« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

ビジョントレーニング

眼(視覚機能)と脳を鍛えるには、ビジョントレーニングが有効です。

ビジョントレーニングに関する本です。Dscn52161

北出 勝也監修、講談社

ビジョントレーニングは、

・スポーツをしているかた

・車の運転をするかた

・集中力がないかた

・眼が疲れやすいかた

などに有効です。

視機能は、年齢とともにも衰える傾向にもありますから、眼を鍛えることはアンチエイジングにも繋がります。

また、眼を鍛えることにより、交通安全にも繋がります。

田舎では、車は足代わりですからね・・・・。

眼鏡店実習

古い資料を探していると、眼鏡学校時代の「実習記録」がでてきました。Dscn52141

懐かしいです・・・・なんせ35年以上前の学生時代のレポートですから。

Dscn52151

こんなことを書いていたんですね・・・・。(もうちょっと、しっかり書けよ!といいたい

眼鏡学校では、眼科研修と眼鏡店実習があり、眼科研修は大阪堺市の労災病院へいきました。

眼鏡店実習は、大阪心斎橋の春木メガネ店さんへいきました。

眼科研修では眼科学に関することを学び、眼鏡店実習では眼鏡実務に関することを学びました。

眼鏡調製において、フィッティング技術の重要性など・・・ですね。

そういうメガネ調製の技術は、メガネの通販などで、放棄されようとしています。

今、日本ではまともなフィティングをしない、できないメガネ店が多いこと・・・・。

濃い赤フィルターレンズ

Dscn52111 赤いフィルターレンズと、凄く濃い赤フィルターレンズです。

どちらも眼位(視軸の向き)の検査で使用します。

Kara34511

片眼に濃いレンズを装着すると、右眼と左眼の印象が大きく違うので、通常の融像ができません。

当店は、それを利用して、丁寧に眼位の測定をしています。

強度近視のかたや、不同視のかたに向いている測定方法です。

融像とは
左右の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能のことです。

眼位の検査は、メガネ調製には必須の検査です。

屈折度数のみの検査でメガネを調製するのは、怖い・・・・ということですね。

琴平神社の桜

いの町、琴平神社の桜です。Dscn52121 Dscn52131

今日は、風が強くて桜吹雪が舞っています。

お花見できるのは、あと4、5日・・・・。

桜は、あっというまに散ってしまう。

桜の命は短いなー。

短いからこそ、こんなにキレイに咲くのだろうか・・・。

ターニングのボストン

ターニングのボストンメガネが入荷です。

Dscn51971 Dscn51981

ボストン愛用者は、有名人のかたも多いです。

エリック・クラプトン、ジョン・レノン、スティーブン・スピルバーグ、ハリソン・フォード、

ロバート・レッドフォード・・・・など。

ボストンは、モノゴトがわかる知的な大人に選ばれるフレームです。

丸メガネ「リレ」新登場

クラシックでありながら、イタリアンテイストにこだわって製作した、ラウンドフレームの「リレ」が完成しました。

Dscn51991 Dscn52071

素材は「コバルト合金」と「サンプラチナ」という歯科医の歯の矯正具にも使われる、軽くて丈夫でさびにくい金属素材を使用。

薄く延ばしても折れにくい、チタンとは違った丈夫さの思想を体現しています。

こちら』にどうぞ。

当店は、丸メガネを200本以上在庫しています。

20本ではないですよ、にひゃっぽんです。

ウエリントンフレーム「ターニング」

ウエリントンフレーム「ターニング」の入荷です。

Dscn51941 Dscn51951 Dscn51961

ターニングは、福井県鯖江市のメガネ職人が作っています。

鯖江市の自然と一体になった、こだわりのメガネフレームです。

娘が卒業

娘の卒業式に出席しました。

Dscn5186

娘は美容専門学校を卒業して、美容師の卵になります。

雛にかえれるかどうか・・・・。

これで、二人の子供たちが社会人になりました。

ホッと一息です。

今後、イバラの道もまっているかもれないが、逞しく乗り越えてくれることを願う。

視機能トレーニング

アイパッドのアプリで、ビジョントレーニングがあります。

Dscn51921

視機能トレーニングセンターjoyvision、北出 勝也代表が開発されたものです。

このトレーニングは、眼球運動が滑らかに、かつ素早く動くようにします。

スポーツトレーニングとしても有効ですし、お子様の視機能向上のためにも役に立つアプリです。

視機能が向上しますと、集中力もよくなり、脳も活性化されます。

脳を鍛えるには、目から・・・・ということも言えます。

大きい超高機能樹脂フレーム(スポーツ用)

