「FLEA(フリー)」

女性を素敵に演出する名わき役としてのめがね、​それが「FLEA(フリー)」です。

​職人の手曲げによって作り出される、大きくアーチを描くテンプルは、蚤(FLEA)のジャンプ軌跡から着想を得てデザインされており、見た目のユニークさと、ソフトな掛け心地を実現しました。

​もう一つの特徴であるカラーバリエーション。

「ちょっと奇抜かな」って色も中にはありますが、まずはチャレンジして見てください、きっとこれからの人生の楽しみの幅を広げてくれるはずです。

​「らしさ」を維持するため、1998年のブランド立ち上げから現在に至るまで「鯖江市河和田製」にこだわり、全て同じ工場の同じ職人さんによって作り出されているFLEAを、店頭でぜひお試しいただき、​新しいステージをお楽しみいただければ幸いです。(メーカーHPより)

Dscn20091

Dscn20101

Dscn20111

 

複視は辛い 16

<複視の事例 4>

日本眼鏡技術者協会のテキスト本には、
眼球運動麻痺では、自然治癒する例があり、発病後6ヶ月間は経過を観察するのが良いとされている。

報告によると219例のうち経過観察中に自然治癒した例が23例(11%)あり、47・8%が2ヶ月以内に、91.3%が6ヶ月以内に治癒したとある

と書かれていました。

 

私が疑問に思うのは、E様はまず眼科、脳神経外科を受診されているのに、病院からはなんのアドバイスもなく「検査結果は異常なし」で結果的にE様を突き放したことです。

途方に暮れかけたE様は、ネットで当店を探り当て「この複視が、プリズムレンズでなんとか改善できますか」とご来店されました。

病院は「異常がないから心配しなくていいよ」だったのかも知れませんが、診断で異常がないのに肉体には大きな異常がある状態は、患者さんにとっては大きな不安になります。
その不安が、益々眼筋麻痺を悪化させた可能性もあったのではないでしょうか。

急に複視になった場合、眼科が脳神経外科を紹介するのはわかるとしても、眼科は「複視を解消するための光学的対応として、プリズム眼鏡の選択もあります」とアドバイスをしておけば、E様は少しでも安心したでしょう。

脳神経外科は、もっと問診を丁寧にしておけばよかったのではないでしょうか。
原因不明の外眼筋麻痺があるとしても、なんらかの要因がある可能性が高いわけですから。

E様が「そういえば、風邪薬を」とおっしゃったのも、私が何度も「なんらかの原因があるはずです。たとえば寝違えたり、どこかで頭を打ったり、はたまた強いストレスにさらされたりとか」原因追及をE様に促したので、それで「ひょっとしたら、風邪薬が」と薬の重複に思い至ったわけです。

E様とすれば、風邪薬の影響などまったく想定外だったので、複視には戸惑うばかりでした。

今の日本の医療体制では「病気は診るけど、人間は診ない」面があるのは仕方がないでしょうか。(-.-)

 

SABAEのメガネフレーム「ターニング」

<ターニング>入荷しました。

温かさが伝わる眼鏡作り

「豊富な色柄と美しい艶、そして温かみのある質感をいかにフレームに仕立てるか」が私たちのテーマです。

そこから生まれるフレームは「掛ける楽しみを伝える」事につながり、作り手としての楽しみでもあります。掛ける人を思い浮かべながら職人たちがそれぞれの作業をし、フレームは完成されます。

Dscn20061

 

 

複視は辛い 15

<複視の事例 4>

1週間後、
コの字検査、十字検査、時計テスト、個視点付十字検査、カラーテスト、すべて正常値(斜位がない状態)になっています。
近見眼位も正常です。(2.5m検査では、やや斜位が検出されました)
ほぼ、2週間で眼球運動障害が完治しました。

この時点で、E様から「そういえば、ズレ発生の3日前から強い風邪薬を飲んでいました。それが原因かも」とおっしゃいました。
「あ、それそれ、それが原因の可能性が高いです!」
震えを止める薬との併用で、副作用も当然強くなりますから。

再度、屈折度数も検査しました。
「両眼開放屈折検査」での基本度数は、
R S-1.25D C-0.50D Ax85
L Sー1.50D C-0.25D Ax85
でした。
屈折と眼位も連動していますから、眼位の変化によって屈折も変化していました。

この度数で、メガネを作り直すことにしました。

そして、また1週間後、
「日に日に、良くなっている感じがありました」とE様。
この時点でも眼位の確認をしてみますと、まったく問題ありません。
眼球運動も正常です。

めでたし、めでたし(^^♪

 

 

調製したプリズム入りレンズ(右レンズ)
ベースアウトプリズムとベースアッププリズムが入っています。

かなり厚いレンズになります。
加工もやや難しくなります。

プリズムなしレンズ
上の写真と同じ度数で、プリズムなしレンズでこれだけ薄く軽くなります。
今回、プリズムなしレンズで調製することができました。

よかった、よかった(^^♪

 

丸メガネ「ボルモント」新登場

ボルモントは、 丸メガネで真円として作ってあります。

レンズサイズはどちらも同じ38ミリで、鼻幅(ブリッジ幅)で、26ミリと30ミリがあります。
色はそれぞれのサイズにつき3色づつ。各サイズとも色展開は同じです。

カラー1 の アンティークシルバー黒転写、カラー7 の アンティークシルバー、カラー9 の ブラッシュゴールド薄茶転写、
どれも伝統的な雰囲気の色です。

Dscn20011

Dscn20021

 

複視は辛い 14

<複視の事例 4>

1週間後、メガネを受け取りにお越しいただきました。

「お待たせしました。これで楽になります」とメガネを掛けていただきますと「ウウウ、物が二つに見えます」と。
眼位確認検査をしてみると、
左眼上斜位 R 5△B.U.
内斜位 8△B.O.
になっています。

1週間で大幅に上下斜位が少なくなっています。
これでは、10△B.U.は掛けられません。(テストレンズでも複視になっていました)

今回の斜位量でメガネを作り直す方法もあるのですが、再度眼位が変動する可能性が高いと思いました。
それで、今回検査の斜位量をセットしたテストレンズで様子を見ていただくことにしました。

手作りの「簡易眼位測定グッズ」もお渡ししました。

簡易眼位測定グッズ ↑

斜位があるかどうか。斜位の方向、斜位量などが、ご家庭で測定できます。
当店でメガネをお買い上げのかたにはサービスしています。(ご希望のかたに)

説明書付きです。

日本製 チタンメタルフレーム

カジュアルなメタルフレームは、気楽なくつろいだ時間を共に過ごせるメガネです。

天地幅ゆったり目のカジュアルフレームは、車の運転やスポーツにも向いています。

ご紹介のフレームは、すべて日本製です。
当店は日本製のメガネを応援していきます。

Dscn19891

Dscn19911

Dscn19931

 

複視は辛い 13

<複視の事例 4>

E様の場合、問題は「急に複視になった」ことです。
この場合、なんらかの原因で外眼筋麻痺が起こっている可能性が高いです。

外眼筋麻痺の原因は、外傷が多いので、E様にお尋ねすると「それは、ありません」と。
他に原因として、血管性病変、腫瘍、動脈瘤、炎症などがあり、薬の副作用なども考えられます。

それらの事もお尋ねすると「そういうこともありません」とおっしゃいました。
ただ、「手の震えをおさえる薬は、服用していますが、それは2年ぐらい前から飲んでいますから」とのことでした。

病院では異常ナシの診断だったので「原因が特定できない外眼筋麻痺」と考えるしかありません。

今回、下記の度数でプリズム入り遠近両用メガネを調製することになりました。
R S-1.25D C-0.50D Ax90 ADD2.00 5.0△B.U. 3.5△B.O
L Sー1.50D              ADD2.00 5.0△B.D. 3.5△B.O.

が、しかしこのレンズは、メーカー特注になり、仕上がりまでに1週間かかります。
その1週間は複視になっているE様にとっては、大きな苦痛になりますから、その間、テストフレームにプリズム入りレンズをセットして、掛けていただくことにしました。


 

日本のセルロイドフレーム

日本の眼鏡職人が作った日本製のセルロイド枠です。

セルロイド枠の持つ重厚感と、温かみのある質感を楽しんでください。

当店は日本製のメガネを応援していきます。

Dscn19881

 

複視は辛い 12

<複視の事例 4>

50代のE様
「3、4日前から物が二重に見える。朝起きたら二重の世界だった。
眼科、脳神経外科を受診したが異常なしとの診断だった」

カバーテストでは、上下方向、水平方向に大きな眼位異常が確認できました。

・ カバーテスト
眼位ズレの検査に用いています。

斜位があるのかどうか
斜位なのか斜視なのか
眼位ズレの方向は
など、カバーテストは*両眼視の状態や異常を知る上で欠くことのできない検査です。

両眼視とは
両眼を使って、あたかも一つの眼で物を見ているように感じる機能です。
同時視、融像、立体視、深径覚などの機能があります。

 

近視、乱視度数のチェックをして、眼位(視軸の向き)検査をしてみると、
左眼上斜位 R 10△B.U.
内斜位 8△B.O.
でした。

これぐらいの眼位ズレがありますと、複視になるはずです。
複視は大変な苦痛を伴い、日常生活や仕事、車の運転にも支障をきたします。

E様の場合、問題は「急に複視になった」ことです。
この場合、なんらかの原因で外眼筋麻痺が起こっている可能性が高いです。

 

プトゥリ 日本

 

Putri(プトゥリ)日本

植物や生物などをデザインモチーフとした
遊び心あふれるPOPなアイウェア

Dscn19731

 

眼鏡作製技能士検定

眼鏡作製技能検定の合格通知書が届きました。

Photo_20221122153501

これで浜田 清は国家検定資格の「眼鏡作製技能士」になりました。

眼鏡作製技能士と眼科との連携が「ユーザー本位」ではなく、「眼科本位」にならなければいいのですが。(-.-)

 

なお、私は大阪眼衛生協会認定の「眼鏡士」(民間資格)でもあります。

Dscn2036

眼科と眼鏡店との共通の目的が「眼の健康を守る」ことであるならば、

眼鏡店でもできる大人の普通の処方(病気の治療を目的とするものではない)は、

眼鏡作製技能士や眼鏡士などのいるメガネ店に委ねていただきたいです。

複視は辛い 11

<複視の事例 3>

ビジョントレーニングは、そのかたに適したやり方をアドバイスいたします。

トレーニングでは、輻輳刺激、開散刺激を起こしていき、その刺激により、眼と脳を鍛えます。
同時に立体視(左右の像が融像され、奥行き感覚が得られている状態)の向上も目指していきます。

両眼の連動が良くなり、眼球運動がスムーズになるように繰り返しトレーニングをしていきます。

・滑らかな眼球運動が行るようにトレーニングをします。

・輻輳力を鍛えます。

アミパリ

「アミパリ」の入荷です。

Dscn19811

Dscn19821

Dscn19831

Dscn19841

複視は辛い 10

<複視の事例 3>

D様は運転が目的のメガネ調製ですが、近くも見えないと不便ということで遠近両用メガネで調製しました。

調製度数
R S-0.25D C-1.00D Ax170 
ADD1.50 1.5△B.D. 2.5△B.I.

L Sー0.25D C-2.25D Ax5   
ADD1.50 1.5△B.U. 2.5△B.I.

今回、眼位矯正をし、乱視度数も正確に調製しました。
正常な両眼視ができない時がありましたので、視機能トレーニングをしていただくようにしました。

しかし、D様はご病気のことで精神的に落ち込んでいました。
こんな場合、トレーニングは難しい点もあります。

トレーニングは眼筋に負荷を与えることにもなりますから、「視機能には良くても、自律神経には悪い」ことになる恐れもあるからです。

視機能トレーニングは脳の活性化にも有効ですから、体調を見ながら、適度にトレーニングをしていくしかなさそうです。

 

跳ね上げ丸メガネ「エンブート」

跳ねあげメガネで3サイズ展開。
エンブートは、一山形式の鼻パーツを持つ、丸メガネです。
中央の棒状のパーツは、耐久性アップに効果を持ちます。

クラシックなメガネの雰囲気を守るため、レンズとレンズの間の棒パーツ…ブリッジと呼ぶ部分に、一山ブリッジと上の棒パーツの2種類のパーツを装着。
耐久性を保ちつつ、どこかフレンチテイストを感じさせる跳ね上げラウンドのチタンフレームです。

Dscn19781

Dscn19791

 

複視は辛い 9

<複視の事例 3>

40代のD様
体調不良で脳外科を受診したところ、脳腫瘍が見つかり手術をされています。

眼科処方度数
R S±0.00 C-1.25D Ax180
L S±0.00 C-2.00D Ax180
で調製したメガネが「なんだか具合が悪い」と訴えられました。

眼科では「これ以上見えるメガネない」と言われたそうです。

当店検査、「両眼開放屈折検査」での基本度数は、
R S-0.25D C-1.00D Ax170
L Sー0.25D C-2.50D Ax5

眼位は、右眼上斜位 R 3~4△B.D.
外斜位 6△B.I.
でした。

D様は、時々複視になり、時々抑制もしていました。

眼科処方のメガネは眼位矯正(プリズム矯正)をしていません。
これは「なんだか具合が悪い」原因の一つです。

乱視度数に関しましては、乱視が強度になればなるほど、より正確に乱視軸を調製しないといけません。
C-2,00Dぐらいの乱視度数で、乱視軸が5度違えば大きく矯正効果が落ちます。

眼科処方では、左右とも90°、90°とか180°、180°という乱視軸が多いのですが、細かく測定すると、案外ピッタリ90°というのは少なくて85°だったり93°だったりします。

乱視度数が弱くて、単焦点レンズ(遠近両用ではないレンズ)なら、85°を90°で調製しても大きな問題になることは少ないですが、乱視度数が強くて、遠近両用レンズでは見え方に大きな影響がでてきます。

「これ以上見えるメガネはない」そんなことはないでしょう。
なぜ、眼科はそんなに断定したがるの?

 

アイソトープ 入荷しました。

 

アイソトープとは化学用語で「同位体」の意。同位体(地球上の全てのものが構成している原子。

そのうち化学的性質は同じでも重さが少し違う原子のこと)のように、見た目は同じでも実際は異なる。主張していないようで主張している・・・。ジャパニーズハンドメイドで上質なモノを・・・。そんな思いをカタチにした2015年より本格スタートのアイウェアブランドです。(メーカーHPより)

Dscn19701

Dscn19711

Dscn19721

 

複視は辛い 8

<複視の事例 2>

その後、定期的に眼位を観察させていただくことにしました。
2ヶ月後には
眼位は
右 5△B.U.
になっていました。
5△B.U.でメガネを調製しました。

1年後には、右 8△B.U. と上下斜位が増えている傾向です。

そのころ、有名なF脳外科医の診断を仰いだところ、
「腫瘍は滑車神経の後ろにあって、ガンマ線の後遺症で滑車神経がやられている」とのこと。

F医師は「メガネ屋ごときが」とはおっしゃいませんでした。
さすが、わかってらっしゃる(^^♪

------------------------------------------------------------

眼球運動をつかさどる筋肉を「外眼筋」といいます。
外眼筋は、4つの直筋と、2つの斜筋で構成されています。
眼球運動の筋収縮には神経が関与しています。

外眼筋の神経支配は、

内直筋、上直筋、下直筋、下斜筋の4つが「動眼神経」
外直筋が「外転神経」
上斜筋が「滑車神経」
で支配されています。

19 外直筋
20 内直筋
21 上直筋
22 下直筋
23 下斜筋
24 上斜筋
正常な両眼視機能は、両眼の眼球運動が正常に働くことが条件です。

臨時休業のお知らせ

<臨時休業のお知らせ>

11月16日(水)は、臨時休業とさせていただきます。

11月17日(木)は、定休日です。

 

よろしくお願いいたします。

 

日本製 丸メガネ

日本製丸メガネ 入荷しました。

丸メガネの在庫、300本以上あります。

おそらく、四国で一番の品揃えです。

Dscn19571

Dscn19581

Dscn19591

Dscn19601

Dscn19611

 

複視は辛い 7

<複視の事例 2>

ウーン、当店で調製することのどこに問題があるのでしょうか。
C様はプリズム眼鏡なしでは、日常生活にも支障がでています。
その状況を少しでも緩和するために、当方とすれば全身全霊を傾けて調製しています。

C様のようなケースでは、眼位は不安定になりやすく、数回に分けて検査することもあります。

その場合、検査されるかたのご負担、体調なども考慮に入れて、慎重に丁寧に眼位検査をしていきます。
一つの検査だけではなく、複数の眼位検査をするときもあります。

視距離によって眼位が変化する可能性もありますので、5m、2.5m、40㎝での測定を実施します。

融像力検査もしていきます。

↑眼位検査に使用してるプリズムバー

そういう過程をへて、C様との共同作業で導き出されたプリズム値でメガネを調製をしていきます。

このメガネはC様と当方との共同責任になります。

「これのどこに文句があるの!」と言いたいです。

病院が手間暇かけて適切なプリズム処方ができるものなのやってください。
そしてその処方に責任を持ってください。

でも結果責任は持てないですよね。病院は結果責任を問われないところですから。
なら、光学的対応は眼鏡士を利用してくれればいいのです。

病院がすべてのことができるわけではないのに、光学的対応をする(病院ができないことをする)メガネ屋を非難するのはいただけません。

患者さんが何に困っているのか。何を望んでいるのか。もっとユーザー本位に考えてください。

結局、C様は配慮が足らない病院に不信感をいだかれました。
こうなると、患者さんも病院も不幸です。

ヨウジヤマモト

ヨウジヤマモト

入荷しました。

Dscn19551

Dscn19561

複視は辛い 6

 

<複視の事例 2>

50代のC様

急にものが二つに見えるようになった。高知の病院で診てもらったところ、「脳腫瘍」でした。

その脳腫瘍は、「取るにはリスクが大きすぎるので、取れない」との診断。

大阪の病院へもセカンドオピニオンを求めて受診されましたが、「やはり手術はリスクが大きい。今のところ手術はしないほうがいい」とのことです。

脳腫瘍が原因の眼球運動障害が発生しています。
複視があり眼精疲労が激しいので、当店でプリズム矯正をしてみることになりました。

遠視がありましたので、遠視の矯正をして
眼位は、
右 3△ B.U.
で矯正。2△B.U.では、複視になりました。
(上下方向は融像が難しいので、複視が起こりやすくなります)
水平方向への眼位ズレもあり、
2△B.I.で矯正。

そのメガネを病院で見せたところ、病院はメガネ屋の検査でメガネを調製したことを非難されたそうです。

 

Leowl in eye

Leowl in eye

パーツのイメージはフクロウを基に作られています。

フクロウの丸いフォルムのような、角の取れた作品になるようにデザインにしています。

Dscn19531

Dscn19541

複視は辛い 5

<複視の事例 1>

遠隔地のかたなので、メガネはお送りすることにしました。
後日B様から「調子良く使わせていただいています。横を見ても複視は気になりません」とのメールをいただきました。

B様は以前のメガネ(病気になる前のメガネ)は、車の運転時のみ掛けていたということでした。
B様は左右眼で度数差があります。それでは視機能に問題が発生しやすくなり、元々、上下斜位があったのかも知れません。

