« 琴平神社の桜 | トップページ | 眼鏡店実習 »

濃い赤フィルターレンズ

Dscn52111 赤いフィルターレンズと、凄く濃い赤フィルターレンズです。

どちらも眼位(視軸の向き)の検査で使用します。

Kara34511

片眼に濃いレンズを装着すると、右眼と左眼の印象が大きく違うので、通常の融像ができません。

当店は、それを利用して、丁寧に眼位の測定をしています。

強度近視のかたや、不同視のかたに向いている測定方法です。

融像とは
左右の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能のことです。

眼位の検査は、メガネ調製には必須の検査です。

屈折度数のみの検査でメガネを調製するのは、怖い・・・・ということですね。

« 琴平神社の桜 | トップページ | 眼鏡店実習 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琴平神社の桜 | トップページ | 眼鏡店実習 »

最近のトラックバック