40歳代~50歳代は変化しやすい

目の屈折は、成長期に変化します。

「遠視だったものが正視に、やがて近視になる」このパターンが多いです。

次に変化しやすい年代は、40歳代~50歳代です。

この年代は、調節力の衰えが顕著になり、目の疲れも起きてきやすくなります。

眼精疲労を軽減するためには、適度な休養と、適切なメガネを掛けることです。

メガネは使用目的によって使い分けることもおすすめです。

また、変化しやすい時期は2、3年を目安に度数のチェックをしてください。

「首、肩コリ、頭痛の原因は目だった!」というのはよくあることです。

メガネの相談

眼鏡新聞より

「メガネ相談」

消費者からの相談

眼科処方で遠近両用メガネを作った。左目で斜め上の方を見ると見えにくい。

メガネ屋さんが言うには「処方どおりの度数で作った」と言う。

眼科では「処方は間違いない」という。どうしたらいいのか?

回答者

眼鏡店では今の見え方を詳しく説明されて、とにかく違和感なく使えるようなメガネにしてもらうように交渉してください。また。メガネを眼科へ持って行ってチェックを受けることもお勧めします。

(一部抜粋)

 -----------------------------------------------------------------

以前にも眼科処方箋がらみの「メガネ相談」ついては、書き込んでいます。

回答者のかたは、今回も眼科処方箋がらみのことは回答し辛いようですね・・・・。

「左眼で斜め上の方を見ると見えにくい」という訴えは、頂間距離(レンズと目の距離)に不具合がある可能性があります。

そり角や前傾斜角の具合によっても見え方に問題が出てくることもあります。

そういうことも眼鏡技術者ならチェックできますが、眼科では難しいでしょう・・・。

だから「メガネを眼科に持って行ってチェック」なんて、そんなことをしてもよけいに混乱するだけではないでしょうか。

メガネ難民が増えるだけだと思います。

何度も言いますが、眼科は病気を治すことが仕事です。

メガネ屋は快適なメガネを提供することが仕事です。

でも、メガネ屋はその仕事よりも商売上「処方箋通りに作った」ことを優先しなければいなけいこともあります。think

「違和感なく使えるメガネ」と「眼科でチェック」は矛盾しています・・・・。

 

メガネ調製(作り)はメガネ屋で検査から調整まですることによって責任の所在がハッキリします。

遠近両用レンズは、フレームによってレンズタイプの選択から度数の調製をしたほうがいい場合があります。

そいうことも考慮に入れて、遠近両用メガネを調製してください。

 

 

生涯教育2018

日本眼鏡技術者協会 生涯教育2018

Dscn19001

今年の講座は

.・VR時代に於ける眼鏡技術の立ち位置

・眼科学「近視」

バーチャルリアリティー(VR)を「仮想現実」として日本語表現として理解しているケースも多い。しかし、これには異論反論もあり、バーチャルリアリティー学会ではそのままカタカナで表記するのが良いとしており、敢えて日本語表記にする場合は「人工現実感」なる言葉が良いとしている。

生涯教育テキストより

私は「仮想現実」のほうがシックリくるのだが・・・・・。慣れかな。

「VRも人間の目が持っている最高機能「立体視」が不良だと、楽しめませんよ」という内容でした。

VRが目に与える悪影響は・・・・・。

海綿加工

海綿を購入しました。

Dscn18401

当店は手摺機のスポンジとして使用しています。

Dscn18411


海綿は普通のスポンジに比較すると、水もちがいいので、海綿を水に濡らしてセットするだけで、面取り(荒い面の端を軽く削ること)、型替え加工などがスムーズにできます。

肌にも優しい・・・・いや、レンズにも優しい加工ができます。

普通のメガネはメガネ屋に。

メガネ調製で治療が目的ではなく、薬を使用しての検査も必要もない場合。

「普通のメガネ屋に相談してください」とアドバイスをしてくれる眼科が増えているようです。

メガネ屋で検査をしてメガネを調製する場合、その責任はユーザーさんと店との共同責任になります。

責任の所在がハッキリしていますから、何かあった場合に対処が容易です。

眼科処方の場合、責任の所在があいまいになります。

処方度数がマズイのか、はたまた調製具合が悪いのか・・・・。

また、眼科は結果責任をとりません。(医療機関は、とる必要もありません)

眼科のメガネ屋に委ねる姿勢は、ユーザー、メガネ屋、眼科にとっても三方両得に繋がると思います。

ただし、眼鏡処方箋をあてにしている通販業者は困るでしょうね・・・・。

メガネはメガネ店で完成品になる。

高知新聞 「きょうの言葉」より

すべて商売は売り手喜び、買いて喜ぶようすべし  二宮 尊徳

商取引は、価値のある「物」や「サービス」と等価なお金を払うことで成立している。

 