脳卒中の原因の一つにストレスがありますが、視機能に問題があると、ストレスに繋がりやすくなります。
「脳卒中の原因は斜位だった」可能性もないとは言い切れません。

その後、近見用メガネを調製にご来店されました。

遠見眼位は、
右眼上斜位 R 6.0~8.0△B.D.(ベースダウン)

近見眼位は、
R 17.0△B.D.(ベースダウン)
でした。

上下斜位量が増えています。

今回は、近方用メガネで
R Sー0.50D 
L S+1.00D C-0.50D Ax20
プリズム矯正は、R 10.0△B.D.で調製しました。

今後、脳の状態などによって、斜位量が大きく変動することも考えられます。
定期的に眼位を確認して、適切な矯正をしていかないといけません。

脳は、複視を嫌うので、複視を消すために網膜からの刺激を感受することを拒絶することがあります。
これを「抑制」と言います。
脳が混乱を避けるための防衛反応とも言えます。

もし、抑制が生じると正常な両眼視機能は、行えなくなります。
立体視もなくなります。

 

GUMMETAL

「ゴムまりのように、柔らかく、しなやかで、しかもチタン合金よりも腰が強い」そんな不思議な合金を用いたフレームです。

日常用として、スポーツメガネとして掛けていただけます。

MADE IN JAPANにこだわっている、当店からのおすすめの純日本製品メガネ。

Dscn19451

Dscn19471

 

複視は辛い 3

両眼複視を解消する方法として「片眼遮蔽(遮閉)」があります。

眼帯で遮蔽することもできますが、遮蔽レンズもあります。

↑遮蔽レンズと普通のレンズ

レンズを曇りガラス状に半透明にしています。
「オクルーダー」と呼ばれています。

この「片眼遮蔽法」、複視の自然治癒が期待できる期間は、できればしないほうがいいとされています。

遮蔽することによるデメリットも大きいからです。

 

複視を解消するための光学的対応としては「プリズム眼鏡」の選択があります。

プリズム眼鏡で両眼単一視を獲得できるのであれば、この対応は視機能的にも精神的にもメリットがあります。

眼位の変動も予想されますが、その場合はプリズム眼鏡の度数を変更すればOKです。

ただ、プリズム眼鏡は度数合わせなどの調製に、手間暇がかかります。光学的なテクニックも必要とします。

なので、積極的にやりたがらない(できない)医療機関もあります。

忙しい医療機関では無理もありませんが・・・・( 一一)

眼鏡職人の作ったメガネフレーム

日本の眼鏡職人が作った日本製のセル枠です。

セル枠の持つ重厚感と、温かみのある質感を楽しんでください。

当店は日本製のメガネを応援していきます。

Dscn19501

Dscn19511

Dscn19521

 

複視は辛い 4

複視とは一つのものが二つに見える現象です。

<複視の事例 1>

40代のB様

頭痛が続き病院を受診したが、原因不明でした。ロレツが回らなくなり専門医を受診すると「脳卒中」だった。

それで、直ぐ手術をされています。

当店には「時々、複視になります」とご来店されました。

5mでの基本度数は、
R Sー2.00D 
L Sー0.25D C-0.50D Ax20

遠見眼位は、上下方向の眼位ズレがあり
右眼上斜位 R 2.0△B.D.(ベースダウン)

眼球運動は、左眼の輻輳が弱いです。
動眼神経に問題が発生したので、やや内直筋に障害が出ています。

近見での眼位は、
右眼上斜位 R 8.0△B.D.(ベースダウン)
でした。

遠見眼位よりも近見眼位のほうがB.D.が大きかったです。
近見での複視が強く出そうです。

今回、遠方用メガネがご希望で、調製度数は
R Sー1.50D 
L S±0.00D C-0.50D Ax20

プリズム矯正は、R 3.0△B.D.で調製しました。
近見視も考慮に入れてのプリズム量です。

しかし、このプリズム量では近見視には複視が発生する可能性が高くなりますから、近用メガネもおすすめしました。

 

ヤットコ 細かい作業用

当店が細かい作業用に使用しているヤットコです。

Dscn20041

ピンセット

当店が使用しているピンセット類です。

時計用のピンセットもあります。

礼次郎作のピンセットもあります。

Dscn20031

乱視は? 11

乱視の自覚検査から基本度数を決定し、装用テストを経て、調製度数を選択します。この工程はお客様と当方との話し合い、委ねあいの作業になります。

当店で調製するメガネは、お客様と浜田 清と久美の共同作業で作り、共同責任になります
というのをしっかりと、意識していただきたいのです。

(自覚測定は、お客様本人がしている。測定者はその補佐をしているだけ。ということも言えます)

お客様にお願いしたいのは

一番目は
「お時間に余裕を持ってご来店ください」です。
時間的に余裕がない状態で検査に臨むのは、避けてください。

特に、
・老眼世代の40歳以上のかた
・眼精疲労のあるかた、
・時々、モノが二重に見えるかた
・首、、肩コリの強いかた
などのかたは、近見での丁寧な測定や、遠近両用の測定、詳しい眼位の検査も必要とする場合が多いので、十分に余裕を持ってご来店ください。

「えー、検査にこんなに時間がかかるとは思っていなかった」という、お客様のお声もよくお聞きしますので、これを一番にしました。

二番目は
「できるだけ体調や気分のいいときに、ご来店ください」です。
体調や気分が優れない時は、微妙な応答(判断)が上手にできないことも少なくありません。

それだけ、微妙な検査をしているということもあるのですが、体調の変化は自覚検査に影響があり、体調が悪い時に測定すれば信頼性の低いものになる恐れがあります。

二日酔いや、寝不足、強いストレスがあるときなどは、検査は避けたほうがいいです。

ただし、「できるだけ」と書きましたのは、体調が悪くなり眼の屈折度数が変化し、それでは不自由だからメガネを調製したい場合は、体調の悪い時でも検査するしかないですし、不眠症のかたなどは、常に寝不足状態ですから、その状態で検査します。

症状が改善されれば、屈折度数が変化することもありますが、それはそのときとお考えください。

「検査を受ける時間帯は、いつがいいでしょうか?」という、ご質問も時々いただきます。
このご質問には「起床直後とか食後直ぐとかは、できれば避けたほうがいいです。体調の安定している時間帯にご来店ください」とお答えしています。

なお、メガネの使用目的によりましては、時間帯をご検討ください。
たとえば、日中にご使用になる度付きサングラスをご希望でしたら、天気のいい日の日中にご来店ください。
主に、夕方夜間の車の運転に使用したい場合は、夕方以降にご来店ください。

三番目は
「しっかりと、ハッキリと見えた通りにお答えください」です。
自覚検査では、たとえば「Aのほうが見えますか、それともBのほうでしょうか、どちらも同じぐらいですか」という感じで、いろんな質問をさせていただきます。
それに対してお客様の的確なお答えがないと、検査はスムーズに運べません。

的確な答えといいましても、AとBがあきらかに見え方が違う場合は、キッパリとどちらかのお答えになるのですが、検査を詰めていくと、AかBか判別し辛くなってくるのです。

そのAとBが同じぐらいに見える点を探している検査の場合、AとBが同じぐらいと感じたら「ほぼ、同じです」としっかりとお答えをいただきたいのです。
「Aのようでもあり、Bのほうでもある。Aかな、いやまてよ、やはりB。いやいやA」とお答えいただくと、なかなか検査が先に進めません。

完璧にAとBは同じ見えかたになることは少ないので、「多少Aのほうがマシ」、「Bかな」でもいいのです。
お客様の口調などで、私が判断をしていきます。

剣道用メガネ「石舟」

剣道用メガネ「石舟

石舟(せきしゅう)は、以前にリリースした海舟(かいしゅう)と同じく、剣道用メガネによく見られる、メガネの安定性を増しています。

汗の落下を防止する、機能的な「汗止め」のパーツを、できるだけ自然に見えるようにデザインを工夫したモデルで、汗止めと、枠全体のラインとの一体感を重視しています。

Dscn19371

Dscn19381

複視は辛い 2

両眼複視が発生すると、車の運転はもちろのこと日常生活にも支障をきたします。
そんな場合、光学的対応として「プリズム眼鏡」の選択があります。

眼球運動障害の原因には、
・外傷
・血管性病変
・腫瘍
・動脈瘤
・炎症
や原因が特定できないものまであります。

急に複視になった場合、まずは病院へ行ってください。

フェミニンなメタルフレーム

テンプル(腕)に特徴のあるフェミニンなメタルフレームです。

正面からはもちろんこと、サイドから見られることを意識したメガネフレーム。

横顔がキレイに立体的に演出できます。

軽くてバランスがいい、チタンフレームです。

常に新鮮さを求めたデザインと MADE IN JAPAN にこだわった、確かなクオリティーとともにお届けします。

Dscn19341fe

Dscn19351

Dscn19361

乱視は?10

お客様の眼の基本度数(完全矯正値)を求めるには、「他覚的検査」と「自覚的検査」があります。

他覚的検査とは

他覚的検査とは、お客様の「見える、見えない」などの応答を必要とせず、測定者がオートレフ(コンピューター測定器)などの検査用具を使用して他覚的に度数を求めるものです。

自覚的検査とは

自覚的検査とは、お客様の「見える、見えない」、「どちらが鮮明か」などの応答を必要とする自覚的な検査です。

基本度数決定の原則は、他覚検査を経て最終的には自覚検査ですから、自覚検査は重要になります。
「しっかりした自覚検査をすれば、他覚検査はいらない」とも言えます。(ただし、検査時間がかかります)

自覚検査は、お客様の上手な応答も必要とします。

① ↓

② ↓

乱視の検査は、この①と②「どちらが鮮明でしょうか?」、「どちらがより見やすいでしょうか?」などとお尋ねしていきます。

これぐらい鮮明差があれば判断しやすいですが、微妙な差の判断は難しくなります。

その時の感情にも左右されることもあります。環境や時間帯によっても結果が変わることがあります。

不安定なのも人間であるがゆえの特徴です。

それで、検査が長くなることもあります。

メガネ作りはお客様との共同作業になります。

複視は辛い

複視とは一つのものが二つに見える現象です。

単眼複視と両眼複視があります。

単眼複視となる原因は、乱視などの屈折異常や白内障などの眼疾患です。
両眼複視となる原因は、外眼筋麻痺などの眼球運動障害や、斜視、斜位などの視機能異常です。

単眼複視の見え方は、「二つに見える」というよりも「ピントが合わない、ぶれて見える」という感じでしょうか。

一つのものが

上下方向に二つ、水平方向に二つ、などに見えるものが「両眼複視」です。

複視は辛いです。!

 

 

テンプル(腕)の長いフレーム

日本製で、「テンプルの長いフレーム」入荷しました。

・お顔が大きめのかた。
・耳までの奥行きが長いかた。
・通常のメガネフレームでは、テンプル(腕)の長さが足りないために、掛け心地がイマイチのかた。


当店は、テンプルの長いフレームを在庫しています。

Dscn19311

Dscn19331

 

乱視は? 9

乱視軸(乱視の方向)で、斜乱視は違和感が起こりやすいです。違和感の原因が斜乱視であれば、乱視軸を90°方向や180°方向に変更して、試してみましょう。

但し、乱視軸の回転は、矯正効果が低下します。(30°回転すると乱視の矯正効果はゼロになります)
たとえば
右眼 S-4.75D C-0.50D Ax130
左眼 S-3.75D C-1.00D Ax20

右眼 S-4.75D C-0.50D Ax110
左眼 S-3.75D C-1.00D Ax10

(Sは近視度数、Cは乱視度数、Axは乱視軸です)

乱視度数が問題であれば、乱視度数を弱めてみるという方法もあります。
こちらも乱視度数を弱めるこにより、矯正効果が変化します。その分近視、遠視度数で補うことができます。
たとえば
右眼 S-4.75D C-0.50D Ax130
左眼 S-3.75D C-1.00D Ax20

右眼 S-4.75D C-0.25D Ax130
左眼 S-4.00D C-0.50D Ax20
乱視軸と乱視度数の両方を、違和感が少なくなるように持っていくこともできます。

右眼 S-4.75D C-0.25D Ax110
左眼 S-4.00D C-0.50D Ax10

 

違和感の少なさを優先するか、視機能を優先するか、メリット、デメリットを天秤にかける作業です。

SABAE(鯖江)のメガネフレーム

福井県鯖江市河和田  美しい自然が残る

モノづくりが元気な街

時代が変わっても 受け継がれていく伝統と技

自然と一体になって 眼鏡づくりの職人たちが

こだわりの眼鏡を作り上げています。

あたたかな想いが形となって 生み出される作品たち

今日もまた 新しい歴史が生み出されます

Dscn19301

 

乱視は? 8

乱視の空間視の感じ方は度数の強弱によって違ってきますし、人それぞれで個人差も大きいです。

・メガネを初めて使用するかた
・前回のメガネとの度数差が大きいかた
・不同視のかた
・乱視度数の強いかた(特に斜乱視)
・プリズム矯正度数の強いかた(特に水平方向の斜位)
などのかたは、違和感が強くなる傾向にあります。

年齢や性格、意識などによっても左右されます。
それは、眼は脳と連結している器官だからです。(眼は脳の出先器官と言われています)
つまり違和感を覚えているのは、眼ではなく脳だということです。(あたり前・・)

当店がお渡ししている説明書には

● メガネについて

メガネは、慣れるまでにどうしても違和感があります。
レンズの性質上、実際より大きく見えたり、小さく見えることがあります。
乱視の方向によっては、傾いて見えることもあります。

度数の変化によっては、イライラしたり、気持ちが悪い、きつく感じる、などの不快感が起きることがあります。

違和感は、レンズの度数や種類、お客様の年齢や経験、前回との度数差、使用状況などによりまちまちです。(違和感は、平均して1~2週間ですが、もっとかかる方や、まったくない方もいます。)メガネを掛けて、徐々に眼になじませていただく努力も必要です。

新しいメガネに慣れてしまえば、違和感は気にならなくなりますが、なかなかなじまない時は、ご面倒ですがご来店ください。
メガネは上手に使いこなしてもらえれば、とっても快適で、良く見える便利な道具です。

と、記載しています。

メガネが初めての場合や、メガネが変わった場合、脳は直ぐ反応して、直ぐ順応するというわけではなく、ある程度の時間を要します。
その時間的な要素が、頭が痛い、クラクラする、気分が悪いなどの不快感となって現れます。

