モノビジョンが老眼の改善? 3

モノビジョン法が向いている目があります。

私のような「不同視」眼が老眼になった場合です。

不同視のかたが遠近両用メガネを作る場合、難しくなることが少なくありません。

それは遠近両用レンズは遠用部(遠方を見る部分)から、近用部(近方を見る部分)に視線を垂直移動して見るレンズだからです。

不同視眼は左右の度数差が大きいので近用部に「垂直方向のプリズム誤差」が多く発生します。

たとえば、私は垂直方向の度数差が約3.00Dあります。

遠用部から近用部への視線移動が10mmの場合、近用部では左右眼で3△(△はプリズム量の単位です)ものプリズム誤差が発生します。

3△といってもピンとこないと思いますが、普通この誤差はとてもしんどいです。
「モノが二重に見える」と訴えるかたもいます。

そんな不同視の場合、

左右眼をほぼ同度数で、片眼は遠方を見る度数、もう片眼は近くを見る度数で調製する(単焦点レンズで)モノビジョン法ができることもあります。

これなら左右眼が同じ度数ですから、プリズム誤差の心配がなくなります。

遠近累進両用レンズの欠点もなくなります。

で す が、私は自分の目にモノビジョン法は実施していません。

私は斜位もあるし、それでなくても車の運転は苦手です。モノビジョンで脳が混乱するとよけいに交通事故の危険性が増えるからです。

ぼちぼち私も高齢者になるのですから・・・・。

いずれにしろ、モノビジョン法は積極的におすすめできる方法ではありません。

モノビジョンは大きな欠点もあります。

基本的には将来のこと、視機能のことも考慮に入れて、不同視のかたでも正常な両眼視ができる度数からおすすめしていきます。

モノビジョン法が老眼の改善? 2

今まで正常な両眼視をしていたかたが、なんらかの理由で片眼の網膜にピントが合いづらくなると・・・・・。

「融像」することが困難になります。

(融像とは、左右の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能です)

左右眼の網膜に映った、異質の像は一つにまとめづらいからです。

それでも脳は今までの習慣で単一視をしようと努力をしてくれます。

当然、この努力は眼精疲労や違和感を引き起こす可能性が高くなります。

遠近感覚も悪くなる恐れもでてきます。

遠近感覚が悪いままで過ごしていると、車の運転はもちろんのこと、高齢になるとちょっとした段差が危険になってくることもあります。

そういうことも理解をした上で、モノビジョン法を試してください。

ただし、レーシックなどの手術でモノビジョンにすることはやめたほうがいいです。

元に戻すことができませんから・・・。

なお、コンタクトレンズも角膜を痛める危険性があります。

角膜の内皮細胞が減る傾向にあるかたは、コンタクトレンズはしないほうがいいです。

内皮細胞が減ると、視力が弱くなってくるかたもいます。

コンタクトレンズもモノビジョン法も本当の病気になることもあります。

モノビジョン法が老眼の改善?

テレビ高知(TBS系)で放送された「名医のTHE太鼓判」(22日放送)観ました。

その中で老眼を改善する方法として「モノビジョン法」が紹介されていました。

モノビジョンとは、左右眼で役割分担をさせようというものです。

たとえば、右眼は遠くが見えるようにして、遠方度数で調製。(左眼は遠方にピントが合いません)

左眼は近くが見えるようにして、近方度数で調製。(右眼は近方にピントが合いません)

放送ではコンタクトレンズの矯正で試していましたが、モノビジョン法はメガネで調製することもできます。

ただし、メガネでは左右の度数差が問題になることもあります。

さて、それでは「モノビジョン法」が老眼の改善といえるかどうか・・・・です。

放送では番組的にタレントさんが「ウワー、遠くも近くもスッキリ見えます!」と大はしゃぎしていました。

これは演出上仕方ないとして、名医?さんが「モノビジョンのデメリット」の説明をしないのはいかがなものだろうか。

コンタクトレンズでのモノビジョン矯正が「改善」ですか・・・・?

モノビジョンにすると、網膜に映る像が左右で違ってきます。

その違いは、視機能異常になることもあります。

また、そういう左右眼での使い分けに慣れていなかたは、モノビジョンにすることにより自律神経が乱れる恐れも出てきます。

テロップでは簡単にデメリットの説明が映っていましたが、視聴者にはおそらくメリットしか見えていないでしょう。

モノビジョン法は具合の悪いことは多々あるのに、その責任を名医はとってくれるのだろうか?

モノビジョンによるストレスで老化が進むこともあるのではないだろうか?

大絶賛していたタレントさんは今後もモノビジョンで生活していくのだろうか?

なお、私は「不同視」という眼です。

左右眼で度数差が大きい目ですから、メガネやコンタクトレンズで矯正しなくても自然なモノビジョンになっていました。

子供のときからモノビジョンでした。

そのために視機能異常になり眼精疲労が激しく、斜位にもなり、遠近感覚も悪く、球技などのスポーツが大の苦手でした。

もし私が子供時代モノビジョンでなければ、今よりもさらに優秀な人間になっていたかも知れません・・・・confident

いや、よく考えてみれば、このモノビジョンが今の仕事に物凄く役にたっています。

メガネ屋としてモノビジョンの苦しさが人一倍わかりますから・・・・。

遠近両用レンズのレイアウトが?

50代のお客様

遠近両用累進レンズ で、「近くが見えづらい」とのことです。

メガネを拝見してみますと、「アイポイント」が相当メガネの下部に設定されていました。

通常、アイポイントはフレームの玉型中央より4mm上ぐらいにレイアウトすることが多いです。

Dscn97531

↑レイアウト用のシールを貼っています。緑色の円(アイポイント)が遠方を見たときの瞳孔位置です。

赤色部分が近用部分で、この赤部分がフレームに入るぐらいに玉型の縦の長さが必要です。

そ れ が、ご持参メガネのアイポイントは、

Dscn97541 ←ぐらいにレイアウトされていました。これでは、近用部はほとんど切れてしまっています。

遠くの視野を広げるように配慮して、このレイアウトにしたのかも知れませんが、これでは遠近両用レンズを作る意味がありません。

50代のかたには辛いですね・・・。

某量販店で購入されたそうですが、遠近両用レンズを掛けたことがない店員が作ったのでしょうか・・・・confident

近用メガネの心取り

近用メガネは、近くのモノを見るときに使用するメガネです。

近くのモノをみるときは、眼の視機能を最大限発揮しなければいけないので、近方視の眼球運動が円滑に行われなければ、能率的かつ柔軟な視機能が行えず、「モノがハッキリ見えない」、「疲れやすい」などの症状を起こします。

その近用メガネ調製に、かかせない重要な作業に「心取り」という作業があります。

当店は、この「心取り」を眼位(視軸の向き)や輻輳力(眼球を内側に寄せる力)を考慮に入れて、調製していきます。

詳しくはこちらにどうぞ→「近用メガネの心取り

遠近両用メガネのデメリット

遠近両用メガネは視野が狭くなるなどの欠点もあります。

だけど上手に使いこなしてもらえれば、とっても快適で便利な道具です。

上手につかいこなすには、「欠点を受け入れて、長所を認める」ということも必要です。

メリットとデメリットを天秤にかける作業ですね。

メリットを優先的に考えたほうがいいように私は思いますが、こればかりはなんとも言えません。人それぞれですからね・・・。

メリットでよしとするか、デメリットでダメとするか・・・。

悩むところですね。

ま、悩むのも脳にはいいんです。happy01

りぐった老眼鏡

老眼鏡の作り方」をアップしました。

近くのモノを見る「老眼鏡」って、とっても大切だけど「近くのモノを見るだけだから・・・」と言う人もいます。
だけど、近くのモノを快適にしっかり見ることは脳の健康に良いのです。

だから、近くのモノを見るメガネは遠くのモノを見るメガネよりも、りぐった方がいいですよ。happy01
いや、メガネはできればどっちもりぐった方がもっといい・・・。

りぐるといっても、値段が高ければいいというものでもないから、そこのところ誤解のないようにね。

りぐった老眼鏡を作るには、りぐった眼鏡士を選ぶのが一番です。

ところで、「りぐる」というのは土佐弁やろか?

