小さい丸メガネ

玉型の小さい丸メガネ (一山)

サイズは36□21 36□25

小顔のかたやPD(瞳孔間距離)の狭いかたに適合します。

Dscn16241


Dscn16251


実はこの丸メガネ、ウスカルフレーム「シャノアス」を玉型変形したものです。

オリジナルフレームをさらにオリジナルに仕上げた逸品です。happy01

丸メガネとの適合性

丸メガネコレクションが増えています。

丸メガネは、お顔やPD(瞳孔間距離)との適合性が大事です。

PDの広いかたが普通サイズの丸メガネを掛けたら、眼がすごく外側(耳側)に寄って見えます。
外側に寄って見える状態は、見た目に焦点が定まらないような不自然な印象になります。


Dscn16051


Dscn16061

丸メガネ男性用と女性用

シンプルな男性用丸メガネ。

Dscn15781

キレイな女性用丸メガネ。

Dscn15811


Dscn15971


当店は丸メガネ、300本以上在庫しています。

丸メガネ フチなし

この普通の形状のフチなしフレームが、

Dscn15931

オシャレな「丸メガネフチなしメガネ」に変身できます。

Dscn15951

サイズも大きくしたり小さくすることができます。

ジョン・レノンという名の丸メガネ

丸メガネ「ジョン・レノン」を仕入れました。

Dscn15611

Dscn15621


丸メガネ 「ランテ」

チタン製ラウンドフレーム「ランテ」。入荷しました。

Dscn15351

今回、3サイズ展開にて登場の新型、「ランテ」というメガネは、クラシックな丸メガネの中のザ・スタンダードなチタンフレームです。

この「ランテ」は、丸メガネの中でも、レンズサイズの小さめな41ミリ径の玉型を持ちます。

世の中の丸メガネとは、たいていは目と目の間の広い人にとっては、かけずらいメガネであることが多いですが、この「ランテ」は、41□30 という、鼻幅広めのサイズを擁(よう)し、目と目の間の幅が、やや広めの人でも楽々と対応するという、オリジナルならではの懐(ふところ)の深さを持っています。

丸メガネ「カークレイン」

丸メガネのセルフレームでのヒット作「クライス」が、メーカー在庫が完売御礼となりましたので、続編ともいえる新作を製作しました。

各所に新着想の改良を加えて登場。

モデル名は『カークレイン(Kercrane)』です。
毎度おなじみのオリジナル設計によって、新しいメガネフレームとして完成してきました。

Dscn13731

日本の丸メガネ

丸メガネの入荷です。

Dscn13001Dscn13011

自分らしさを大切にしながら、ある時はハードに、ある時にはクールに、時代に溶け込みながらも常に先を見据えている、パイオニア的存在の人々に提案して行きたい。

落ち着いたカラーのフロントと、メタルの質感を活かしたテンプルのコンビネーションにより、行き過ぎないモダン・クラシックテイストのブロウスタイルモデル。

フロントに軽量でフレキシブルな1.0mm厚のβ型チタン合金シート材を使用し、重量を軽減。自然な装着感となっている。

ブリッジ部分は二重構造となっており、シート材の弾性による変形を抑制するよう剛性を持たせている。

シンプルな造形でデザインされたプレステンプルは、フィッティングが容易な純チタン材を使用。

プレス+丁番削り出しのスパルタ構造で、デザインと強度のバランスに優れている。

レンズシェイプはミドルサイズのラウンド。

表面処理はメッキ強度に優れたイオンプレーティングの他、樹脂吹付塗装を使用。 テンプルはゴールドのダイレクトメッキ又はチタンナチュラルで、フロントと色違いのコンビネーションカラーとしている。

パットは体温によって柔らかくなることで、形状が掛ける人の鼻にフィットし、なおかつ40℃以下の温度で形状を保持する形状記憶樹脂を用いたものを採用している。

メーカーHPより


元気がでる丸メガネ

元気がでそうなKio611

丸メガネ

サイズ 42□24

こちらは、セルロイドフレーム→ Dscn12791Dscn12801

ノスタルジックな気持ちになる丸メガネ です。

サイズ 46□22

Dscn12731  ←48□22のメタル丸メガネ


丸メガネはPD(瞳孔間距離)との適合性が大切です。

PDが広いかたがフレームサイズの小さい丸メガネを掛けたら、眼がすごく外側(耳側)に寄って見えます。

外側に寄って見える状態は、見た目に焦点が定まらないような不自然な印象になります。

丸メガネ「フランテス」の入荷

フランテス 」のモデル名の由来は、フランスのイメージを持つ丸メガネというところからです。

Dscn12491

この手の、ブラッシングのかかった、エイジングされた金属のイメージは、フランスの骨董品の雰囲気そのものといえるでしょう。

それでいて、ブリッジ(中央部の棒パーツ)や智やテンプル(サイドパーツ)は、しっかりとした堅牢性を持ち、弾力性と両立して、軽量なチタン素材によって昇華(しょうか)の域(いき)に達しています。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック