« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

高知 香南市 西川花公園 2

3月30日(木) 晴れ

今週の木曜日(メガネのハマヤ 定休日)も向かった先は「西川花公園

先週は菜の花は満開でしたが、花桃や桜はもう少し・・・・でした。

で、本日は・・・・花桃は五分咲きというところで、桜はほとんど咲いていません。

なんだか寒かったですからね・・・・。

149092645307814909264721711490926492192


ま、だけど売店で購入したお寿司は美味しかったし、桜饅頭も美味でした。

1490926578318

ミカン入りのパンは今日もお土産に買っちゃいました。

1490926419518

こうなりゃ、来週も香南市までいっちゃいましょうか・・・・。

帰りには「夜須の道の駅」で海産物をゲット!

晩御飯は魚が満海だった

眼鏡技術専門学校 14

病院研修 7

40年前はカメラを持っていませんでした。(誰でもがカメラを持っている時代ではなかったです)

それが今ではスマホでキレイな写真が簡単に撮れます。

隔世の感がありますね・・・・。

ということで、病院研修時代の記念写真は一枚もありません・・・・・と思っていましたが、

あった、あった、バッチリ目の奥まで映っているキレイな写真が!

それがこれ→Dscn061711


40年前の凛々しい目・・・・・眼底写真でした。

この写真は目の具合が悪くて撮ったわけでなく、研修生の勉強の為に撮ってもらったものです。

ですから、やはりこれが記念写真です。

記念撮影のために散瞳剤を入れましたから、薬の副作用も体験することができました。

桜を見るにも偏光レンズ

全てが一新されたニュー偏光レンズ SPX

のパンフレット。

Dscn11431

当店に置いています。ご自由にお持ち帰りください。(郵送はしていません)

私は外出するときは、ほぼ100%偏光レンズを掛けます。

もちろんサイクリング にも偏光レンズはかかせません。

主にドライブ用に使用してる偏光レンズは「ドライブウエア 」です。

曇りや雨の日は「EZ-チェンジ 」のシャンパンゴールド色をつかいます。

日中の桜も偏光レンズで見ると、よりキレイに見えます。

抑制は立体視が不良になります。

事例 深視力

20代 B様

裸眼視力 右眼 1.5 左眼 1.5

カバーテストでは大きな眼位ズレが見られます。

眼位検査では、やはり上下斜位+内斜位が検出されます。

しかし、自覚的検査での応答がハッキリしません。

眼位も非常に不安定です。

上下斜位の方向はいろんな検査や距離を変えての検査で一致するのですが、水平方向の眼位が定まりません。

外斜位と答えることもあります。

ま、そういうこともあるので、じっくり時間をかけて緊張をとぎほぐしていただけるように配慮しました。

強い緊張は屈折検査や眼位検査に影響を与えますからね。

すると、眼位が不安定というよりも「抑制 」が検査の邪魔をしていることがわかりました。

(それで、応答もハッキリしなかったのですね)

抑制にも種類がありまして、網膜の中心部だけに抑制が入るかたもいます。

右眼、左眼、交互に抑制が入る「交互抑制」もあります。

B様の場合は、主に左眼に抑制が入りがちの、交互抑制です。

抑制が入っているかたの深視力試験・・・・けっこう困難な場合が多いです。

精密立体視の検査をしますと、立体視は不良でした。

少しでも眼位を整えることのできるプリズム眼鏡で深視力検査を実施してみますと、成績は悪くなかったです。

試しに裸眼でやってみますと、これでもそこそこにできました。

しかし、「棒の動きはわかりません・・・」とおっしゃいます。

成績が悪くないのは「カンがいい」ともいえるのですが、いつもカンが働くとは限りません。

(それで、当店に来店されたわけです)

結果、メガネを調製しても違和感を強く覚えるだけで、深視力検査の向上は少なかったので、メガネ矯正は見合すことになりました。

抑制除去のトレーニング方法などのご説明もしましたが、抑制を取るということは複視になる危険性もあります。

なので、B様の年齢を考えると、この方法も積極的におすすめできるわけではありません。

B様は「子供のときから主に右眼を使っている感じです・・・」とおっしゃっていました。

今回、軽い遠視もあったので、おそらく遠視→内斜位→上斜位→抑制→視機能不良の道をたどってきたものと思われます。

やはり、学童期の遠視 未矯正は視機能のトラブルに繋がりやすいです・・・。

頭痛の原因は目!