良い意味で捉えれば「りぐる」は「上質の」とかいう意味です。happy01

老眼鏡は使用目的距離に調製します

老眼鏡を作る場合、使用目的距離によって度数を調製します。

・手元の細かい作業用に20㎝で
・読書用に30㎝で
・パソコン用に50㎝で
・楽譜を見るとき用に60㎝で
などです。

それと人の体格もさまざまです。当然手の長さも人それぞれですから、手の長さによっても使用距離が違ってきます。

使用目的距離に適切な老眼鏡を調製していかないと、眼の疲れがでてきやすくなり、老眼の進行を早める場合もあります。

また、近くのモノを見ることって、眼の持っている能力を駆使しないといけません。
輻湊力(眼を内側によせる力)と調節力(近くのモノを見るための眼の力)が無理なく働くことによって、近くが楽に見えるようになるのです。
しかし、年齢がいくにしたがって、調節力は弱くなり、輻輳力も低下する傾向になります。
だから、眼の疲れなどがでてきて、近くの作業がイヤになってきます。

眼の疲れは確実に脳も疲労します。weep
脳の疲労は肩こりなどに繋がります。crying

だ か ら大切な眼は、調節力と輻輳力を考慮に入れて、使用目的距離に合わせた適切な老眼鏡で、快適な視生活を!

ってことが言いたいのです。
眼に合っていない既成老眼鏡は掛けないほうが眼のためです。

老眼とは

一般的に30cm前後の近業をするのに、見えづらくて不自由を感じるようになった状態を老視(老眼)と言っています。

正視眼の場合、45歳ぐらいから老視の自覚症状が現われてきます。
・眼が疲れる
・頭が痛くなる
・肩こりがおきる
・イライラする

老視になるのは、眼の調節力(近くのモノを見るための眼の力)が年齢を経るに従って低下してくるからです。
こう書くと、
「そうか、老視は調節力の老化現象で、調節力は45歳から衰えるのだ・・・」って思うでしょう。
でも、実はそうじゃないんです。
調節力の低下は10歳ぐらいからはじまっているんです。
ということは、眼の老化現象は10歳から・・・とも言えます。

これは人間の長い人生で、肉体の成長はほんの十年ぐらいで、悲しいかなあとは老化の一途ということでしょうか・・・。

だから、長~い老化人生は嘆いていないで、老化を楽しまなきゃ損ですね。happy01
「老視になった、人生も終わりだ・・・」な~んて、考えないで、「老視になった、これでオシャレな、カッコイイ老眼鏡を掛けられる」ってね。

なお、老視の自覚症状が現れるのは個人差もありますが、正視眼近視眼遠視眼かで大きく異なります。

老眼鏡にもウスカルフレームを

強度近視用フレーム「ウスカルフレーム」は遠視のかたや老眼鏡、遠近両用メガネにももってこいです。

レンズには近視のかたに使用する凹レンズと、遠視のかたに使用する凸レンズがあります。
強度近視のかたのウスカルフレームは玉型を小さく、鼻幅を広くするなどして、そのかたのPD(瞳孔距離)に適合するフレームを選択することによって、凹レンズのコバ厚(フチ厚)を薄くすることができます。

で、遠視や老眼鏡のかたになぜウスカル枠がいいのか・・・・。

それは、凸レンズのイヤ~な中心ポッコリ厚を軽減することができるからです。

ポッコリ厚を軽減するには
①PDに適合するウスカルフレームを選ぶ。
②高屈折率レンズを選ぶ。
③薄型加工をする。
をすればいいのです。
①と③の組み合わせで、普通屈折レンズを選んでも、けっこう薄く作ることも可能です。
だから、経済的にも好都合です。happy01

中心厚を薄くつくることは、軽くなるばかりではなく他人からの見栄えもグッとよくなります。

詳しくはこちらにどうぞ→「老眼鏡にもウスカルフレームを

最近のトラックバック