« 秋の色 | トップページ | 水害と水不足 »

メガネが行方不明

メガネは必要なときは顔に掛けますが、不要のときは外します。
外して数時間がたつと、メガネは行方不明になるときがあります。

そうなると、家中くまなく捜しても見つからないことがあります。
「メガネや、どこへいったのトホホホ・・・」となって、仕方なく新しいメガネを購入することになります。
すると、不思議なことに、メガネを注文した日に行方不明だったメガネが見つかることがよくあります。
えてして、人生とはこんなものですね。

昨日も私の身にそんな出来事がおこりました。

それは車のキャリアを外したいのに、どうしても鍵が合わなくてキャリアが外れなかったのです。
何回やっても外れません。油をさしても外れません。それで、不本意ながらキャリアをつけっぱなしにしていましたが、昨日、意を決してキャリアを壊して外すことにしました。

金槌で、鍵部分をガーイン、ガイーンとブチ壊し、汗だくになりながら、悪戦苦闘して4箇所の鍵を取ることに成功しました。109
「どうだ、出来の悪い鍵野郎ついに壊してやった・・・」と思いながら、ふと工具ボックスを見ると、なにやら別の鍵が・・・・ショ、ショック・・・そ、それはキャリアの鍵だった。

そう、私は車のキャリアとは違う鍵でキャリアを外そうとしていたんですね・・・・そりゃー、いくらやっても外れないわけだ。

トホホホ、やはりえてして人生とはこんなもんでした。

« 秋の色 | トップページ | 水害と水不足 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の色 | トップページ | 水害と水不足 »

最近のトラックバック