越知町 横倉宮

11月14日放送のテレビ番組「世界のなんだコレ!ミステリー」で、

高知が取り上げられていました。

今回、直撃する謎エリアは、高知県の山奥で見つけた、崖の上にある「建物らしきもの」。

ということで、タレントのかたが険しい山道を3時間もかけてたどりついた先は・・・・。
                        

なんと、越知町の「横倉宮」でした。

なんじゃそりゃ、期待して見ていたのに・・・・。

横倉宮なら駐車場から30分も歩けばいいし、山道も整備されています。

どうして、わざわざ辺鄙な場所から入っていき、道なき道を歩くわけ?

危険だし・・・・。

普通に気軽にいける場所なのに「世界のなんだコレ、ミステリー」ですか・・・・。

どうしてこんな放送をしたのか「日本のなんじゃこりゃ、ミスリード」では・・・・。

「イッテQ」のやらせ疑惑報道を見て、そう感じました。

↑若き日の浜田 清と久美

気軽にハイキングにいった横倉山でのスナップ

不正不正また不正

今日もまた「不正」のニュースが新聞紙面を賑わせています。

その不正はどこからくるものか。

業界を覆う闇の底は見えないらしい・・・・・。

では、メガネ屋と眼科の関係は、

メガネ屋と眼科の関係も昔から癒着体質を引きずっています。

眼科が発行する、眼鏡処方箋に絡んで、「患者さんなどの紹介の見返りに、メガネ屋が眼科医に謝礼を渡す」いわゆるリベートとかキックバックというものです。

当然、このような利益供与的な関係は望ましくないわけですが、「当たり前感覚」ですから、昔から連綿と続いています。

「こんなことは、良くない。絶対にやめよう」という強い声は眼科医からも、眼鏡業界からも、ほとんど聞かれずに、今に至っています。

しかし、昔みたいにあからさまに指定店へ行かすやり方は影を潜め、最近の主流は、「無料保証のメガネ店」を紹介するという形になってきています。
これなら、大義名分は「度数はかわるかもしれないので、無料保証のメガネ店で・・・・」と言って、患者さんを特定のメガネ屋へいくように差し向けやすいわけです。

指定されたメガネ屋は、紹介された見返りに度数の変化があった場合はもちろんのこと、処方度数の具合が悪くて再処方をした場合など、理由の如何にかかわらず眼科医の言われるままにレンズの無料交換をします。
この行為は、形をかえたキックバックです。
さらに、紹介してくれた眼科に御届け物をするメガネ屋もあると聞いています。

このような行為を組織ぐるみでやっている県もあります。

「みんなでやれば怖くない」ということでしょうか。

また、指定をしなくても「眼科医にとって都合のいい、無料保証のメガネ店」をすすめる行為は全国的に広まってきています。

ある眼科医師がおしすすめようとしている「メガネ無料保証制度」は、メガネ屋に処方責任を押し付ける眼科には都合のいい制度であって、けっしてお客様がすべての面で得をする制度ではありません。

処方度数に関して、眼科医師は一切責任を取らず、メガネ屋に責任がないにもかかわらず、すべての負担をメガネ屋がしてしまえば、眼科の眼鏡処方レベルの低下、メガネ店の眼鏡調製技術レベルの低下など、いろいろなところに問題が起き、弊害が生じます。

経済的、商売的な面ばかりを優先して、大切なメガネの内容はどうでもいいようなアドバイスをする眼科医師は、何を優先すべきかの感覚がオカシイように感じます。

もし、眼科医が本当にお客様の経済的な負担を考えるのであれば、診療代を安くするなど眼科医が負担を受け持つべきです。

驚いたことに、自店のお客さんから、ある高知の眼科は、「店舗を持っているメガネ店なら、どこでも無料で保証してくれる・・・。などと患者に言っているよ」ということをお聞きしたのです。
まったく、もう。すべてのメガネ店を調査したわけでもないのに、言葉が重い意味を持つ、医療関係者がそんな誤ったことを言うなんて。