もちろん違和感はないにこしたことはないのですが、ゼロにはなりません。
新しいメガネに脳が順応することによって、気にならなくなるのですが、度数などにより時間がかかることも予想されます。

メガネを調製する場合、もちろん空間視のことも考慮に入れて調製していきますが、そのことだけを考えてメガネを調製しますと、視機能や必要視力などを犠牲にすることにもなります。
これは将来的な眼のことを考えれば、決していい方法ではありません。

やはり、メガネというものは眼位を含めた両眼の視機能を考慮に入れて調製するべきだと思います。

調製度数を決定するのは、最終的にはお客様になるのですが、やはり違和感のことだけを考えずに「視力のこと」、「視機能のこと」、「眼精疲労のこと」、などのことも必ず考慮に入れてください。

 

不思議なフレーム

「ゴムまりのように、柔らかく、しなやかで、しかもチタン合金よりも腰が強い」そんな不思議な合金を用いたフレームです。

日常用として、スポーツメガネとして掛けていただけます。

MADE IN JAPANにこだわっている、当店からのおすすめの純日本製品メガネ。

Dscn19051

Dscn19061

 

丸メガネ メガネ拭き 

丸メガネ研究会オリジナルメガネ拭きです。

Dscn19221

Dscn19211

 

乱視は? 7

乱視度数をいかに正確に測定するか! それがメガネ作りの基本です。

当店は、ビジョンテスターを使用しての乱視測定はしていません。

ビジョンテスターを使用して、接近ボックス視力表での検査は、不必要な調節が介入する恐れが高くなります。
これは、乱視の検査に大きく影響します。

こちらにもどうぞ→「度数の選び方2

当店は、より自然な測定方法であるテストフレームを使用して、乱視測定をします。

↑接近ボックス視力表

↑ビジョンテスター

乱視があれば(乱視がゼロのかたはほとんどいません)、できるだけ適切に矯正する!

これがメガネ作りの原則です。

ニューヨーカー(日本製)

ニューヨーカー 丸メガネ 入荷しました。

Dscn19131 

 

乱視は? 6

乱視の空間視の感じ方

乱視眼は、眼球の方向により屈折が異なる眼です。

方向によりレンズの度数が異なる乱視レンズで矯正することになります。
ということは、網膜像の拡大率が方向により違ってくるために、像が縦長に見えたり、横長に見えたり、傾いて見えたりします。

しかし、人間の脳は良くしたもので、このような違和感を取り除く処理能力ももっています。

その処理能力は個人差も大きくて、直ぐ処理できるかたもいますけど、なかかな処理できないかたもいます。
乱視度数が弱ければ、直ぐ処理できるというものでもありませんし、大丈夫かなと思うような強い乱視でも直ぐ馴染んでしまうかたもおられます。

馴染み具合は、そのかたの、度数、メガネ歴、または性格などにより左右されます。

 


乱視眼の矯正には、その乱視軸に合わせ、経線の屈折力が異なるレンズを使用します。

跳ね上げメガネ

跳ね上げメガネの入荷です。(オーバル型)

Dscn19071

跳ね上げメガネはいろいろのかたに、色んな使い方ができます。

①近視のかたで、手元はメガネを外して見たいかた。
②近視系のかたで、、遠近両用メガネを外して、手元を広く見たいとき。
③正視、遠視系のかたで、歩くのにメガネを外すほうが楽なかた。
④遠くの度数と近くの度数を二枚入れて、視野の広い遠近両用メガネにしたいかた。
⑤斜位を矯正するプリズムレンズを、遠用と手元用で別々にいれたいかた。
⑥サングラスと兼用で使いたいかた。
など、用途はさまざまです。

乱視は? 5



●クロスシリンダー測定
クロスリリンダーという道具を使用して、乱視を測っていきます。

この測定方法に「両眼開放屈折検査」を組み合わせれば、検出精度が一段と向上します。

 

当店は、±0.12、 ±0.25、±0.50、±0.75、±1.00のクロスシリンダーを駆使して、細かく乱視の測定をしています。

±1.00→±0.75→±0.50→±0.25→±0.12とより細かい測定になります。

通常乱視度数のレンズは0.25刻みになっていて、C-0.25D、C-0.50D、C-0.75D、C-1.00・・・・。とあります。
ですが、人間の眼の乱視は0.25刻みにはなっていません。
「0,25Dと0.50Dの中間ぐらい」、とか「中間よりはやや0.50Dに近い」ということがよくあります。

乱視を自覚検査において正確に把握することは、重要です。そのデータを基に、調製度数を決定する段階で、考慮に入れていきます。

 

いの町 よさこい

いの町商店街 よさこい交流演舞

10月16日(日)

さー、いの町で踊りましょう。(^^♪

Dscn19741

当店前も演舞ルートになってます。楽しみ(^^♪

 

«プラダンで対策

最近のトラックバック