« メマトイとサイクリング | トップページ | 眼内レンズの度数 »

白内障術後の不同視

強度近視のA様、白内障手術をされました。

手術されたのは片眼のみです。

術後の屈折状態は、弱度近視になりました。

右眼 弱度近視 左眼 強度近視 ということです。

これは「不同視」になったということでもあります。

不同視をメガネで矯正すると「左右眼で網膜像の大きさが異なる」問題点がでてきます。

この問題で掛けづらい・・・と訴えるかたもいますが、一番の問題点は「垂直方向のプリズム誤差」です。

これはけっこう辛いです・・・・。

もちろん辛いか辛くないかは個人差も大きいのですが、不同視の程度が大きいと、脳が辛くて両眼視を拒否する場合もあります。(これを抑制といいます)

で、A様には「モノビジョン」という矯正方法もご提案してみました。

モノビジョンとは、右眼で遠方用度数、左眼で近方用度数に設定するというものです。

こうすることにより、左右の度数差を少なくして遠くと近くを明視することができます。

しかし、モノビジョンの欠点は遠近感覚などが犠牲になるし、今までそんな使い方をしていないかたにとっては、馴染みづらい矯正方法です。

結局、今までお使いのメガネの片方のみ弱度近視度数に変えて、様子を見てもらうことになりました。

ひょっとしたらこれで掛けられるかも知れません・・・。

できるだけ光学中心でモノを見るようにアドバイスをしています。

A様の適応能力は大きいかどうか・・・。

« メマトイとサイクリング | トップページ | 眼内レンズの度数 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メマトイとサイクリング | トップページ | 眼内レンズの度数 »

最近のトラックバック