頭痛がある場合、視機能が低下して起こることもあります。

視機能低下の原因は、

屈折異常が適切に矯正されていない。

斜位などの眼位異常が適切に矯正されていない。

などが考えられます。

屈折異常の中でも遠視と乱視、

眼位異常の中では、上下斜位と内斜位、

は視機能低下に繋がりやすいです。

頭痛がある場合、だいたい同じ所が痛い。

眼を使っている最中か、使ったあとで痛む・・・・眼が原因の可能性があります。

眼鏡技術専門学校 13

病院研修 6

先生はじめ看護婦さん、視能訓練士さんには色々と教えていただき感謝しています。

その上、研修最終日にはお別れパーティーまでしていただき、研修生にそこまでしていただいて恐縮でした。

そこまでしていただけたのは、おそらく私たちが熱心に研修し、病院にも貢献したからかな・・・・?なんて思っています。(思いすごしかも・・・)

それが証拠に、「当院の検査員になりませんか」と請われましたから・・・・。

でも、募集人員は一人だったのと、私はメガネ店に就職が決まっていたので、残念ながら辞退させていただきました。

結局、一緒に研修していたクラスメイトが病院に就職することになりました。

もし、私のほうが病院に就職していたら・・・・人生は今と変わったものになっていたでしょう(あたり前)

別々の道を歩むことになったクラスメイトと私。

病院勤務とメガネ店勤務、環境が違えば同じ検査員でも考え方が違ってきます・・・。

病院とメガネ店では検査の目的が違うからですね。

高知 香南市だ!

