« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

そのメガネ合っていますか?

本日、午後7時30分、NHK総合「ガッテン!」で、メガネについての放送があります。

新聞のラテ欄には、

「検証!あなたのメガネ、本当に目に合っていますか?肩こり頭痛&目の疲れベストマッチの選び方」

と書かれています。

バラエティ番組のセンセーショナルな表現ですね。

ま、それはいいとして・・・・。

この番組は著名な眼科医が登場し、「メガネ屋で測定したメガネはダメ!眼科で検査し、メガネを作りなさい」と持っていくのだろうか?

「肩こり、目の疲れの原因は、外斜位(隠れ斜視)です」と言うのだろうか?

これは昔からある「眼科へいらっしゃい」パターンです。

さて、今回はどうなんだろう・・・・。

「本当に目に合っているかどうか」なんて、何を基準に判断するのだろう。

完全矯正度数で調製していればOKか、はたまた視力が1.0見えているメガネは問題ない。とするのだろうか。

そうかと思えば「視力が1,0見えているメガネはダメ!」と決めつける眼科医もいます。

これは「眼科医の考え方によって、結果が変わる」ということですが、これはこれで人間が判断することですから、まちまちなのは仕方ありません。

おかしいのは「唯一絶対正しい度数はこれ!」と決めつけることです。

そういうメガネに関することは、眼鏡技術者のトップがメガネの蘊蓄を述べていただきたいのですが、無理でしょうね。

ま、いずれにしろテレビ放送の内容は鵜呑みにしないほうがいです。

テンプル長めのフレーム

長いテンプル(腕)に鼻幅を広くしたモデルの入荷です。

テンプルは140mmが150mm、鼻幅は22mmが24mmに、長く、広くしたフレーム。

お顔の大きいかたや、耳までの奥行が長いかたにおすすめです。

Dscn16181


Dscn16191


Dscn16201

子供用メガネのパッド(鼻当て)

子供用フレームで人気のメタルフレーム。

Kokom78111

このフレーム、メタルでありながら固定式のパッド(鼻当て)を採用しています。

固定式パッドは、変形の心配がほとんどありません。

その点も人気の一つです。

しかし、鼻当たりの微妙な調整がやり辛い面もあります。

そんな場合、パッドを交換することができます。

Dscn16981


向かって右のパッドをサイズの大きいものに交換しています。

このパッドをお子様の鼻の形状に合わせて、削ることもできます。

<お子様のメガネフレームは、お顔の大きさに適合するものをお選びください>

福井県 鯖江市のメガネフレーム

メガネフレームの産地。福井県鯖江市から日本製のフレームが入荷しました。

福井県鯖江市河和田  美しい自然が残る

モノづくりが元気な街

時代が変わっても 受け継がれていく伝統と技

自然と一体になって 眼鏡づくりの職人たちが

こだわりの眼鏡を作り上げています。

あたたかな想いが形となって 生み出される作品たち

今日もまた 新しい歴史が生み出されます

Dscn16021


Dscn16031


Dscn16041

大正生まれのお客様

大正生まれのかたにお起こしいただきました。

手押し車も使わずに、スタスタと歩いてのご来店です。(さすがに車の運転は厳しい・・・・)それもお一人で。

お耳もしっかり聞えていますし、意思の疎通もスムーズで、かくしゃくとしておられます。

このかたは「老眼鏡が見えづらくなった」ということで、検査してみました。

検査距離 5mの結果は、

右眼 R S+1.00D C-2.5D Ax95

左眼 L S+0.75D C-1.75D Ax120

(S+は遠視度数、Cは乱視度数、Axは乱視軸)

矯正視力(メガネを掛けての視力)は、右眼0.5 左眼0.8でした。

乱視はそこそこありますが、このお年で、この視力は凄いです!

しかもご自分の天然の目の力で、白内障の手術もしていません。

やはり、目のいいかたは脳の働きも優れています。

「あと何年メガネを使えるか、わからないけど・・・・」とおっしゃていましたが、

「いやー、まだまだ使えます」と、しっかりとお伝えしました。

人気のフレーム

オーバル型 メガネフレーム。入荷しました。

老若男女に人気の形です。

Dscn15831

とさぶし

当店が「とさぶし」に紹介されました。

Dscn16231


とさぶしは、高知の人、食、物、などの情報がギッシリつまったフリーマガジンです。

とさぶし21号はおいちゅうき、とりにきてや

ウスカルセルフレーム「ニルバーノ」

ウエリントン型とも、スクエア型とも言えそうな、微妙なバランスのデザインを狙(ねら)い、ウスカルサイズでありながらもスマートに、シャープに作っています。

Dscn15841

今回の「ニルバーノ」は、かつてウスカル会からリリースしたオリジナル・ウスカルセルフレームの「クロービス」・「クロービスⅡ」のデザインを元にし踏襲(とうしゅう)しています。

遮蔽レンズ

複視などの理由で、片眼を遮蔽する場合があります。

眼帯で遮蔽するかたもおられますが、この方法は見た目がよくないです。

そんな場合、見た目が悪くない遮蔽レンズがあります。

Photo

向かって右のレンズ(左眼)が通常レンズで、左のレンズ(右眼)が遮蔽レンズです。

人からは、右眼も見えていますが、しっかりと遮蔽できています。(光は感じます)

