« 年頭所感 | トップページ | 趣味はスキーです。 »

メガネレンズの設計

単焦点レンズ(遠近両用レンズではないレンズ)には、球面設計と非球面設計レンズがあります。

レンズにキズが入ったなどの理由で交換したい場合、

同じ度数で作ったとしても、メーカーが変われば違和感が発生することもあります。

その違和感は、たいていは掛けているうちに、段々と気にならなくなってきます。

それは人間には適応能力が備わっているからですね。

でも、適応能力は個人差も大きく、環境などにも左右されます。

季節の変わり目に弱くなるかたもいます。

ですから、レンズを交換する場合、できれば同じメーカーのレンズを使用したほうが無難です。

また、球面と非球面では

球面レンズのほうがメーカーが変わっても馴染み易いように感じます。あくまで私の主観ですが・・・・。

なお、近視で弱度の場合、当店は非球面レンズはおすすめしていません。

理由は、非球面レンズのデメリットがメリットを上回るからです。

もちろん、すべての非球面レンズというわけではありません。

« 年頭所感 | トップページ | 趣味はスキーです。 »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年頭所感 | トップページ | 趣味はスキーです。 »

最近のトラックバック