« 遠視のお子さんに薄型加工 | トップページ | ハードボイルドのサングラス »

遠視の子供


眼が発達段階のお子さんは遠視のかたも少なくありません。

遠視の眼は絶えず眼の筋肉を使って調節(眼球の中の水晶体を厚くして、ピントを合わせる働き)をしている眼です。(未矯正の場合)遠くを見るときも調節しますし、近くものを見るときはもっと調節します。
それで、眼が疲れたり、肩がこったり、集中力がなくなったりなどの症状がでてきやすくなります。
また、遠視が原因でおこる「調節性内斜視」になる恐れもあります。

だから、遠視のお子さんはキッチリとメガネで矯正する必要があります。

だけど、遠視の眼は、発見が難しい場合があります。
「うちの子供は、遠くが良く見えているから大丈夫・・・」と思わないでください。
遠くが良く見えていても、近見視力が弱いお子さんもいます。

・遠くは良くみえるが、近くが見えづらい。
・遠くも近くもボヤケル。
・眼精疲労があり、頭痛や肩コリもある。
・根気、集中力がない。
・視線がなんだかオカシイ。


の症状があるお子さんは遠視の可能性もあります。

遠視は早期発見、早期対応が大事です。

« 遠視のお子さんに薄型加工 | トップページ | ハードボイルドのサングラス »

子供用メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠視のお子さんに薄型加工 | トップページ | ハードボイルドのサングラス »

最近のトラックバック