乱視矯正

健全な視生活のためにも乱視は適切に矯正したほうがいいのは間違いないのですが、適切に矯正されていないケースも少なくありません。

理由は、
・乱視を矯正することが悪いことと思い込んでいる
・乱視を正確に検査する技術がない
・乱視の違和感をさけたい
・乱視そのものがキライ
などです。

たしかに乱視の違和感は、遠視、近視に比較して単純ではありません。

乱視は方向性があるがゆえに、検査もややこしい面があります。

イメージの悪い乱視は、敬遠されることもあります。

また、正確に調製したとしても、正確=快適とは限りません。

しかし、違和感のせいで安易に乱視を低矯正したり、乱視を抜くことは視機能、眼精疲労などの問題を先送りするだけです。

年齢とともに順応性、適応能力も衰えてくるので、問題を解決することはよけいに困難になります。

乱視に適応していないと、遠近両用メガネを掛けこなすことが難しくなる場合もあります。

乱視の空間視の感じ方

乱視眼は、眼球の方向により屈折が異なる眼です。

方向によりレンズの度数が異なる乱視レンズで矯正することになります。
ということは、網膜像の拡大率が方向により違ってくるために、像が縦長に見えたり、横長に見えたり、傾いて見えたりします。

しかし、人間の脳は良くしたもので、このような違和感を取り除く処理能力ももっています。

その処理能力は個人差も大きくて、直ぐ処理できるかたもいますけど、なかかな処理できないかたもいます。

乱視度数が弱ければ、直ぐ処理できるというものでもありませんし、大丈夫かなと思うような強い乱視でも直ぐ馴染んでしまうかたもおられます。

馴染み具合は、そのかたの、度数、メガネ歴、または性格などにより左右されます。

<乱視の大幅な低矯正、未矯正は視機能不良に繋がりやすい面があります>

違和感を優先するか視機能を優先するか・・・・お客様との共同作業で、適切な乱視矯正をしていきます。

レンズメーター 最新式

オートレンズメーター 最新式を導入しました。

Dscn18271

この機械の特長は

・遠近累進レンズの測定が容易

・PD(瞳孔間距離)が測定できる

・プリズムレイアウト機能がついている

・UV(紫外線)の透過率が測定できる

などです。

最新式はやはり便利ですねhappy01

トラブルがおきなければ・・・・・・confident

オートレフラクトメーター 2

オートレフラクトメーター。

約40年前から日本に出始めました。

昔は、こんなに大きかったです。

Dscn17041

私が修行していたメガネ店が日本で(もしくは西日本で)一番早くオートレフを導入したように記憶しています。

価格は1千万円以上したのではないでしょうか・・・・。

その後、サイズは段々とコンパクトになり、価格も安くなって普及が進みました。

画期的なこのオートレフ、今、設置していないメガネ店のほうが珍しいのではないでしょうか。

しかし、便利なこの検査機器、眼鏡技術レベルを下げている面があります。

それは、ボタンを押すだけで、あらかたの屈折度数が検出できるからです。

あらかたの度数といっても、オートレフのデータは調製度数(実際に作る度数)の目安にすぎません。

そのデータにちょこちょこと検査らしきものをして、はい終わり。

手間暇がかかる「自覚検査」をないがしろにするメガネ店が増えてきました。

そして時代は流れ、検査、調整もしない通販業者が跋扈してきている現在。

今後はオートレフラクトメーターも置かないメガネ店が増えてくるのでしょうか?confident

オートレフラクトメーター

「オートレフラクトメーター(オートレフ)」という検査機器。

Dscn17021


この検査機器で、眼の屈折度数(遠視、近視、乱視)が測定できます。

Dscn17031


R は右眼 Lは左眼。 Sは遠視、近視度数。 Cは乱視度数。Aは乱視軸です。

Aの右横にある数字は「信頼係数」で、「9」が最高点です。

信頼係数が低い場合は、角膜、水晶体、網膜などに問題がある可能性もあります。

長期間コンタクトレンズを入れている方は、低くなる傾向です。

それだけ「角膜が荒れている」こともあるからです。

瞳孔の大きさなどにより、上手に測定できなくて、「このデータは信頼がおけません」と器械が判断すると係数が低くなります。

通常、40歳を越えると多少なりとも目に問題がでてくるので、係数は低くなりがちです。

しかし、10代でコンタクトレンズも使用していないのに低くなることもあります。

写真は、右が50代のかた、左が10代のかたのデータです。

この10代のかたのデータは、なんらかの問題が潜んでいる可能性が高いです。

自覚検査では、裸眼視力、矯正視力(メガネを掛けての視力)どちらも問題がありました。

やはり。

こんな場合、「心因性視力障害」が疑われます。

その話はいずれ・・・・。

多面プリズムバー

斜位があれば、斜位の矯正をしていきます・・・・といっても積極的な斜位矯正は全体(当店検査での)の2割~3割ぐらいでしょうか・・・・。

それだけ斜位は珍しいものではなく、厳密に言いますと、ほとんどのかたに斜位(生理的なものも含めて)は存在しています。

ですから、「あなたは斜位です」って言われても、たいていは心配いりません。

