« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

セラコートフレーム

「セラコート」フレームの入荷です。

Dscn09151Dscn09501Dscn09511Dscn09521

優れた性能を併せ持つ表面処理「セラコート」

メリット

①塗装面に傷がつきにくい。 非常に硬い表面硬度・・・鉛筆高度9H(カラーによって違う)と、非常に硬く 表面塗膜が傷つきにくいです。

②塗装剥離が広がりにくい。 優れた密着性・・・衝撃が加わっても剝がれない密着性があり、 クラックからの剥離が広がりにくいです。

③汗などに侵されにくい。 優れた耐腐食性・・・5%濃度塩水による継続噴射検査に於いて 3,000時間以上をクリア。

汗などの要因で起こる塗装面の腐食、剥離の広がりに対し 強い耐久性を得ました。

海釣りをするかた、スポーツをするかたにおすすめのフレームです。

メガネの通販は・・・

通販で購入されたサングラスのフィッティング調整のご依頼がありました。

当店は、通販で購入されたメガネの調整 はお断りしています。

通販でメガネを購入しようとお考えのかた、もう少しよ~く考えてみてください。

 通販では、お顔に合う枠を選ぶのは困難です。

 通販では、お顔に合わせて調整することができません。

 通販では、眼に合わせて度数の調整をすることは困難です。

 通販では、眼に合わせてレンズの中心位置を設定することができません。

 通販では、売ったら売りっぱなし、買ったら買ったきりになります。

 通販では、もし、見え具合が悪くてもどうにもなりません。

 通販では、もし、耳や鼻の当たり具合が悪くてもどうにもなりません。

 通販では、アフターケアを受けるのは困難です。

テンプル(腕)の長いフレーム

テンプルの長いフレーム が入荷しました。

Dscn09131Dscn09111

お顔が大きくて、耳までの奥行もあるかたに適合します。

鼻幅(ブリッジ)も広くしましたので、PD(瞳孔間距離)の広いかたにも適合します。

すべて日本製です。

スポーツゴーグルをアップ

スポーツゴーグル 2017 ニューモデル

当店HPにアップしました「スポーツゴーグル

入荷カラーは

。イエロー×ブルー×イエロー
・ブラック×ブラック×ブラック
・ネイビー×ネイビー×ネイビー

Dscn09371


イエローはいままでにない斬新なカラーです。

久万スキーランドで遊ぶ

2月26日(木) 

久万スキーランド で遊びました。

スキーをしている人は、シニアのかたが多いです。

シニアのかたは丁寧に一本一本を滑るかたもいます。(そういう人が多い)

滑り方にこだわりがあるのだろう・・・・。

若いかたは、圧倒的にスノーボーダーをしています。

小さな子供にスノボを教えているお母さんもいました。

1485480202548

この子が上手に滑るのです。

暖かくて気持ちのいいスキー日和でした。

8カーブレンズ

8カーブレンズを丸メガネに入れてみました。

Dscn09471Dscn09491Dscn09481

8カーブレンズはレンズカーブが一般のレンズに比較して強いです。

Dscn09421 ←この8カーブレンズはS-2.25Dという度数です。

同じ度数の一般レンズは、3.8カーブです。

Dscn09461 ← 屈折率 1.5球面レンズ


8カーブレンズは光学性能に優れている面もあるのですが、レンズの厚みが目立ってくる場合もあります。

それと、スポーツ用フレームなどのそり角の強いフレームに入れた場合、度数によっては強く違和感を覚える場合もあります。

レンズ補正を入れることにより、違和感は少なくなることもあるのですが、これも度数によりけりです。

その点、普通の丸メガネに8カーブレンズを入れると、そり角による違和感もなく、8カーブの光学性能のみを楽しむことができます。(そういう発表もあります)

丸メガネと8カーブレンズとの相性はいいのです。

大きいメガネ「エルゴノピー」

稀勢の里関 優勝おめでとうございます。

関取といえば大きいたくましい顔。

大きい顔にはもちろん大ききメガネ。

大きいメガネ「エルゴノピー 」の登場です!