大きい超高機能樹脂フレームの入荷です。Dscn51631 Dscn51641 Dscn51651

メガネサイズは55□17ですが、フレーム全体の横幅は広いです。

弾力性に優れていますから、野球、サイクリング、フィッシング、テニスなどのスポーツ用メガネとしてもおすすめです。

これからの季節、このフレームに屋外で濃度が濃くなる調光レンズを入れると快適です。

眩しい光線から目を守ることができます。

悩みと脳

眼鏡士は、常に悩んでいる・・・・。

メガネ調製に関しては、100%満足というのはありえなくて、どこかが良ければ、どこかが悪くなります。

どこで、どう折り合いをつけるか、どこらへんまでなら妥協できるか・・・という調製にならざるを得ないので、どこかで不満がでてきます。

だ か ら 悩むのです。

で、「100%満足は、ありえないって・・・」と自分に言い聞かしますが、悩みます。

だ か ら、もやもやしたを気分を引きずっていくのです。

でも、悩むことは脳にとっては、悪いことばかりではありません。

悩みが脳を進化させることができますからね。

さー、今日もどうやったらユーザーに90%満足していてだくことができるか、大いに悩もう・・・。

メガネが真っ二つに・・・・

メガネが真っ二つに・・・・Dscn51481

ハンドバックの中から取り出したら、こうなっていたとのこと。

メガネは、ケースに入れていなかった・・・・。

こういうアクシデントは、ちょくちょくあります。

特に、セル枠は金属フレームに比較して、弾力性などが弱いので要注意です。

「メガネをバックに入れるときは、必ずハードケースに収納してください」。

もし、ハードケースがない場合は、せめてタオルやハンカチでメガネを包んでください。

ビオラが満開

店の横には、ビオラが満開です。

Dscn51431

当店の駐車場は、ビオラから60m先にあります。

もし、駐車場が満車のときは、このビオラの横に車を止めてください。

この道路は、駐車禁止ではありませんので、大丈夫です。

もし、ここの道路も満車?のときは、近所のローソンさんかサニーマートさんの駐車場もあります。(ただし、何か買い物をしてください・・・・)

店の前は、電車も通るし、車や自転車も頻繁に通る道路なので駐車はできません。

Dscn51471

この世はすべて「空」、

幻と気づけば、生も老も病も死もすべて無縁。

何事にもこだわらず、

今日から、

あるがままに生きていけます。

いらいらするな。

くよくよするな。

ぎすぎすするな。

おおらかに。

おおらかに。

にわぜんきゅうの般若心経

今日の言葉

Dscn51441

わかっちゃいるけどね・・・・・煩悩が強いし・・・反省・・・。

剣道用メガネ「ツルギ」

剣道の面の中にかけるメガネでも、お洒落心を失いたくないかたに・・・・・と思って、『TSURUGI(ツルギ)』を作りました。

Dscn51331

すでに剣道メガネをお使いのかたで、二つ目の剣道メガネをお探しのかたにもお勧めです。

肌にやさしい自然素材、セルフレーム(アセテート素材製)の「TSURUGI(ツルギ)」は、品格があり、きりっとしていて、しかもスマートなスタイルが自慢の剣道専用メガネです。

サイズは、フロント総横幅が112mmですので、大人用の面はもちろん、お子様用の面でも、ほとんど入ります。

剣道メガネ研究会のほかのオリジナル剣道メガネと同様に、ひもをつけるフックは、上下のとりつけ位置を調整できますので、左右の耳の高さが違う場合でも、水平を保って装用していただけます。


参考小売価格   ¥22、050(税込)


テレビの情報

テレビ番組で、時々眼に関することが放送されます。

たいていは眼科医が登場して、眼についての解説をされているのですが、疑問に感じる点もあります。

「いや、それは舌足らずだろう・・・」、「いや、そうとは断定できないだろう・・・」

「いや、そういう絶対的な根拠はないだろう・・・」、「えー、そんなー・・・・」

と思うことがあります。

ま、眼科医は眼の病気を治すことが本職で、眼の屈折(遠視、近視など)、や眼位(視軸の向き)などメガネ調製に関することには、あまり関心のない眼科医も少なくありません。

それならそれで、「光学的知識には疎いです・・・」と言えばいいけど、テレビではそういうことは言いません。

「メガネ作りは、まず眼科へ・・・」と言います。

「斜位は、眼科専門医ならキッチリと測定します」と断定します。

「いやー、そんなことはないだろう・・・・」

ま、所詮テレビは電動紙芝居、テレビの情報は鵜呑みにしないほいうがいいですね。

機能の発達

高知新聞に「迫力フィギュア続々」という記事が載っていました。

自閉症の高校生が独自の感性でフィギュアの製作活動をしている・・・・と。

このフィギュア、素晴らしい!Dscn5128 迫力満点。

この少年今後、日本でいや世界で脚光を浴びる可能性大でしょう。

「なんらかの障害を持っているかたは、なんらかの機能が発達する・・・・」ということも聞きますが、この少年はまさしく才能という機能が発達しています。

目に関しては、遠視、近視、乱視という屈折異常のかたも、なんらかの機能が発達しているかたも少なくありません。

たとえば、優れた役者さんには強度近視のかたが多いとか。

私は、近視系で不同視というちょっとややこしい目なのですが、この目のおかげで眼鏡士としてのある部分の機能が発達していると思います・・・・。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック