« 丸メガネ「バートランド」 | トップページ | 車が故障 »

不同視は野球が苦手・・・。

不同視の子供は、遠近感が不良になる可能性も高くなります。

遠近感が悪くなると、野球などの球技スポーツが苦手になります。

苦手なスポーツは危険も伴うのでやらなければいいのですが、団体生活では「イヤダ!」とは言いづらいです。

私も野球やソフトボールは苦手で、イヤな思いは数えきれないぐらいしています。

野球が下手なものは、たいていは外野の守備に回されます。

ボールが飛んでくる確率が低いライトですね。

でもね、不同視の人間にとって、外野が最も難しいポジションです。

外野への飛球をキャッチするのは、そりゃー至難の業です。

(体験したいかたは片目をつぶって、やってみてください)

だから、ボールを額で受けて大笑いされたとか・・・の経験をしているんですね。

(ま、プロ野球でも額で受けた中日の選手がいましたね)

外野の後ろを守る人間はいないので、ボールをひたすら追い掛けることも何度も・・・というかほとんどマトモにキャッチした記憶がない・・・・。

あー、不同視はつらい。

« 丸メガネ「バートランド」 | トップページ | 車が故障 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸メガネ「バートランド」 | トップページ | 車が故障 »

最近のトラックバック