一山メガネにつける「ニギリツブ」

一山メガネ のブリッジ部分に取り付ける「ニギリツブ」の入荷です。

Dscn13611

使い方は「ブリッジキャップ」と同じですが、ニギリツブのほうが、より色んな一山メガネに対応できます。

詳しくはこちらにどうぞ→「ニギリツブ

一山オーバルメガネ

玉型は「オーバル

一山フレーム で、先セル(耳にかかる部分)なし。

Dscn12101Dscn12111Dscn12121

シンプルなフレームです。

人気のあるフレームですが、耳まわりの調整が難しい場合もあります。

先セルがない分、滑りやすくなる傾向にもあります。

ですから、掛け心地の点では「先セル有」のほうがいいです。

コンビネーションフレームで先セルなしタイプも存在しますが、メガネバランスが悪くなり、ズリ落ちの原因になる場合もあります。

なのでこの手のフレームは仕入れません・・・・。

なお、先セルなしのフレームでも、「滑り止めグッズ」をつけて、適切に調整すればズリ落ちを防ぐことが可能です。


一山ボストンやや大きめフレーム

一山ボストンで、玉型がちょっと大きめのフレームが入荷しました。

Itiik31Itiki21


天地幅は、39mmです。縦方向の視野は広くとれます。

最近、こんな感じの昔風フレームの動きがいいですね。

テレビ番組の影響でしょうか・・・。

30年前は、これぐらい天地幅があるフレームはあたり前のようにあったのですが、時代の流れで段々と小さめフレームのスタイルが好まれるようになってきました。

それが、ここ4、5年前ぐらいから徐々にまた大きいスタイルをご希望のかたも増えてきました。

やはり、時代は繰り返す・・・ということでしょうか。

こちらのスタイルItiiki41 のフレームも入荷しています。

PDがやや広めのかたの丸メガネ

PD(瞳孔間距離)がやや広めのかたに適合する一山丸メガネの入荷です。

Maiik11Maiik31


サイズ 43□26

シンプルすぎるほどシンプルな丸メガネです。

丸メガネ 選びはPDとの適合性がより重要な要素ですから、PDを測定してから丸メガネをお選びください。

PDよりも丸メガネのサイズが小さい場合は、眼が外側(耳側)に寄って見えます。

外側に寄って見える状態は、見た目に焦点が定まらないような不自然な印象になります。

一山メガネのブリッジキャップ

鼻当てのない眼鏡を一山(いちやま)メガネ といいます。

Ii11
一山メガネを現代風にアレンジしたフレームを、当店は在庫しています。

一山メガネの「金属ブリッジの当たり具合が気になる・・・」かたには、ブリッジにキャップを取り付けることも可能です。
キャップは、プラスチック製ですから、鼻への当たり具合がソフトになります。
                        
Buri131

ブリッジキャップのお問い合わせをいただくこともあります。

しかし、当店はブリッジキャップの通販はしておりません。

一山のブリッジ形状により、取り付けができないこともあるからです。

また、ブリッジキャップを取り付けることにより、頂間距離(レンズと角膜との距離)に変化がおきます。

その変化が度数によりましては、問題になる恐れもあります。

ですから、ブリッジキャップはお店で実際に試して購入してください・・・。

一山メガネを購入されたメガネ店に相談されるのが一番なのですが、ブリッジキャップを在庫していないメガネ店も少なくありません。(できれば一山メガネは、ブリッジキャップを在庫しているメガネ店でご購入ください)

その場合は、「一山メガネ研究会」にご相談ください。

一山フレーム 新製品

一山フレーム 秋の新製品 入荷です。

Iti88761Iti88771


形状はヘサキゴン。

素材はチタン。

表面処理は耐久性に優れたイオンプレーティング。


一山メガネのブリッジキャップ

一山メガネに取り付けるブリッジキャップです。

Dscn44041

当店は、タイプが2種類(カーブが違います)、カラーは3色あります。

ブリッジキャップは、プラスチック素材ですから鼻の当たり具合がソフトになります。

一山メガネを掛けたいけど、鼻の当たりがどうも・・・・と思われているかたは、当店にてブリッジキャップを試してください。

ただし、ブリッジキャップを取り付けると頂間距離(眼とレンズとの距離)が変化しますから、度数によっては向かない場合があります。

一山メガネは・・・。

本日、入荷商品はこれ!

Dscn11091 Dscn11101

このメガネ、一山(いちやま)メガネと言います。

鼻当てがありませんから、見た目はスッキリした感じになり、個性的なメガネです。

昭和のはじめぐらいまでの昔のメガネは、この一山タイプの眼鏡がほとんどでした。
その一山メガネを現代風にアレンジしたフレームを、当店は在庫しています。

一山メガネの長所は、鼻当てがない分、メガネで弱い部分である鼻当ての変形が少ないです。
短所は、ブリッジ部分でメガネを支えることになりまから、鼻の当たりがむず痒かったり感じるかたがいます。
ブリッジ部分のフィッティングは、ほとんどできません。

当店は一山メガネの積極的な品揃えで、一山メガネファンのwantsにお応えしていきます。

一山の新作入荷

一山メガネです。

Dscn09271 Dscn09281 Dscn09291

一山メガネは、シンプルなメガネとして人気があります。

鼻当てが固定ですから、曲がることも少ないです。

通常の鼻当てでは、鼻の当たり具合がイマイチというかたにも、おすすめです。

通常のメガネとでは、メガネを支えるポイントが変わってきますから、「一山だと具合がいい」とおっしゃるかたもいます。

当店にてお試しあれ。

こちらにもどうぞ→「一山メガネ

一山丸メガネ

一山丸メガネが入荷しました。サイズは38□24です。 サイズについて

291 292 293

小顔のかたやPD(瞳孔間距離)が58mm~62mmのかたに向いています。

このサイズの一山丸メガネってなかなかないんですよね。
注文してから半年たって、やっと入荷しました。
ま、メーカーの「造るタイミング」ってのもあるんですけどね。

も ち ろ ん日本製です。happy01

も ち ろ ん当店の丸メガネコレクションは増殖中です。happy01

最近のトラックバック