メガネ店には極端に安いメガネを提供している店もあります。

通販でメガネを売っている業者もいます。

それらの店に眼鏡技術力を要求するのは無理です。

安売り店は、メガネの形をした雑貨品をフィッティング調整などの付加価値抜きで「安く仕入れたものを安く売る」で成立しています。

光学製品としてのメガネを購入するには、眼鏡技術者のいる普通のメガネ店をご利用ください。

「メガネはメガネ店で完成品になる商品です」

大正生まれのお客様

大正生まれのかたにお起こしいただきました。

手押し車も使わずに、スタスタと歩いてのご来店です。(さすがに車の運転は厳しい・・・・)それもお一人で。

お耳もしっかり聞えていますし、意思の疎通もスムーズで、かくしゃくとしておられます。

このかたは「老眼鏡が見えづらくなった」ということで、検査してみました。

検査距離 5mの結果は、

右眼 R S+1.00D C-2.5D Ax95

左眼 L S+0.75D C-1.75D Ax120

(S+は遠視度数、Cは乱視度数、Axは乱視軸)

矯正視力(メガネを掛けての視力)は、右眼0.5 左眼0.8でした。

乱視はそこそこありますが、このお年で、この視力は凄いです!

しかもご自分の天然の目の力で、白内障の手術もしていません。

やはり、目のいいかたは脳の働きも優れています。

「あと何年メガネを使えるか、わからないけど・・・・」とおっしゃていましたが、

「いやー、まだまだ使えます」と、しっかりとお伝えしました。happy01

売上ノルマ

当店には「売り上げノルマ」はありません。

ノルマのあるメガネ店の従業員は大変です。

なんとかしてお客さんを店内に呼びこまないといけません。

店頭では、「調整無料、検査無料」!と無料を連呼します。

「メガネをお掃除しましょうか!」とおもいっきり明るい声で呼びかけます。

「では、お願いします」といってくれたら、ここからが勝負です。

「あれ、ちょっとレンズに傷がありますね・・・・」

「あれ、ちょっとこのレンズ歪んでいます・・・・」

「なんだか、フレームがガタがきています・・・・」

「どうもメガネバランスがよくないですね・・・・・」

と、あの手この手で、微妙に上手にメガネにケチをつけて、新規購入を促します。

主に、ターゲットはシニアでしょう。

それで新規購入に至ればバンバンザイ。

多くの人を首尾よく運ぶことができたら「ノルマ達成」のご褒美をもらえるかも知れません。

もし、購入に至らなくてもサービス品をお渡ししておきます。

鼻当て(パッド)を交換することもあるでしょう。(変える必要もないのに)

だけどノルマはきつい!

このご時世、涙ぐましい努力をしないとノルマというものは達成できないですからね・・・。

でも、そんなノルマを課して、売り上げは上がるのだろうか・・・・。

「ノルマ=努力」という点もあるでしょうが、ノルマは従業員が疲弊するデメリットもあります。confident

(ノルマ達成のために、無理にメガネを買わされるお客様も疲弊します・・・・)

「無料でメガネのクリーニング」にも要注意です。

超音波洗浄でメガネがキレイになっても、超音波での洗浄はメガネが痛む危険性もありますから・・・・。

 

どのようなメガネを作るか・・・・です。

完全矯正度数(基本度数)とは、実際のお客様の目の度数のことです。

基本度数=調製度数(実際に作る度数)になることもありますが、調整することも多いです。

それで調製度数は基本度数からどうするかということになります。

度数選びの基本は、年齢、用途、用法、違和感などを考え、何を優先させて何を妥協するかの選択になります。

眼位や斜位を考慮に入れて、使用目的や違和感の事も考えて、基本度数から弱めるのか、強めるのかを決めていきます。

調製度数は、装用テストで「見え方」、「違和感」などを確認していただいて、お客様と当方のお話合いで決めることになります。

なので、メガネのハマヤで調製したメガネは、お客様と当方との共同責任になります。

という感じで今年もやってきました。

来年も「きめつけ」は良くないと思いますので、将来的な事も考慮に入れてアドバイスをさせていただきます。

眼鏡士 浜田 清

ファッションアドバイザー 浜田 久美

メガネの勉強

2017年 生涯教育テキストが届きました。

Dscn14251


今年の講座は

・視機能検査の実施法(応用編)

パソコン作業時の視機能問題を勉強します。

・眼科学「点眼薬」

いろんな目薬の種類、副作用などの勉強をします。

・ハイカーブ眼鏡への対応

ハイカーブレンズへの対応、レイアウトなどを勉強します。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック