« いの町 琴平神社 桜情報3 | トップページ | ボストンフレーム「マクシミル」 »

レンズの入れ替え

ご使用しているメガネフレームにレンズのみ交換することもできます。(できないフレームもあります)

レンズが取り寄せ、もしくは特注という場合、その間メガネをお預かりできれば、新レンズを加工して直ぐお渡しすることができます。

でも、お預かりできない事情があることも少なくありません。

メガネが1本しかない、スペアのメガネは持っていない、とか・・・ですね。

そんな場合は、レンズが当店に届いた時点でご連絡を入れ、メガネを持ってきていただき、その場で加工にかかります。

これが、けっこうなプレッシャーになる事もあります。

それは失敗する可能性もあるからです。

加工機が誤作動する可能性もあるし、レンズにトラブルが発生することもあるからです。

フューマンエラーの可能性も・・・・・。

先日も、そういう事例がありました。

特注レンズで、お客様には1週間待っていただき、メガネをご持参いただいて加工にかかりました。

加工は順調に運び、度数の確認、光学中心の確認も終え、ホッとしていました。

最後にレンズをキレイに拭いて、ルーペでレンズのチェックをしてみると。

ガーン!微妙なコーティングエラーを発見。

Photo


コーティングエラー(剥げ)は蛍光灯の明かりで透かしてみないと見えないぐらいですが、

Dscn11671

これではマズイです。

お客様にお詫びをし、ひとまずはこのままで掛けていただき、(見る分にはほぼ問題ないので)再注文をしました。

あー、また1週間待ってもらわなくてはいけません。

このパターンが一番辛いです。

また、ご来店していただかないといけないし・・・・

プレッシャーも3倍ぐらいになります。

「次は絶対に大丈夫」という保障はありませんからね・・・。

幸い、再注文のレンズは問題なく、加工も無事終えました。

こんなこともありますし、いつメガネにアクシデントが起こるかもわかりません。

「メガネはスペアがあったほうがなにかと便利です!」当店にとっても。

« いの町 琴平神社 桜情報3 | トップページ | ボストンフレーム「マクシミル」 »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いの町 琴平神社 桜情報3 | トップページ | ボストンフレーム「マクシミル」 »

最近のトラックバック