その眼科には、「すべてのメガネ店が無料保証をしているというのは、事実ではありません」と「
眼鏡調製報告書」でお知らせをしておきました。
こんなところにも、弊害がでていますね。

この問題に関して、眼鏡側の眼鏡技術者協会は知らぬ顔の半兵衛をきめこんでいます。

個々の商売に関することには、タッチしない方針だそうです。

今日も足繁く眼科に通うメガネ屋がおるでしょう。手にはなにやらお包みを持って。当たり前のように。


悪い制度、悪い仕組み、悪い体制、悪い体質は必ず、腐敗がおきます。
このままの癒着体質が続けば、眼鏡技術は崩壊し、眼鏡業界は腐ってきます。
ひいては医療の崩壊にもつながります。

結局、困るのは眼鏡ユーザーです。

誤解のないようにお願いしたいのは、「眼科とメガネ屋が技術的な協力関係」になるのは、眼鏡ユーザーにとって好ましいことであり、全国にも良き関係で、眼科に接しているメガネ屋も少なからずいます。

良い関係は、眼鏡技術、医療技術の向上につながります。

当店も、時々、眼科から技術的な関係で、患者さんをご紹介いただくことがあります。
もちろん謝礼は「眼鏡調製報告書」になります。

大阪が・・・・・

本日は台風一過の青空が広がっています。

Dscn19191


どうやら、高知県の西部中部地域は大きな被害はなかったようです。

でも、大阪にいる娘は「この台風は凄かった!」と言っていました。

高知で台風慣れしている娘がそう言うのですから、よほど凄かったのでしょう・・・・。

どうも大阪は災難が続きます。

これも異常気象のせいでしょうか・・・・?

アクアトト岐阜

名古屋旅行は「アクアトト岐阜」に行ってきました。

『長良川の源流から始まって世界の川へと広がり、魚類を中心に、爬虫類・両生類・鳥類など水辺の生き物が生息する環境を再現しています。』

その再現の仕方、迫力が半端じゃない!

子供が遊べる場所もあり、孫は大喜びでした。

台風の中、ハラハラドキドキの旅行でしたが、

孫の喜ぶ顔は、なによりの癒しになりますね。happy01

高齢者が車の運転をすること

高齢者の交通事故

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2018/01/post-bb05.html

また高齢者運転での悲惨な事故がありました。

事故は加害者、被害者、そのご家族の人生が狂ってきます。

なんとかしないといけませんね・・・・confident

車の運転に必要な能力に「視力」があります。

普通免許であれば、「両眼で0.7以上かつ片眼で0.3以上」が必要です。

この視力があれば、高齢者でも運転できるのですが、視機能が弱いと車の運転は危ないです。

信号や、規制の多い市街地での走行は危険極まりないです。

視機能というのは、「見て→脳に情報を送り→体を操作する」という機能です。

目に問題があると、脳に正しい情報が送れません。

脳に問題があると、適切な行動ができません。

高齢になっても車の運転をしたいかたは、目と脳のチェックをしてください。

安全運転には「0.7見えているからいい」ではいけません。!

斜視で具合が悪い

斜視のかたからお電話でのご相談です。

40歳代のかたです。

「斜視の手術をここ10年間で2回しました。白内障の手術もしました。

フレネル膜プリズムで矯正したことがあるが具合が悪い。頭痛が酷い。なんとかならないか・・・」

とのことです。

現在、具合が悪いので片眼を遮蔽されているそうです。

もちろん、それも具合が悪い。

このご相談は実際に眼の状態を見ていないので、なんともお答えしづらい内容です・・・・・。

斜視に関しましては「手術をしてもダメだった」ということでしょうが、そういうこともありますね・・・・。

手術をしてよけいに具合が悪くなった・・・・ということも聞いたことがあります。

手術というのは「リスクもある」ということは改めて言うまでもありませんが。

フレネル膜での矯正は解像度が落ちますので、成人のかたの矯正は難しくなります。

なので、フレネル膜でも解像度が落ちないように工夫する必要があります。

また、斜視の部分的矯正をメガネレンズでする方法もあります。

いずれにしましても、頭痛の原因は斜視も一つの要因だと思いますが、他の要因も絡んでいる可能性が高いと思います。

この場合、メガネ調製を目的に眼位検査などを熱心にしている人生経験が豊富なメガネ店(店主)に相談されたほうがいいでしょう・・・・。

不正だらけ・・・・。

あっちで不正、こっちも不正、大手企業の不正発覚が続いています。

「大手企業だから安心」というのは死語になりつつあります。

これも利益重視の弊害でしょうか・・・・。

では、眼鏡業界は。

眼科とメガネ屋の利害関係。これなども不正の温床になるかも知れません。

「眼科との信頼関係を築くことが大事です」ということは良く言われることなのですが、眼鏡技術者よりも商売人のほうが多いこの業界。それは中々難しいですね。

「キックバックを要求する眼科、それを受け入れるメガネ屋」昔からあるこの習慣。

(無料でレンズ交換をするのも「形を変えたキックバック」ともいえます)

ユーザーと本当の信頼関係を結ぶには、眼科との利害関係を断ち切るしかないように思います・・・・。

Appl IDからのメール

こんなメールが届きました。

------------------------------

差出人 ApplID

件名 アカウントを保護する

----------------------------------

なんだか怪しい・・・・。

とりあえず開いてみると

-----------------------------------------------------------------

あなたのApple IDは、iPhone 7 PlusでFaceTimeとiMessageにサインインするために使用されました "BeenSekians"という名前の私たちは非常に真剣にセキュリティを取ると私たちはあなたを維持したいあなたのアカウントの重要な行動のループ、

----------------------------------------------------------------

なんじゃこりゃ、訳のわからない日本語・・・。

ますます怪しい。

-----------------------------------------------------------

これがあなたでない場合はここをクリックしてください

-----------------------------------------------------------

と、クリックを促すことも書いてある。

最後はこうだ!

--------------------------------------------------------
このリクエストをしなかった場合は、ここにサインインすることをおすすめします

-----------------------------------------------------------------

それでアップルに電話で問い合わせてみると、「そのアドレスは当方ではございません」とのことでした。

やはり・・・・。

最近、この手のメールがちょくちょく届くようになりました。

ヘンな日本語メールには要注意ですね。

夏休みは愛知県に

18日、19日と名古屋に遊びいきました。

一日目は「徳川美術館 」へ行きました。

Dsc00112

展示物が多くて見応えがタップリの美術館でした。

やはり家康の力は偉大です。happy01

二日目は名古屋から少し足をのばして犬山市 「明治村 」に行きました。

明治村は38年前、昭和時代に会社の慰安旅行で行ったことがある思い出の場所です。

Dsc00137Dsc00138Dsc00140

今回、久しぶりに訪れて昭和時代に比較して建物が多くなったようです・・・。

暑くて暑くてバテバテになりましたが、まー、明治を満喫しました






またしても企業の不正

大手企業の不正行為・・・「またしても」という題で高知新聞の投書欄に載っていました。

私も消費者として「ふざけるな!消費者をなめたらいかんぜよ・・・」と思います。

なめられないように、消費者も賢くならないといけないですね。

今回の不正の件でも「メーカーの言うことを鵜呑みにすることは危ない・・」ということがわかりました。

でも、いろんな情報に惑わされないように「本質を見極める」ってことは中々難しいです。

それだけ企業は巧妙なテクニックを駆使しているからでしょうね。

カラクリと不正は紙一重・・・・。

やはり人間や企業を肩書だけで判断するのはやめたほうがいいでしょうね。

何度も言いますが、

メガネであればメガネはメガネ店で完成品になる商品です。

必ず店主(人間)選びをしてください。

メガネ価格のお問い合わせはよくいただくのですが、(それも大事な情報の一つですが)それよりも大事な情報は「浜田 清と久美の情報」・・・ということです。

もちろん、人間を知ることも簡単ではないのですが、そこはHPなどを参考に。

ある程度店主の顔(傾向)が見えてくるのではないでしょうか・・・。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック