« 高知の文旦 | トップページ | 白内障術後のメガネ »

プリズム入りレンズは・・・

レンズの周囲に掘られた溝に、ナイロンなどの糸を沿わせて保持するタイプのフレームを「ナイロール」、「ハーフリム」と呼びます。

ナイロールフレームにプリズム入りレンズ で調製しました。

Dscn8590

プリズムレンズの基底(レンズの厚いほう)が上下方向だったので、左右でレンズの緑厚が大きく違っています。(右レンズの基底は下、左レンズの基底は上)

ナイロールフレームはレンズがむき出しになりますから、プリズムレンズの厚みの違いが目立ちます。

ということは、メガネの大切な要素の一つである「美的要素」にやや問題が生じてきます。

お客様のご希望でご持参ナイロールフレームに調製したのですが、できればフルリムフレームに入れることがおすすめです。

ま、ナイロールフレームに入れても光学的要素には問題はありませんので、「できれば・・・」です。

 

« 高知の文旦 | トップページ | 白内障術後のメガネ »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高知の文旦 | トップページ | 白内障術後のメガネ »

最近のトラックバック