3月23日 曇り時々雨

高知 香南市 に出かける。

目的は「西川 花祭り」と「花フェア チューリップまつり」

どちらも花は満開ではなかったけど、そこそこに楽しむことができました。

149027011955014902701362121490270043111


西川 花祭りのスタッフのかたが「あまり咲いていなくてすみません・・・」と。

私は「いえいえ、来週もまたきますよ」と。

昼からは、赤岡の街を探索。

まずは、弁天座に到着。

1490270012750

舞台などを見学したかっけど、本日は貸し切りだとか・・・・

次に「絵金蔵」に向かう・・・といっても場所は弁天座と向かい合わせにあります。

Dscn11411

観光ボランティアガイドのかたが絵金さんの詳しい話を聞かせてくれました。

ありがとうございます。

昼食は赤岡名物「中日そば」を「とさを商店」さんに食べにいく。

1490269986226

和風ラーメンという感じで、あっさりとして美味でした。

また、食べにいきます。

香南市 よかったよかった

ウスカルフレーム 「サイドメトリー」

強度近視のかたのためのウスカルフレーム

サイドメトリー 」の入荷です。

Dscn11331

かなりの小径・36ミリのレンズの「サイドメトリー」と名付けられた「36□28」「36□26」の2サイズ展開を持つメガネフレームが登場です。

一枚のチタン板から切り抜いた「抜き枠(ぬきわく)」と呼ばれるタイプのモデルです。

曲線を帯びたシェイプで、FPD64とFPD62という、日本人女性のボリュームゾーンとなるサイズ展開です。

眼鏡技術専門学校 12

病院研修 5

病院研修では研修生も患者さんからは「先生」と呼ばれました。

眼鏡学校では、当然「生徒」な訳ですから、これは違和感を覚えました。

と、同時に快感も覚えてくるようになっていました。

錯覚もいいとこで、医者でもなく、実力も権力もないくせに、自分がなんだか偉くなったような気持ちにもなりました。

すっかり医者気分、「虎の威を借る狐」状態・・・・。

また、病院に出入りしている物販セールスさんが「シェンシェーイ 」と言ってくるものですから、よけいに舞い上がってしまいます。

若かったですからね。

病院で「先生」と呼ばれる検査員と、メガネ屋で「にいちゃん」と呼ばれる検査員。

同じ検査員でも病院とメガネ屋では相対する緊張感 は随分違います。そういうことも病院研修では学びました・・・・。

丸メガネ「ディナール」

丸メガネ「ディナール 」の登場です。

ドイツ風のイメージを持つパーツを駆使した丸メガネフレームとして出来上がってきました。

Dscn11311

ディナールのレンズ一枚のレンズ径は、横幅40ミリにして、上下幅は38ミリです。
「疑似真円」と呼ばれる、真円よりはわずかに横幅が長い丸メガネとなっています。

フロント部は「頑強なブリッジ」を使用し、鼻パッドを付けた「鼻パッドクリングス付き」のスタイル。

PD(瞳孔間距離)の広いかたに適合する丸メガネです。

当店には4本の入荷です。

眼鏡技術専門学校 11

病院研修 4

手術見学

手術台には、小さな女の子が眠っている。

2歳ぐらいだろうか・・・。

先生の「では、はじめます」の声とともに、静かに女の子の眼にメスが入る。

女の子は眠っているから、声をあげることはない。

恐怖を感じることもないだろう。

だが、こちらは恐怖で足がすくむ。自分の眼にメスが入ることを想像するからだろうか。

先生は「研修生は、もっと前でしっかり見ていなさい」とおっしゃる。

今日の手術は「眼球摘出」。

「は、はい・・・・」と言ったものの、しっかり見るのは辛い。手術の内容に足がすくんでしまう。

命を守る、眼を守るための手術とはいえ、片眼の眼球を失い、これから、この子の人生はどうなるのだろう・・・、

もし、もう片方の眼も悪くなったら・・・、

そんなことを考えているうちに、手術はあっというまに終わってしまったような気がする。

眼鏡学校の研修生に見学させる手術は「斜視」ぐらいでよかったような気もしますが、命の尊さ、眼の尊さを学ぶことに意味があったのでしょう。

そういう心情面も含めて、研修記録(レポート)には、ビッシリと書き込んだ(多分)のだが、残念ながらレポートは現存しない。

後輩に貸し出したまま行方不明になってしまった・・・・

Dscn10901

↑これは眼鏡店実習のレポート。

トラディショナルなフレーム

トラディショナルなフレームの入荷です。

Dscn10121Dscn10131Dscn10141Dscn10151

日本製です。





2017 SPX 偏光サングラス ニューカラー

SPX偏光サングラス 全14色のラインナップ

Heko21Heko51

目まぐるしく変わる天候、容赦のない照り返し、厳しい条件をクリアしてこそ喜びも大きい。
すべてが一新されたニューSPXは「ラインでアタリが取れる明るさ」「とにかくナチュラルで疲れない」「いち早く魚影を捉えるメリハリのある視界」「強力な照り返しをカットする快適さ」などの色々なシチュエーションで求められる要素を全カラー偏光度99%以上の性能でお答えします。

Heko101Heko121

四国は、トンネルが多いです。
ドライブにも偏光レンズを使用するかたは、ライトカラーシリーズがおすすめです。

ライトカラーは、トンネル内や、曇った日でもレンズが明るいから安心です。
高い偏光機能で、雨の日の路面反射も防ぐことができます。

オールマイティーに使えますから、条件や環境が変化しがちな自転車での利用にも適し、早朝や夕方の釣りや木陰での渓流や管理釣りも得意分野です。

高品質なナイロールフレーム

ナイロールフレームの入荷です。

Dscn10321Dscn10331

¥50700(税込)です。

当店の在庫フレームは主に1万円代~3万円代が多いですから、このナイロールフレームは当店では高いほうです。

ブランド名が超有名なだけの高価格なフレームはほとんど仕入れないのですが、このフレームはオリジナルブランドで、高品質です。

メーカー保証も3年ついていますので、何かあった場合でも安心な面もあります。

眼鏡技術専門学校 10

病院研修 3

幼児の視力検査は、みっちりやりました・・・。

それだけ「幼児の眼は大事」という面もあるのですが、幼児の視力検査は一筋縄ではいきません。

普通に視力検査をしたのでは、小さな子供は取り合ってくれませんので、子供に負けないように力が入ったということでしょう・・・。

「これは、どの方向がきれていますか?」なんて言っても、ま、無駄です。

Dscn10821

視力検査の意味もわからないし、興味もないので、

しら~ん、顔をしています。

「こら、答えんかい!」なんて言ったら、視力検査は二度とできないでしょうし・・・・。

どうすれば、より正確な視力検査ができるか。

そうだ、やはり子供にも「目」だ!

子供の目せんになって、視力検査というゲームをしなくちゃね。

ゲームをするには友達になるしかない。

私(研修生)が大人の先生ではまずいのです。

ということで、一緒にお絵かきをしたり、仲良くなってから視力検査をすることにしました。

すると、そっぽを向いていた子供も視力検査ゲームの相手をしてくれるようになりました。

フムフム、時間はかかったけどこのゲーム勝ちやね・・・・・

なお、幼児の視力検査は、通常の視力表では読み分け困難(視標と視標の間が近いと読みにくい)になる場合もあります。

ですから、「字ひとつ視力表」で、視力検査をします。

Dscn10831

ランドルト環の模型を持ってもらって、「同じ形にしてくれるかなー・・・」なんてこともやっていたように思います。

Dscn10841


あの頃、「ドーナツ視力検査 」があったら、もう少し楽にスムーズに視力検査ができていたでしょう・・・。

複視の矯正

交通事故で原因で複視 になったかたが再来店されました。

「フレネル膜メガネ(プリズム入り)メガネを掛けていると頭が痛くなります・・・」と。

再度、眼位検査をしますと、前回と眼位の大きな変動はありません。

しかし、麻痺性の斜視で眼位は不安定です。

視線の持っていきかたで、複視が発生する現象もあります。

ですから、おっしゃる通りそのストレスで片頭痛の症状が出ている可能性があります。

こんな場合どうするか・・・。

麻痺眼を遮蔽 することも一つの方法なのですが、このかたはその方法は望んでいません。

また、遮蔽は大きなデメリットになる可能性もあります。

それで、やはりフレネル膜プリズムで矯正することになりました。

方法は「基底を変更する」です。

フレネル膜は、そういう細工ができるのです。

膜を貼りなおすということなのですが、微妙なさじ加減が必要です。

「あ、これぐらのほうがよさそう・・・・」という基底方向で試していただくことにしました。

今後、プリズム度数の大幅は変更も予想されます。

今回、当店で処方したプリズム度数ですから、お客様との共同作業で対応することができます。

(ご持参された眼鏡処方箋度数通りに作る方法もあったのですが、当店処方で調製することで、いろんな対応がスムーズにできます)

眼鏡技術専門学校 9

病院研修 2

病院研修にいったのは、もう約40年前です。

そのころは「オートレフ 」はありません。他覚値検査は主にレチノスコープで行っていました。

オートレフはスイッチを押すことで、メガネデータが出てきますが(誰でもできる)、レチノスコープはそういう訳にはいきません。

熟練の技を必要とします。

病院でのメガネ調製のための屈折検査は、

まず、先生がレチノスコープ検査をし、データをカルテに書きます。

そのデータ度数を基に、研修生(検査員)が、前後の度数を入れて視力のチェックをします。

たとえば、

S-3.00D C-1.00D Ax180

(Sは近視度数、Dは度数の単位、Cは乱視度数、AXは乱視軸方向)

と書いていれば、

(0.7×S-2.00D C-1.00D Ax180)

(0.8×S-2.50D C-1.00D Ax180)

(0.9×S-2.75D C-1.00D Ax180)

(1.2×S-3.00D C-1.00D Ax180)

(1.2×S-3.25D C-1.00D Ax180)

(1.0×S-3.50D C-1.00D Ax180)

(0.8×S-3.75D C-1.00D Ax180)

という感じで、カルテに記入します。

そのデータを基に先生が「これ!」と指示をくれます。

指示度数で装用テストをし、患者さんがOKであれば、その度数が眼鏡処方箋に記入されます。

乱視の自覚的検査は、ほぼなし・・・・。

検査員に求められるもの視力検査のテクニックであって、屈折検査は必要なかったのですね。

それだけ「レチノスコープ検査の精度は高かった・・・」ということも言えるのですが、快適に掛けられるメガネ調製の基本は自覚的屈折検査ですから、その精度は低かった・・・・。

看護婦さん(検査員さん)から「浜田さん乱視ってなに?」という質問を受けたことを覚えています。

「え、え、え・・・・」と思いましたが、病院で必要なのは病気に関する知識であって、病気ではない屈折異常には関心がないのですね・・・・。

ま、昔のことなのですが、「病院の本職は病気を治すこと」は今もおなじようなものでしょう・・・・。

土佐のおきゃく

3月9日(木)

午前中に歯の定期健診に行く。

いつものように「これからも歯磨きはシッカリと・・・」とアドバイスされる。

朝晩に10分ぐらい磨いているのだが・・・・。

ま、歯と目は特に大事ですから気をつけます。

午後からは「土佐のおきゃく 」に行く。

本日は、中央公園で「アジアンフードマーケット」の催し。

アジアの食材が楽しめるおきゃくです。

1489042622776

ベトナム料理とか色々食べたけど、一番美味しかったのは高知産のトマトだった。

1489042652363

中国伝統の二胡の演奏などもあり、楽しいひとときを過ごすことができました。

1489042668307

よかった、よかった。

風邪と免疫力

先々週は、風邪をひいて、久しぶりに高熱がでました。(39°ぐらい)

「その風邪をうつしたのは私です・・・」と訴えられたかたから文旦をいただきました。

Dscn10891

「これで少しでもビタミンCをとってください・・・」と。

でも、このかたの接客をしてから、症状がでたのは5時間後ぐらいです。

そんなに早く症状がでるものだろうか?

浜田 久美が人の集まるところで、もらってきた可能性もあるのですが、

文旦は、ありがたく頂戴しました。

ま、いずれにしろ免疫力が弱っていたから風邪にかかるわけで、気をつけないといけませんね・・・。

でも、年齢による免疫力低下には抗えないかも知れませんが・・・・。

なお、免疫力低下による眼の怖い病気の一つに「加齢黄斑変性」があります。

加齢・・・というだけに、加齢が一番の原因なのですが、予防法に繋がることとして、以下のことが推奨されています。

① 日光に気をつける

② 抗酸化ビタミン、ミネラルを摂る

③ ルテインとゼアキサンを摂る

④ 禁煙をする

私は①、②、④を実践しています。

③はサプリは飲んでいないけど、加齢黄斑変性の予防効果があるかも知れないメガネ を掛けています。

あと、10年後どうなりますやら・・・・。

オーバル ナイロールフレーム

オーバル型  ナイロールフレームの入荷です。

Dscn10211Dscn10221


伝統という名の上質。それがトラディショナルなフレームです。

100% MADE IN JAPAN です。

眼鏡技術専門学校 8

病院研修 1

4月に眼鏡学校に入学し、世間の学校では夏休みの真っ盛りに病院(眼科)研修が始まります。

夏休みしたーい!気持ちはあったのですが、私の時代には夏休みはありませんでした。

それどころか、眼科の一番忙しい時期での研修でした。

その時期の研修は子供の患者さんも多く、勉強にもなるからですね。

私の研修先は堺市の○○病院でした。佐竹台の学校へ行くよりも距離が短くなり、その点はちょっと朝寝坊ができて楽だったように記憶しています。

それよりも、なにより病院研修は楽しかったです。

眠たくなるような授業もなく・・・・毎日、実際にいろんな患者さんの検査をすることができました。

ま、検査といっても研修生ができることは限定されていたのですが・・・・・。

タッチできない検査は、じっくりと見学することができました。

眼の手術にも立ち会わせていただき、気分が悪くなった記憶があります。

また、「先生」と呼ばれることに快感を覚えていました。

そんなことなど、ぼちぼちと記憶をたどっていきましょう・・・・・。

眼とメガネに関する説明

医師が病気や治療に関する説明を患者さんにすることは、手間暇のかかる作業だと思います。

「丁寧にわかりやすい説明」を心がけていると、説明時間がどうしても長くなります。

そうすると、今の医療体制ではどうしても経営的には厳しくなってくる面があるのではないでしょうか・・・・。

「あの眼科の説明は・・・・」という話をよく聞きますが、

「そうですね・・・・眼科さんはお忙しいですからね。待合室もいつも一杯でしょう・・・」

と、フォロー?し、当方でわかる範囲で眼の説明をしています。

でも、医師の屈折やメガネに関する考え方を訊かれたときは、困ることもあります。

「矯正視力は0.7に調整したほうがいいと言われました」

「老眼鏡は30㎝で使用するように言われました」

「ガラスレンズで調製するように言われました」

など、その根拠の説明がちっともされていないので、患者さん(お客さん)は、

「????」ってなります。

そんな場合、「ウーン、先生によってお考えはそれぞれですから、処方箋を拝見するだけでは何ともいえないのですが・・・・」

と、私の推測も交えて、眼とメガネについての説明をしていきます。

ちょっとかわった考え方の先生もいるので、この説明はけっこう骨の折れる作業です・・・・。

眼鏡技術専門学校 7

眼鏡学校時代

故・平松先生は「人をみたら、遠視と思いなさい!」と、口すっぱくおっしゃっていました。

それだけ随意遠視 は潜伏しやすく、見逃しやすい傾向にあるからですね。

随意遠視の場合、通常遠方の視力は悪くありません。1.0~1.5ぐらいは見えるでしょう。

なので、小中学校でやる5mでの視力検査では、随意遠視は「問題なし」と判定されてしまいがちです。というかほどんど発見できないでしょう・・・・。

遠視を発見するには、「近見視力検査」を実施することが重要です。

近見視力が不良の場合、遠視の可能性が高いです。

では、なぜ遠視がいけないかと言いますと、遠視の害は近視より大きいからです。

調節機能に負担がかかりやすいのも遠視です。

遠視は弱視や視機能不良に繋がることもあります。

だ か ら、学童期の遠視はキッチリとメガネで矯正しておいたほうがいいと思います。

「弱度の遠視ならメガネを掛けなくてもいい・・・」という意見もありますが、弱度でも調節に負担がかかるのは間違いありません。

人によっては、近見で眼精疲労になることもあるし、自律神経が乱れることもあります。

眼の筋肉のメカニズムからいえば不自然な眼位「近視で内斜位 」の原因の一つにも、学童期の随意遠視があるのではないでしょうか・・・・。

スポーツゴーグル

スポーツゴーグル に装着できる「ウインガード」が入荷しました。

Dscn10471Dscn10491Dscn10481


スポンジタイプとラバータイプがあります。

サイズは S M L

当店にて装用感を確認して、当店でお買い求めいただくことができます。


説明は

高知新聞 読書欄「声ひろば」に

「手術の説明」に関する投稿が載っていました。

ある病院の説明不足、配慮不足を嘆き、投稿されたかたも医療従事者なので、「わが身を振り返れば病院をただ責めることはできず、むしろ医療の本質に気づかされました」

という内容です。

患者さんって、基本わがままですが、患者さんの立場で物事を考えることのできる先生になってください・・・・。

これはもちろん「言うは易く行うは難し」で、医療説明に関しても専門的な説明を一般のかたにすること大変な作業です。

それでも、できるだけ簡潔に、少しでもわかりやすく、かつ正しく理解していただけるように説明テクニックを磨かないといけません。

医師の言葉は重いですから、ちょっとした言葉遣いに患者さんが深く傷つけられることもあります。

説明すればするほどお叱りを受けることもあるかも知れません。

大変な面もあると思いますが、頑張ってください。!

医療機関の実情もちょっとしっていて、お客様への説明にいつも苦労している眼鏡士歴40年の浜田 清が、

わが身を振り返って、エールを送ります。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック