識などによっても左右されます。

それは、眼は脳と連結している器官だからです。(眼は脳の出先器官と言われています)

つまり違和感を覚えているのは、眼ではなく脳だということです。(あたり前・・)

当店がお渡ししている説明書には

 

メガネについて

メガネは、慣れるまでにどうしても違和感があります。

レンズの性質上、実際より大きく見えたり、小さく見えることがあります。

乱視の方向によっては、傾いて見えることもあります。

度数の変化によっては、イライラしたり、気持ちが悪い、きつく感じる、などの不快感が起きることがあります。

違和感は、レンズの度数や種類、お客様の年齢や経験、前回との度数差、使用状況などによりまちまちです。(違和感は、平均して1~2週間ですが、もっとかかる方や、まったくない方もいます。)メガネを掛けて、徐々に眼になじませていただく努力も必要です。

新しいメガネに慣れてしまえば、違和感は気にならなくなりますが、なかなかなじまない時は、ご面倒ですがご来店ください。
メガネは上手に使いこなしてもらえれば、とっても快適で、良く見える便利な道具です

 

と、記載しています。

メガネが初めての場合や、メガネが変わった場合、脳は直ぐ反応して、直ぐ順応するというわけではなく、ある程度の時間を要します。
その時間的な要素が、頭が痛い、クラクラする、気分が悪いなどの不快感となって現れます。

もちろん違和感はないにこしたことはないのですが、ゼロにはなりません。

新しいメガネに脳が順応することによって、気にならなくなるのですが、度数などにより時間がかかることも予想されます。

メガネを調製する場合、もちろん空間視のことも考慮に入れて調製していきますが、そのことだけを考えてメガネを調製しますと、視機能や必要視力などを犠牲にすることにもなります。
これは将来的な眼のことを考えれば、決していい方法ではありません。

やはり、メガネというものは眼位を含めた両眼の視機能を考慮に入れて調製するべきだと思います。

調製度数を決定するのは、最終的にはお客様になるのですが、やはり違和感のことだけを考えずに「視力のこと」、「視機能のこと」、「眼精疲労のこと」、などのことも必ず考慮に入れてください。

眼鏡レンズに生じる歪曲収差は、慣れによって補正することが可能です。

また、メガネを掛けると「調節刺激の量」、「眼球回旋量(眼球を動かす量)」が変化します。
この変化も違和感(ストレス)となる場合もあります。

変化への対応 2

メガネの変化は、

大きければ大きいほど空間視の違和感が強くなり、

変化が少ないほど、慣れやすくなります。

ということが言えます。

しかし、その違和感の感じ方は個人差が大きいです。

前メガネとの差が大きく、違和感の出やすい強度乱視で調製しても、

平気なかたは平気で「ウン、大丈夫」と言って直ぐ馴染んでいただけます。

かと思えば、違和感の少ない微妙な変化で調製しても「これはダメ!」とおっしゃるかたもいます。

一つのレンズで度数が変化する遠近累進両用レンズなどもそうです。

慣れるのに時間のかかるかたもいますし、「このレンズは使えない」とおっしゃるかたもいます。

乗り物に酔いやすいかたは、「遠近両用レンズには慣れづらい」とも言われています。

もちろん、酔いやすいかた全員がそうなるわけではなく、すんなり遠近レンズに馴染むかたも少なくありません。

その適応能力の見極めが難しいこともあります。

メガネは実際に使ってみないと100%のことはわからないからです。

ある程度は今までの経験などで、判断できるのですが、「慣れづらそうだからダメ!」と眼鏡技術者が決めつけるのはNGだと思います。

お客様の持っている視機能等を最大限発揮していただくことも眼鏡士の使命だからです。

変化に対応しやすくなる「鈍感力」を発揮していただくアドバイスをすることも大事だと考えます。お叱りを受けることを覚悟して・・・・。

変化への対応

メガネは変化がつきものです。度数の変化、レンズタイプの変化、レンズ設計の変化、フレームの変化など。

変化があるたびに、多かれ少なかれ違和感もついてきます。 同じ度数、同じレンズで仕上げてもフレームが変われば、空間視の感覚が違ってきます。
フレームによって、そり角、前傾角、サイズなどが違ってくるからです。

また、前のメガネがバランスが悪くて、新しく正しいバランスの取れたメガネを調製したとしても、脳は以前の状態が正常で、正しいメガネを異常と判断することがあります。

その場合、新しいメガネに慣れるまでは「なんだか具合が悪い・・・違和感がある」という現象が起きることがあります。

レンズ、フレームも進化しているといっても、違和感がゼロになることはありません。
もし、ゼロになったとしたら人間ではなくなるかも・・・・。 
 

その違和感にどう向き合っていくのかが、メガネ調製成功への道しるべです。
キーワードは「決めつけない」です。

決めつけてしまえば冷静な判断ができなくなり、柔軟性が失われます。

「違和感があるメガネはダメ!」、「慣れづらいメガネはダメ!」と決めつけると、メガネの変化、裸眼との変化にまったく対応できなくなります。

メガネは見るための道具で、道具は上手に使いこなしてこそ、本来の機能を発揮することができるものです。

使いこなすには、メガネも脳で使いこなすようにするのですが、マイナス思考の決めつけは脳の機能が停滞しやすく、脳と連動している眼球の動きも鈍くなり、メガネに慣れづらくなります。

メガネネジにはこれ!

当店はレンズ止めネジには「スーパーロック」を使っています。

 

Dscn20451
Dscn20441

スーパーロックは、ネジをしっかりと固定することができます。

緩みがちなネジに効果を発揮します。

また、サビ止め効果もあります。

メガネフレームネジの緩み止め剤は他にも数種類ありまして、すべて使用したことがあります。

どの種類もネジの固定力には問題ない(多分)のですが、いかんせん緩み止め剤をつけることにより、サビを誘発させる感じがありました。

そもそも高知県は高温多湿の地域で、メガネフレームにとっては過酷な県です。

なので、サビとの関係は微妙なのですが、実際に使用してみて、そう感じます。

スーパーロックはにしてからは、ネジが錆びての「ネジ折れ込み修理」件数が少なくなった気がします。

遠視中度以上の大人のかたは、

レンズには凸レンズ(プラスレンズ)と凹レンズ(マイナスレンズ)があります。
近視を矯正するには凹レンズを使用し、遠視を矯正するには凸レンズを使用します。

近視を矯正する凹レンズはレンズの中心部分が薄くなり、周辺部分(コバ厚)が厚くなるレンズです。

遠視を矯正する凸レンズは凹レンズと逆になり、中心部分が厚くなり、周辺部分が薄くなるレンズです。

 

←プラスレンズ

 

←マイナスレンズ

 これらの矯正レンズは、頂間距離(目とレンズとの距離)が長くなると、

マイナスレンズは目が小さく、プラスレンズは目が大きく、

見えがちになります。

 

右眼には遠視度数 プラス10D、左眼には近視度数 マイナス10D

(Dはディオプトリー、度数の単位)

を入れ、頂間距離を長く設定しての写真です。

 

Photo

同じ10Dでも、遠視レンズの拡大された目のほうがより不自然に見えます。

ということは、

中度以上の遠視のかたは、フレーム選びとフィティング調整がより重要になってきます。

薄型加工がより有効になるように、PD(瞳孔間距離)に適合するフレーム。

・頂間距離が短く設定できるフレーム

を選んでいただき、かつメガネがズリ落ちないようにキッチリと調整をしてください。

そうすれば、目の拡大率は少なくできます。

お子様の目は多少拡大されても元々目は小さいし、可愛い感じになるので、結果OKになることも少なくありません。

でも、大人のかたの場合はNGです。

大人で遠視中度以上のかたは日本人には少ないので、見慣れていないせいもありますし、大人で少女漫画の主人公のような目は違和感があります。

テレビに出るような職業のかたは画面を通してみるとよけいに違和感が強くなります。

最近のテレビは性能がいですから・・・・。

特に、下向き加減でテレビに映り、メガネがズリ落ちぎみであれば・・・・。

メガネ屋は放送の内容より、そんなとことばかり気になるのですね。think

より以前の記事一覧

最近のトラックバック