« 近用メガネの心取り | トップページ | 大人の女性のセルフレーム »

さや侍

映画「さや侍」を観てきました。

松本 人志監督の作品です。

主演のさや侍(野見勘十郎)は、メガネをかけていました。

侍がメガネを掛けているということは、この映画ではメガネが重要なポイントになっているのですね。

メガネを掛けていなければ、この主人公は引き立ちません。

メガネを掛けることで、演技に味や妙がでてきていると思います。

メガネは演出にはかかせない小道具の一つです。

自分を少し変えたければ、メガネを変える(掛ける)のも、良い方法です。

それにしても、最近は映画を良く観ている・・・・。

先週は、プリンセストヨトミも観た。

それだけ、店の定休日に雨が降っているということですね・・・・。

« 近用メガネの心取り | トップページ | 大人の女性のセルフレーム »

高知の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近用メガネの心取り | トップページ | 大人の女性のセルフレーム »

最近のトラックバック