« 作業用メガネ | トップページ | 偏光カーバイザー »

不同視

左右で屈折度数(遠視、近視の度数)が大きく異なっているものを不同視といいます。

不同視のかたのメガネで大きな問題は、レンズの「プリズム誤差」が生じて疲れやすくなるということです。

プリズム誤差とは
そもそも眼鏡レンズはプリズムレンズの集合体と言えます。
レンズの光学中心(光心)以外でモノを見ると、レンズのプリズム作用が生じてしまいます。
この場合、プリズム作用が生じたとしても、左右が同程度の度数であれば、左右眼ともにほぼ同じ量のプリズム作用が生じてきますので通常は問題になることは少ないです。
しかし、左右差のある不同視眼ですと、左右で生じるプリズム作用が大きく異なってきます。
この誤差を「プリズム誤差」といいます。

不同視のかたは、不同視のことを熟知している眼鏡技術者にメガネ作りを依頼されたほうがいいです。

安直に「これぐらい度数差があると、メガネでの調製は難しい・・・・」と教科書的なアドバイスは適切とはいいきれません。

不同視のかたでもそれぞれタイプがあり、人さまざまですから。

プリズム誤差が大きくても、案外平気なかたもいます。

それは、そのかたのメガネ経験歴や、メガネの使い方に左右される場合もあります。

また、不同視のかたはメガネフレーム選びも重要で、できるだけ頂間距離(レンズと角膜の距離)が短く設定(調整)できるフレームがいいです。

短く設定できるフレームは、「U字クリングス」のほうが有利です。


« 作業用メガネ | トップページ | 偏光カーバイザー »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 作業用メガネ | トップページ | 偏光カーバイザー »

最近のトラックバック