« ウスカルフレーム「ラボル」 | トップページ | 不思議なフレーム »

どのようなメガネを作るか・・・・です。

完全矯正度数(基本度数)とは、実際のお客様の目の度数のことです。

基本度数=調製度数(実際に作る度数)になることもありますが、調整することも多いです。

それで調製度数は基本度数からどうするかということになります。

度数選びの基本は、年齢、用途、用法、違和感などを考え、何を優先させて何を妥協するかの選択になります。

眼位や斜位を考慮に入れて、使用目的や違和感の事も考えて、基本度数から弱めるのか、強めるのかを決めていきます。

調製度数は、装用テストで「見え方」、「違和感」などを確認していただいて、お客様と当方のお話合いで決めることになります。

なので、メガネのハマヤで調製したメガネは、お客様と当方との共同責任になります。

という感じで今年もやってきました。

来年も「きめつけ」は良くないと思いますので、将来的な事も考慮に入れてアドバイスをさせていただきます。

眼鏡士 浜田 清

ファッションアドバイザー 浜田 久美

« ウスカルフレーム「ラボル」 | トップページ | 不思議なフレーム »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカルフレーム「ラボル」 | トップページ | 不思議なフレーム »

最近のトラックバック