« 中国製のフレームが・・・・ | トップページ | 日本製 大きいメガネ »

学童期の眼位矯正

近視で、眼位(視軸の向き)に問題がある学童期のかたの場合。

斜位をプリズム矯正したほうが、眼位が整うなのどメリットがある場合、将来的なことを考慮に入れてプリズム矯正をしたほうがいいです。

(もちろんデメリットVSメリットを考えます)

それは、眼位に問題がある場合、大人になって苦労する確率が高くなるからです。

実際に私も大人になった苦労したクチです。

しかし、学童期のかたにプリズム矯正をするのは困難なことも少なくありません。

それは親御様に眼位の説明、プリズムの説明をしないといけないからですね。

成人のかたであれば、検査をしつつ、視力表でもって視標を見ていただいて「これが眼位ズレです。これをこのようにプリズム矯正をしていきます・・・・」という感じで説明ができます。

しかし、それを第三者である親御様に眼位ズレ云々の説明をしてもピンときてくれません。

それはそうです。近視でもなく眼位ズレもないかたには「眼位ズレって何?」って感じです。

不審に思われるかたもいますし、「え、うちの子は病気・・・」と思われるかたもいます。

(斜位そのものは病気ではありません)

それを親御様にご理解をいただくために、私たちはあの手この手を駆使して奮闘していく訳です。

それと学童期のかたのプリズム矯正の問題点が・・・。

眼科がからんでくる場合があるからです。

視機能に関心が薄い眼科は、斜位を矯正するメガネ屋を非難することもあります。

「メガネ屋がプリズム矯正などもってのほか・・・」と。

あきらかにプリズム矯正をしたほうが適切と思われる事例でも「プリズム矯正をしない方針」の眼科もいます。

眼鏡商人として考えれば、眼科に睨まれないように対処(プリズム矯正をしない)をしていったほうが賢明なのですが、眼鏡技術者とすれば・・・・・・。

私も眼鏡商人であり、眼鏡技術者なのですが、どちらを優先するか・・・ですね。

幸い自店は眼科とのしがらみもないし、自分の考えで行動できる技術者(店主)でもあるので後者を優先することが多いです。

« 中国製のフレームが・・・・ | トップページ | 日本製 大きいメガネ »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国製のフレームが・・・・ | トップページ | 日本製 大きいメガネ »

最近のトラックバック