Dscn09262

未来を見据える大きいメガネフレーム「チタン抜き枠」。

一枚のチタン板から切り出して作製した新たなる大きいメガネフレームが到着。

モデル名は「エルゴノピー」といいます。造形のテーマは「未来」となっています。

大きさは60□18と大型ですが、腕部分の横への張り出し幅も充分にとってあるため、相当な大型フレームの部類となります。

スポーツゴーグルメガネ ニューモデル

スポーツゴーグル  タイプ1 ニューモデルが入荷しました。

Dscn09251

先日、お電話で問い合わせがありましたので、取り急ぎブログにアップしました。

クリア系のウエリントンフレーム

クリア系のウエリントンフレームの入荷です。

Dscn08971


サイズは、53□18  天地幅 37mm SABAE(鯖江)フレームです。

クリア系のセル枠はソフトな印象になります。

プライベートやビジネスに幅広く掛けていただけるフレームです。

メガネブクとメガネのシャンプー

メガネの発砲洗浄剤「メガネブク」です。

Dscn09061

強力な泡と酵素のパワーで水洗いでは落ちにくい皮脂などの汚れをスッキリとクリーニングします・・・・・・。

と、まぁーメガネはキレイになるのは間違いないのですが、キレイになりすぎるきらいもありました。

ということは、コーティングが劣化したレンズなどに使用すると、コーティングが剥がれる恐れも出てくるということです。

ということで、当店はメガネブクの販売はひかえています・・・・・・。

かわって販売しているものが「メガネのシャンプー」です。

Dscn09071

これならつけ置きすることはありませので、メガネブクに比較して安心です。

なお、メガネブクは当店に在庫のある分は無料でお渡ししています。

弱視

事例

30代のB様

「眼鏡処方箋でメガネを作ったが見えづらい。原因は・・・」とご来店されました。

矯正視力(メガネを掛けての視力)は、

右眼 0.4 左眼 0.4でした。

他覚値検査 をしてみますと、

オートレフ検査では、信頼係数が「5」でした。

信頼係数というのは、角膜、水晶体などの状態が良好な場合は「9」の数値が出ます。

つまり数値が低いほど、眼に問題がある可能性が高くなります。

(ただし、コンタクトレンズを装用しているかた、強度度数のかたなどは数値が低くなる傾向にあります)

