« 眼鏡学校時代の昼食 3 | トップページ | パクチーは美味しいのか? »

日本製のメタルフレーム

メタルフレーム の入荷です。

Dscn10041Dscn10051

自分らしさを大切にしながら、ある時はハードに、ある時にはクールに、時代に溶け込みながらも常に先を見据えている、パイオニア的存在の人々に提案して行きたい。

プレート材のフロントパーツにプレス+一コ智・スパルタ加工のヨロイ・テンプルを組み合わせたハイクオリティーのオールメタルチタンフレーム。

フロントのプレート材とプレスパーツの一コ智を接合する為、専用のヨロイ金型を製作。

モダンなハイブリッジのバランスや、シャーリングとポリッシュのコンビネーション処理など、メタルの質感を充分に味わえる仕上がりとなっている。

レンズシェイプはスクエア。

表面処理は、耐久性に優れたゴールドのダイレクトメッキやイオンプレーティングの他に、 吹付樹脂塗装とゴールド又はチタンのコンビネーションカラーを用意。

又、表面処理を施さないチタンナチュラルもラインナップしている。

パットは体温によって柔らかくなることで、形状が掛ける人の鼻にフィッし、なおかつ40℃以下の温度で形状を保持する形状記憶樹脂を用いたものを採用している。

メーカーHPより

« 眼鏡学校時代の昼食 3 | トップページ | パクチーは美味しいのか? »

メガネフレームの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼鏡学校時代の昼食 3 | トップページ | パクチーは美味しいのか? »

最近のトラックバック