« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

青色光をカットするクリップオン

■ ブルーライトの侵入を軽減させるクリップオンレンズも在庫しています。

5色あります。

Dscn73721

白内障・翼状片・加齢黄斑変性等の眼病予防に!


青色光による網膜障害の危険性青色光(ブルーライト)とは、可視光線の中で380nm〜495nm(ナノメートル)の光域のことです。
可視光線の中で最もエネルギーが高く、眼の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。
近年普及しているLEDにはこのブルーライトを多く含んでおり、パソコンのモニターやポータブルゲーム機、スマートフォンのディスプレイなどに用いられています。
このブルーライトに目をさらし続けると、目にさまざまな弊害が生じる恐れがあると指摘されています。

詳しくは『跳ね上げサングラス』にどうぞ。

小顔のかたにおすすめフレーム

小顔のかたにおすすめのメガネです。

Thi341 Lll3511

メガネサイズは、41□23。

PD(瞳孔間距離)は、58mm~66mmのかたに適合します。

メガネは、基本的にお顔とPDに適合するものをお選びください。

当店は、サイズにこだわって品揃えをしていますから、お顔の小さいかたから、ビッグサイズのかたまで、対応できます。

ボストンフレームとランドナー

ボストンBbb781 ナイロールフレームが入荷しました。

Bbb791

ボストンフレームは、長~く掛けられるフレームです。

自転車でいえば、長~く乗れるランドナー

ランドナーに、視野が広いボストンメガネ。サイクリングがより楽しくなります。

ボストン跳ね上げメガネも好評です。

アイパッドスタンド

アイパッドのスタンドを購入しました。

Dscn73571

アイパッドは、お客様のフレーム選びのお手伝い

眼位 (視軸の向き)の動きを撮影

レンズの厚みなどを計算

メガネや目に関する情報を提供

などで活躍しています。

今回は、アイパッドを視力表として使用する目的でスタンドを購入しました。

Dscn73581

これなら移動が簡単にできますから、店内のどこでも視力測定が可能です。

便利です。

アイパッドで、視機能トレーニング も可能です。

ご相談ください。

眼鏡処方箋の憂鬱

眼科が発行する眼鏡処方箋。

処方箋には、調製度数が記載されています。

通常、調製度数をテスト枠にセットして、見え方などの確認をしてもらいます。

(メガネ店によっては、確認をしないところもあるようです)

その場合、「この度数では具合が悪い・・・・」とユーザーから訴えられたら・・・・。

メガネ店の対応としては、

1、「もう一度眼科に行ってください」

2、「では、当店で検査してみましょうか」

となります。

どちらの対応が良いのかは一概には言えませんが、ユーザー本位に考えれば2番でしょうね。

しかし、2番の対応は、眼科への対応に気をつかいます。

処方箋度数とは違う度数でメガネを調製するとなった場合、眼科に睨まれる可能性がありますから・・・。

いや、それよりも「眼科とユーザーの関係に気をつかう・・・」と考えることもありますでしょう。

ウーン、1番でも2番でもややこしくなりそう・・・。

やはり、「治療を目的としない普通のメガネ調製は、メガネ店にまかせてほしい」と思います。

メガネ店にまかせてもらえれば、眼科とメガネ屋のややこしい関係はなくなり、処方責任の所在がハッキリとしますから。

眼科との連繋って?

眼鏡新聞に眼鏡店商況アンケートが載っていました。

経営戦略として、今後の注力点についてアンケートをとったところ、

14位に「眼科との連繋を密にする」との項目がありました。

「連繋を密」というのは、どういう意味なのでしょうか。

連携と連繋の違いは・・・・。

私が思うには、

たとえば、A眼科がBさんを診察して、「Bさんは、目の病気はありません。Bさんは、遠近両用メガネをご希望なので、Bさんの使用目的などに考慮して、上手にメガネを調製してください」と、眼鏡技術が優秀なC店に、メガネ調製の依頼をする。

これが、A眼科とC店の連携。

C店は、眼鏡処方箋をA眼科から回してもらうために、「処方箋で不具合があった場合は、すべて当方で無料交換します。また、売上の○○%はキックバックいたします」と、A眼科はBさんの意向を無視して、商売熱心なC店にメガネ調製の依頼をする。

これが、A眼科とC店の連繋。

連繋は癒着に繋がるから、密になるのでしょう・・・・。

では、眼科と「提携」しているメガネ店は・・・。

提携とは、眼科とメガネ店が互いに助け合うことですから、メガネユーザーにとっては、はなはだ不利益になるかも知れません。

MBTという靴

MBTなる健康靴を近所のアクトスポーツさんで購入しました。

Dscn73451 ソールが湾曲していますから、不安定な靴です。

この靴を履けば、不安定を安定させるように、身体が努力しますから、その努力が、健康に繋がる・・・・ってことでしょうか。

「バランスボードが靴になった」感じですね。(詳しくは、MBTのHPをご覧ください)

私たちは、夫婦で健康オタクですから、こういうものは、大好きです。

もちろん、健康効果があるかどうかは、実際に履いて試してみないとわかりません。

効果があれば、「私にとっては、良い買い物になりました」と言い、効果がイマイチであれば、「・・・・」。

ひとつ、言えることは、この靴を履いてビジョントレーニングをすれば、よりレベルの高いトレーニングになります。

身体と目と脳は、連動していますからね。

フィギアスケート

ソチ五輪、男子フィギアスケート 羽生選手 金メダルおめでとうございます

眼鏡士としては、フィギアスケートをしている選手の目に注目しています。

目とスケートとの関係は。

あれほどのスピードで回転するのだから、外眼筋に問題が出てくるのでは・・・。

Gan45611

外眼筋では、外直筋よりも内直筋の作用が強いので、するどく回転をすればするほど、目は内側に引っ張れることになり、結果、内斜位 になりやすい・・・・。

近視の目は外斜位になりやすいので、近視の目は問題ないのですが、遠視の目は内斜位になりやすいので、遠視の選手は内斜位傾向になる。

あくまで、推測ですけどね・・・。

もし、この推測が正しいものとしたら、外斜位のかたのトレーニングになるのでは。

あ、でもクルクル回転させると、目が回りますから別の問題が起きてきます・・・。

自転車のスタイル

お客様から自転車に関する問い合わせをいただきました。

私の趣味が、サイクリングですから

私のマイ自転車は、ランドナーとMTBで、主に舗装された山道や田舎道を走っています。

Ranndona

排気ガスの多い幹線道路などは、ほとんど走りません。

景色を見ながら、良い空気を吸いながら、のんびり走るのが、私のサイクリングスタイルです。

これは、仕事のスタイルにも繋がっています。

「じっくりと時間をかけて、丁寧にメガネを調製する」が、基本のスタイル。

ロードバイクのように、スピードを競うことはありません。

品揃えは、伝統的で、実用的なメガネフレームを数多く在庫しています。

私の自転車は、自分の身体に合わせてオーダーメイドで作りました。

そんな自転車とメガネの共通点は、・・・・。

どちらも「店選び(人選び)が大切」ってことですね。

作る人間(組み立てる人間)によって、精度が変わる商品ですから。

あ、それとサイクリングはのんびりですが、仕事ではのんびりとはしていません。

ブリッジ幅が選択できる丸メガネ

ブリッジ幅が選択できる丸メガネです。

Dscn73371

41□20 41□22 41□24 の3サイズ

41□20 → 瞳孔間距離が57~63ミリくらい
41□22 → 瞳孔間距離が59~65ミリくらい
41□24 → 瞳孔間距離が61~67ミリくらい
のかたに適合します。

小顔のかたから、普通顔のかたにお勧めの丸メガネです。

バランスも良く、掛け心地がいいです。

メーカー加工の不備

通常、メガネはメガネ店で完成品にします。

調製度数レンズをメーカーに注文→メガネフレームに、店舗で加工して、メガネに仕上げます。

Dscn73421←加工機

その加工技術は、メガネ店によってレベルの差があります。

当店は、レンズの下縁の白い全反射を目立ちづらくする「アンダースッキリ加工 」の技術を習得しています。

また、レンズを適切なサイズに加工して、できるだけヒズミがないように「うれしい加工 」もしていきます。

加工技術は、メガネ調製技術でも大切な技術なのです。

しかし、レンズ種類の中で、「メーカー加工」しか受け付けないレンズがあります。

メーカー加工とは、フレームのデータをパソコンでレンズメーカーに送り、メーカーでフレームの玉型に加工してくるものです。

これが、常に適切なサイズに仕上がってくれば問題ないのですが・・・・適切なサイズに仕上がってこない場合が多いです。

手摺りで、修正できるレンズは当店で手直しをしていきますが、近視度数が強い場合は修正が難しい場合もまります。

そんな場合は、大きめの玉型でレンズメーカーに注文して、当店で再度加工して調製していきます。

Dscn73061

あーぁ、「メーカー加工しか受け付けない」というのは、やめてもらいたいですね。

当店はそういうレンズは、積極的に販売したくありません。

視機能トレーニング

視機能トレーニング」のページをアップしました。

Dscn73201

・パソコン作業で疲れやすい

・時々、モノが二重に見えるときがある

・目が疲れやすい

・集中力がない

などの症状があるかたに、視機能トレーニング(ビジョントレーニング)が有効な場合があります。

当店でメガネをお買い上げのかたには、視機能トレーニングもしていきます。(ご希望のかたに)

スポーツ能力、学習能力を高めたいかたもご相談ください。

剣道用メガネ「一刀斎」

剣道メガネ研究会オリジナルフレーム「一刀斎

Dscn73102

剣道専用メガネの一刀斎(いっとうさい)が、新登場です。

剣道メガネ研究会オリジナルフレームとして、新たなステージに踏み出しました。

これまでの汗止めパーツに変わる「ブリッジパーツ」。
この形状のパーツを採用することで、安定感を確実なものとしました。

サイズは2サイズありますから、お子様にも大丈夫です。


一刀斎は、メイドインジャパンです。


参考小売価格   ¥22、050(税込)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

最近のトラックバック