レチノスコープ検査では、透光体などになんらかの問題がある「色」が観察できました。

色というのは重要な要素で、30代で健康な眼のかたは鮮やかなオレンジ系の色が観察できます。

B様の場合、どんよりとした濁ったような色でした。

この観察で、眼そのものに問題がある可能性が高く「矯正視力は出づらいだろう・・・」と推測できます。

自覚的検査で度数のチェックをしますと、あんのじょう度数を探ってみても矯正視力は高くなりません。

残念ながら矯正視力を良くすることは、メガネ屋ではどうしようもない事例です。

B様は眼科には2軒ほど行かれましたが「病気はない・・・」と言われたそうです。

病気ではないけど弱視・・・・・。そういうこともあります。

なんらかの問題が幼少期にあり、見る学習をしていなかったとか・・・・です。

でも、B様は「以前は見えていた・・・」とおっしゃいます。

私は眼の中に問題があるように思うのですが、「西洋医学的には問題ない」ということなのでしょうか・・・・。

なお、当店はメガネ調製(メガネを作る)のための検査はしていますが、病気の診断が目的の検査はしていません。

ご了承ください。

言葉

今年は日めくりカレンダーを新しくしました。

Dscn09081


本日 18日の言葉は

「あなたの言葉に元気をもらいます。あなたの笑顔にしあわせたくさんもらいます。 ありがとう」

Dscn09091

メガネ調製の基本も言葉です。

言葉のやりとりでメガネ調製の基本である「自覚的検査」をしていきます。

つまり言葉によって、自覚的検査の精度が左右される面もあります。

ですから、言葉一つでメガネ作りに失敗することもあります。

もっと、もっと、上手に言葉を駆使することが当店の課題でしょう。

「元気をもらいました」と言ってもらえるように頑張ります・・・・。

「頑張る」という言葉がいいのかどうかわかりませんが・・・。

趣味はスキーです。

私たち夫婦の共通の趣味は「スキー」です。

スキーは30数年前に私が眼鏡学校の学生時代に始めたのがキッカケで、途中ブランクがありましたが、今でも続いている趣味です。

昔はリフト待ち30分・・・なんて時代もありましたが、スキー人口は30年前に比較して大幅に減っています。

でも、お正月は外国人のかたがたくさん日本のスキー場に来られていて、混雑していました。

どうやら、日本は雪質がいいそうです。

白馬山麓のホテルオーナーの話では、外国人さんでも西洋系のかたは八方スキー場に、東洋系のかたは栂池高原スキー場にいくかたが多いとか。

西洋人は八方でガッツリ滑り、東洋人は栂池でノンビリ滑るかたが多いからだろうか・・・。

私は東洋人でかつシニアなので栂池でノンビリと過ごしました。

1483949414704

スキーに大切なものはといえば、スキー靴、スキー板がありますが、それよりも大切なものは「目」です。

キッチリとした視界を確保していないとスキーにはなりません。

目の保護も大事です。

スキーには転倒がつきものですから、ゴーグル着用は必須です。

ゴーグルの中に入りやすい丸メガネが「ピアストル」です。

実際に自分用のピアストルで、使用してみました。

https://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2016/10/post-77c1.html

ゴーグルの中で収まりがよく、スキーが快適にできました。

そのままレストランなどで使用しても、まったく違和感はありません。

ただし、レンズにはしっかりと曇り止めクリーナーを塗っておいたほうがいいです。

メガネレンズの設計

単焦点レンズ(遠近両用レンズではないレンズ)には、球面設計と非球面設計レンズがあります。

レンズにキズが入ったなどの理由で交換したい場合、

同じ度数で作ったとしても、メーカーが変われば違和感が発生することもあります。

その違和感は、たいていは掛けているうちに、段々と気にならなくなってきます。

それは人間には適応能力が備わっているからですね。

でも、適応能力は個人差も大きく、環境などにも左右されます。

季節の変わり目に弱くなるかたもいます。

ですから、レンズを交換する場合、できれば同じメーカーのレンズを使用したほうが無難です。

また、球面と非球面では

球面レンズのほうがメーカーが変わっても馴染み易いように感じます。あくまで私の主観ですが・・・・。

なお、近視で弱度の場合、当店は非球面レンズはおすすめしていません。

理由は、非球面レンズのデメリットがメリットを上回るからです。

もちろん、すべての非球面レンズというわけではありません。

年頭所感

眼鏡新聞 新年特別号には毎年重鎮のかたがたの「年頭所感」が載ります。

Dscn08961


ここ数年眼鏡業界及び世情を憂える話題が多いのですが、今年も所感の内容は同じようなものですね・・・・。

景気が悪い、店舗数が減る、各組合の会員数が激減する・・・・等々。

だけど嘆いていても埒は明かないので、

「今年も精一杯やるぞー、それでダメなら仕方がないとあきらめましょう・・・」と、まぁ、私もいつもの念頭所感?でした・・・・。

町の魚屋さん

高知新聞に「いの町 鮮魚店がブース」の記事が載っていました。

記事によりますと、

昨春延伸した高知西バイパスの影響で交通量が減った町中心部に少しでも人の流れを呼び戻そうと、同町の鮮魚店が土曜日の昼に「立ち食いコーナー」を設ける。

とのことです。

魚は目の健康にはもってこいです。

特に青魚にはDHAが含まれていますから、眼精疲労の改善も期待できます。

目の健康にいいということは脳機能の活性化も期待できますから、特に頭を使うかたは肉よりも魚をたくさん食べたほうがいいと思います。

魚を食べることにより、いの町が活性化できたら、言うことないですね。

なお、町の鮮魚店は近所の店「魚兼」さんで、いつもカツオでお世話になっている店です。

私はカツオには目がないですから、刺身は魚兼さんで購入します。

スーパーのカツオとは一味違うと思います。

メガネ屋もそうですけど、魚屋も餅は餅屋でしょうね・・・。

2017年 ウエリントンフレーム

2017年 新年に入荷のウエリントンフレームです。

Dscn08931Dscn08942


ホールド感に優れたセル枠です。

鼻当ては調整できる、パッド付きです。

今年もウエリントンフレーム をよろしくお願いいたします。

ラミレス選手が高知に

いやー、驚きました。

マニー・ラミレス選手 高知FDに入団!

ほんまかいな?

「冗談だよ・・・」って言うんじゃないの・・・って思うけど、どうやら本当らしい。

でも、まだ半信半疑だ!

だって大リーグメジャーの超一流だった選手ですよ。ラミレスさんは。

そんな選手がなぜ高知FDなの? って思いますよ。

ひょっとしたら、カツオのタタキが好物だとか・・・・?

いや、それとも高知のハチキンが大好きか・・・・。

いずれにしろ、高知に来ていただけるのは大歓迎です。

できれば、豪快なホームランを見てみたい・・・・。

ラミレスフィーバーに期待しています。

加工時の臭い

当店はメガネレンズの加工は、ほぼ100%自店内で行います。(特殊品を除き)

自店でやるからこそ「アンダースッキリ加工 」などの特殊な加工ができます。

(アンダースッキリ加工の技術を習得している店は限定されます)

ヒズミが少なくなるように、微妙なサイズ調整 もしていきます。

玉型変形加工もお受けしています。

と、メリットの多い自店加工ですが、デメリットは加工時に研磨臭が発生することです。

これけっこう臭い・・・・

で、その臭いを消す(ごまかす)ために、消臭剤を使ったりしています。

消臭用のお線香なども使います。

お線香で気に入っているのが「珈琲のかおり」です。

Dscn08921

珈琲は好きなので気分もよくなります。

ダメだったのはアロマオイルです。これは頭が痛くなりました。

臭いの感じ方も人によって違うので、気をつかうところです。

同じレンズで作ったが違和感がある

「同じフレームに、同じ度数でレンズを入れ替えたけど違和感があります・・・」とのご相談をお受けしました。

入れ替えたレンズは、前回と同じ非球面設計。でもレンズメーカーは変えたそうです。

まず、違和感の原因として考えられる第一は、

メーカーによってレンズカーブなどが違うからです。

つまり、「同じ非球面レンズでも設計は違う」ということです。

設計が違えば当然、空間視の違和感 は前回と違う感覚になります。

もちろん、違和感の感じ方は個人差も大きく、感じないかたはまったく感じません。

第二は、「同じ度数でも微妙に度数が違う」です。

通常、度数は0.25D刻みで販売しています。

0.25、0.50.0.75.1.00、1.25・・・・・5.00、5.25.5.50Dという具合に。

たとえば、前回と同じ度数5.00Dでメガネを調製したとします。

前回レンズは0.01刻みで測定すれば、4.99Dだった。

しかし、今回調製レンズ度数は5.01Dだった・・・場合などに「なんだか・・・」ということにもなりかねません。

これぐらいの誤差は許容範囲内なので、通常は問題ないのですが、敏感なかたは違和感を覚えます。

敏感なのも良し悪しですね・・・・。

第三は、「設計加工(レイアウト)が前回と違う」ことがあります。

心取り 」がまずいと、ペケのメガネになることがあります。

心取りに問題がなかったとしても、前回と違う心取りをすると、違和感を訴えられることも考えられます。

第四は、心理的な要素もあるでしょう。

「同じもので作っているから違和感はない」という思い込みが、かえって違和感を覚えることもあります。

まぁ、こんなところですが、いずれしろ、前回とまったく同じ条件で作ったとしても違和感はゼロにはなりません。

「こんなもんだ・・・」と思う柔軟な気持ちもメガネ作りには必要です・・・。

ご相談のかたには1時間ぐらい時間をかけてじっくりと他の考えられる原因もご説明しました。

こういう場合どうするかのアドバイスもしました。無料で・・・・。

本来、こういうご相談はメガネ購入店にしていただきたいのですが、購入店では納得のいく説明をしてくれなかったのでしょう。

今回の違和感の根本的な原因は、そこにあるのかも知れません。

やはり、メガネは信頼がおけて、長く付き合えるメガネ店で購入したほうがいいですね。

メガネはお客様とメガネ店(店主)と息を合わせて作る見るための道具です。

栂池高原スキー場

お正月は「栂池高原スキー場」で遊んでいました。

148386688710814838669113981483866964480


雪は少なかったけど、天気がよくて暖かく、そこそこに滑れたので大満足です。

このスキー場は、35年前に一シーズン過ごしたことのある思い出のスキー場です。

あの頃は、スキーが楽しかった・・・・。

いや、今もスキーは楽しいことは楽しいのですが、昔ほどではありません。

身体のアチコチが痛くなるし、怪我が怖いので、おもいっきりスピードも出せない・・。

まぁ、その分仕事は昔に比較して楽しくやっています。

自営業は仕事で楽しまなきゃ損ですからね。

仕事はスキーよりもスリルがあります。

正月旅行の話

お正月旅行でのある出来事。

列車の指定席に座り、ホッとしていると、女性のかたが「すみません。そこは私たちの席です・・・」と。

えー、間違った席に座ったのか・・・と切符を確認してみると、間違いなくこの席に指定をとっています。

女性のかたは、

「えー、ダブルブッキングなの、指定はいつとられましたか!」とおっしゃいます。

私は「一か月前にとりましたよ」と、切符を女性のかたに提示しました。

すると「おかしいですね・・・・。車掌さんに言ってみます」と。

で、女性のかたが車掌さんに訴えてみたところ、指定日が違っていた・・・ようです。

「ようです」というのは私たちに釈明したわけではなく、お連れのかたにそのように話していたのが聞こえたからです。

その話によると、車掌さんに「お客様には切符の日付を確認する義務がありますから、日付の確認を怠った、あなたに責任があります」みたいな事を言われた・・・と。

それで憤慨されていました。

車掌さんの言い方に問題があったのかも知れませんが、これは規則(ルール)で決まっていることだと思うので、仕方ないですね。

おそらく、切符を購入するときに、日付を間違えてしまったのでしょう。

女性のかたは家族旅行をされていたようですが、気の毒でした。

が、私たちも家族旅行を楽しんでいたのですが、なんだか後味が悪くなりました。

もし、切符購入日が私たちのほうが遅かったら、何を言われていたのだろうか・・・。

せめて、ご自分の切符を確認してから、「その席は・・・」と言ってほしかった。

いや、おそらく確認はしたのだろうけど、「思い込み」が脳に介入し、日付が目に入ってこなくて脳は問題ないと認識したのでしょう。

生理的抑制 みたいな感じですね。

これは、目と脳の関係でいえば、十分ありうることです。

誰でも思い込みはあるし、勘違いもあります。

でも、私を疑い、こちらに非があるように言ったのですから、せめて「お騒がせしてすみません・・・」のひとことを言ってほしかったです・・・・。

気が動転していたとは思うのですが・・・・。

イカンイカン、新年早々ボヤイテしまった。

あ、そうそうダブルブッキングといえば、30年ぐらい前、これもお正月にダブルブッキングの憂き目にあったことがあります。

以前に行ったことの料理の美味しいある旅館に予約を入れ、疲れた体を癒そうと思っていたら、部屋が確保できていませんでした。

仕方なく、泊まったのは蒲団部屋みたいなところ・・・・。

それ以来、正月の繁忙期などは「要注意」を心がけて、対応するようになりました。

宿には、2回も3回も確認を入れたりして・・・・。

ティアドロップ型のメガネ

ティアドロップ型のメガネが入荷しました。

Dscn08821Dscn08831


ガッチリとした作りのチタンメタルフレームです。

パッド(鼻当て)は、形状が掛ける人の鼻にフィッし、なおかつ40℃以下の温度で形状を保持する形状記憶樹脂を用いたものを採用しています。

本日より営業いたします

本日(4日)より2017年の営業を開始いたします。

今年もよろしくお願いいたします。

1月の休みは

5日、12日、19日、26日 です。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

最近のトラックバック