 しかし、斜位は眼精疲労の原因や自律神経の乱れに繋がることもありますから、斜位は要注意でもあります。

特に上下方向に斜位があるかたは、疲れやすいです。その方向の眼の筋肉の作用が弱いからです。

なので、上下方向の斜位を見逃すと、ペケのメガネになることもあります。

言い換えれば、上下斜位をキッチリと矯正することにより、素晴らしいメガネになることもあります。

「今までの不具合がうそのようだ・・・・happy01」とおっしゃっていただくこともあります。

そんなやっかいでもあり、プリズム矯正の成功率も高い上下斜位ですが、もちろんのこと正確に検査しないと適切なメガネになりません。

当店は適切なプリズムメガネにするために、さまざま工夫もしています。

その中のひとつが「多面プリズムバー」です。

Dscn14811


このプリズムバーを駆使して、丁寧に眼位検査をしていきます。

両眼開放屈折検査で使用するテストレンズ

屈折検査(両眼開放屈折検査)で使用する偏光テストレンズです。

Dscn14361
当店はほとんどのかたに、より自然な屈折検査「両眼開放屈折検査」を実施しています。

テストレンズは、予備のレンズも含めて濃度の違うものを複数枚用意しています。

より自然な検査はテストフレームを使用して、眼位検査までしていきます。

装用テストまでテストレンズ+テストフレームの組み合わせで検査をしています。

ま、もっとも装用テストはビジョンテスターではできません・・・・。

自然な検査は手間暇がかかるデメリットがありますが、「より精度の高い度数を検出できる」メリットがあります。

ビジョンテスター+接近ボックス視力表は、不用な調節がおきやすくなる組み合わせです。

度数選び

近視のかたで「このメガネでは、遠くが見えづらい・・・」ということで、遠くが見やすいように

近視度数をアップして調製した場合。

「遠くは見やすくなったけど、近くが見えづらい・・・・」ということが起こることがあります。

これは、30歳~40歳ぐらいまでのかたに起こりがちです。

調節力 が若いことに比較すると、弱くなっているからです。

なので、「遠くは見やすくなりますが、近見では疲れるかも知れません・・・」と説明をしていきます。

もちろん「これぐらいなら大丈夫・・・」というお客様のご判断でメガネは調製していきます。

しかし、実際に掛けて試してみると「ウーン、やはり近見は辛い・・」ということも起こりがちです。

なんでもそうですが、「メガネ調製も、100%のことはやってみないとわからない」ということですね。

メリットでよしとするか、デメリットでダメとするか。お客様次第です。

当店のメガネはお客様との共同作業で作り、共同責任になります。

なお、通常「視機能」も考慮に入れた度数を提示していきます。

環境なども考慮に入れて、度数選びをしてください。

斜位検査

斜位 の検査に使用する視標です。

Dscn13031

ショーバーテストもしくはクロスリングテストと呼ばれています。

右眼に赤フィルター、左眼に緑フィルターレンズを装用して、斜位検査をします。

赤フィルターの右眼には赤色の十字が見えます。

Dscn13041

緑フィルターの左眼には緑色の円が見えます。

Dscn13051

もし、どちらかが見えていなければ、見えていない方の眼が「抑制 」している可能性が高いです。

赤が見えたり、緑が見えたり、チラチラ見えるのは「交互抑制」の可能性があります。

また、「抑制ぎみ」の可能性もあります。

この検査は、赤の十字が緑の円の中心に見えているかどうかをチェックします。

中心に見えていなければ斜位の可能性が高いです。

多面トワール 5

こ多面トワールは、「多面プリズムバー」と呼んでいます。

Dscn12661

普通の球面レンズが入っているのでなく、「プリズムレンズ」が入っているからです。

プリズム度数は、

0.5△ 0.75△ 1.00△ 1.50△ 2.00△ 3.00△ 4.00△ 5.00△ 6.00△ の計9枚です。

多面プリズバーは眼位(視軸の向き)や融像力(左右の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能)の検査に使用します。

外斜位の測定には基底 (レンズの厚いほう ベース)を鼻側(ベースイン)にします。

Dscn12671

内斜位はプリズムバーをベースアウト方向(耳側)に持ちます。

Dscn12691

上下斜位の測定には、ベースアップ、ベースダウンと持ち替えます。

Dscn12701Dscn12711

融像力検査は独自のテクニックも駆使して、じっくりとやっていきます。

融像力検査によって、プリズム矯正の必要性などの判定をします。

ビジョンテステーでも眼位検査、融像力検査もできますが、私はそのデータはあてにならないと思います。

それはビジョンテスター検査そのものが日常とは違うもので、筒の穴を覗くような感覚になり、緊張を呼ぶことも多いからです。

ま、参考にはなるのですが・・・・・。

なので、当店は眼位検査、屈折検査、融像力検査はテスト枠を使用して、トワール検査にこだわっています。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック