« 多面プリズムバー | トップページ | 屈折率1.60のレンズ »

プリズムレンズ・・・にもなるレンズ

当店はプリズムレンズの在庫があります。

といっても、普通のプラスチックレンズですが・・・・。

Dscn14821


↑(屈折率1.50 HOYA PST15)

それは、普通のプラスチックレンズでも「当店加工でプリズム入りレンズにできる」ということです。

そもそも眼鏡レンズは、「プリズムの集合体」ともいえるものですから、自店加工でそういうことができるのです。

ということは、加工に問題があると、プリズムが必要ないのにプリズム入りレンズになる危険性もあるわけです。

つまり「心取り」がマズイと「眼精疲労などの原因」にもなるということです。

心取りがマズくても見た目(形状的に)はわかりませんから、不具合を訴えても「間違っていません。慣れます!」というメガネ屋もいます。

 

また、上下方向の心取りがマズイと度数によっては、相当辛いメガネになることもあります。

« 多面プリズムバー | トップページ | 屈折率1.60のレンズ »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多面プリズムバー | トップページ | 屈折率1.60のレンズ »

最近のトラックバック