« 側溝の掃除 | トップページ | メガネという雑貨 »

映画の撮影は大変

「県庁おもてなし課」の映画撮影が、いの町で行われました。

撮影は、伊野駅前の電停で行われ、な、な、なんと当店の二階からバッチリ見学できました。

堀北 真希と錦戸 亮が絡み合うシーンも、バッチリ眼(マナコ)に焼きつけました。

しかし、撮影とは大変な仕事ですね。

夜の7時ぐらいから午前2時ごろまで撮影していましたが、同じシーンを何度も何度も撮り直したりして、役者もスタッフも大変です。

錦戸君がNGをだして、「すみません・・・」(おそらく)と謝っている場面もありました。

プレッシャーもかかる仕事ですね。

来年、封切されたら必ず観にいきます。

« 側溝の掃除 | トップページ | メガネという雑貨 »

いの町の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 側溝の掃除 | トップページ | メガネという雑貨 »

最近のトラックバック