« ゴーグル | トップページ | メガネの違和感 »

丸メガネ研究会オリジナルフレーム「ピアストル」

細く軽やかな丸メガネ、丸メガネ研究会オリジナルフレーム『ピアストル』が誕生しました。

Dscn08531

『ピアストル』は、全体に軽やかで知的な雰囲気を醸し出すために、レンズを覆う部分や智や腕をかなり細く作ってあります。これに用いた、医療用の機器にも使用される、サンコバルト(コバルト合金)という金属素材は、チタンよりも細く延ばしても折れにくい、適度な弾力性がある、さびにくい、という特長を持っています。

ピアストルは、2サイズ(大きい方と小さい方)で、色はそれぞれ3色づつ。
どれも落ち着いた色で、伝統的な雰囲気を尊ぶ丸メガネによく合った色です。

小さい方のサイズは、39□25というサイズで、目と目の間の幅のサイズが58~64ミリの人に対応。

大きい方のサイズでは、39□31というサイズで、目と目の間の幅のサイズが、64~70ミリの人に対応。


腕も個性的で、いろいろな顔の大きさに対応できるよう、フィッティング性能を向上させつつ弾力性を持たせてあります。
それでいて、ブリッジ(中央部の棒パーツ)は、しっかりとした堅牢性を保持。その秘密は、伝説の高級素材「サンプラチナ」にあります。サンプラチナは、強靱で、さびにくく、弾力性の少ない素材ですから、メガネにかかる不規則な圧力が集中するブリッジには、もってこいの素材です。ちょっとやそっとの歪みの圧力にはへこたれないで、メガネにおいて特に大事な左右のレンズの位置関係を、ゆがませずに保てるのです。

« ゴーグル | トップページ | メガネの違和感 »

丸メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴーグル | トップページ | メガネの違和感 »

最近のトラックバック