このレンズは、薄いカラーをつけています。カラーをつけると遮蔽感がクリアレンズよりも目立たないです。

ウスカルフレーム「ビオローク」

今回のビオロークは、前枠と後枠の二重構造になっています。

Dscn15861

前と後ろの色の組み合わせを、落ち着いた大人のカラーの組み合わせばかりにして選出しました。

フレームサイズは、40□26 (フレームPD:66)で、目の中心と目の中心の間の幅が62~66ミリの人向けです。

怪しいハガキ

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれているハガキが届きました。

如何わしいハガキです。

Dscn15981

役場の町内放送でも「最近怪しいハガキが届いています。電話をしないでください」と言っていました。

そう言われると、なんだか電話をしたくなるのだが・・・・・。

くわばらくわばら、やめておこう。

コンビネーションフレーム 入荷です。

コンビネーションフレームの入荷です。

Dscn15821


Dscn16001


Dscn16011


Dscn15991

メガネ屋が悪い!と言う眼科。

「眼鏡処方箋で調製した遠近累進メガネの具合が悪いです」と、ご相談をお受けしました。(他店調製のメガネです)

眼鏡処方箋度数は、
遠用 右 S+2.75D C-0.25D Ax70
         左 S+3.00D C-1.00D Ax100   PD63mm
近用 右 S+4.50D C-0.25D Ax70
         左 S+5.50D C-1.00D Ax100   PD61mm

(SはSpherical、遠視、近視の球面度数。DはDioptre、曲光力、度数の単位。CはCylindrical、円注、乱視度数。
AxはAxis、乱視軸。PDは瞳孔間距離です)

左右で「加入度数」が違う処方になっています。

「加入度数」とは、遠用部の度数と近用部の度数との度数差のことです。
たとえば、遠用部の度数がS+2.00Dで、近用部の度数がS+5.00Dならば、加入度数は+3.00Dということになります。

【今回の処方箋では、右の加入度数は(S+4.50)-(S+2.75)=1.75 

左は(S+5.5)-(S+3.0)=2.5】

遠近累進メガネの場合、左右で加入度数が異なれば、累進帯長での横幅視野などが左右で異なってきます。
(加入度数が少ないほど、累進帯での視野が広くなり、ユレ歪みが少なくなります)

これは、遠近累進メガネが使いづらくなる可能性が高くなります。
なぜなら、人間は左右眼での情報が異なるものは嫌う性質があるからです。

では、なぜこの眼科は加入度数を左右で変えたのでしょうか・・・・。

一つは遠近累進メガネの知識不足でしょう。

おそらく遠近累進の構造などが理解できていない。

もう一つは、遠近累進メガネを作る上で重要な要素である「遠近累進調製の経験」が足らない。

遠近累進メガネはユーザーの使用目的によって、メガネタイプを選んだり、加入度数の設定をしないといけません。

かつ選んだフレームの大きさなどにより、レンズタイプを決定し、タイプに応じた度数調製をしていくことが肝心です。

そういうことを眼科でできますか。眼科で経験できますか?

病気を治すことが本職の眼科では難しいでしょう。

このかたは、具合の悪いことを眼科に訴えたそうです。

すると眼科は「このメガネは処方箋通りにはできていません」と、言ったそうです。

それで当店に「このメガネ処方箋通りに調製できていますか?」とお尋ねになられたのです。

メガネを詳しく調べてみますと、フィッティング調整には問題がありますが、度数に関しては、ほぼ処方箋通りにできていました。

この眼科はどこがどう悪いのかの具体的な指摘もなく、ただ「メガネ屋が悪い!」と、それだけです。

これはオカシイです。これが大きな問題です。

遠近累進のチェックもマトモにできない眼科が、そんな判定をするなんて!

そんなことをしているから、クレームから学ぶ経験ができないのです。

濡れ衣を着せられたメガネ屋さんは災難ですね。

今回の件も

「設計(処方)が悪ければ、快適な家(メガネ)にはなりません」ということでしょう。

この眼科の今回と同じような事例があります。→『こちら』にどうぞ。

PDも同じ・・・・・これは偶然なのだろうか。

丸メガネ男性用と女性用

シンプルな男性用丸メガネ。

Dscn15781

キレイな女性用丸メガネ。

Dscn15811


Dscn15971


当店は丸メガネ、300本以上在庫しています。

当地は雪

2月12日(月) 

Dsc_0065

今朝、窓を開けてビックリ。雪が積もっています。

近辺で、これぐらい積もるのは珍しいです。

雪が降るとワクワクしますが、雪の多い地域のかたは大変です。

今年は、もう雪はいりませんね。

セル(アセテート)+メタルのフレーム

テンプル(腕)にメタルを採用したシリーズ。

カジュアルになりすぎない大人の雰囲気を作ります。

Dscn15791


Dscn15801


Dscn15901

「リドル」入荷です。

Dscn15751


メーカーHPより

自分らしさを大切にしながら、ある時はハードに、ある時にはクールに、時代に溶け込みながらも常に先を見据えている、パイオニア的存在の人々に提案して行きたい。

プレート材のフロントパーツに、アーチ形のプレスブローバーを組み合わせたチタンオールメタルⅡブリッジフレーム。

通常プレート材を使用した場合、フラットなイメージのデザインが特徴となるが立体感の表現は難しくなる。

このモデルではブローバーに立体感のあるプレスパーツを溶接にて接合することで、デザイン性の高いフォルムとブリッジ周りの充分な剛性の確保を両立している。

テンプルはプレス+丁番削り出しのスパルタ加工とし、強度とデザインの一体感を持たせている。

レンズシェイプはアレンジボストン。

表面処理は耐久性に優れたイオンプレーティングの他に、吹付樹脂塗装とゴールド又はパラジウムのコンビネーションカラーを用意。

又、表面処理を施さないチタンナチュラルもラインナップしている。

パットは体温によって柔らかくなることで、形状が掛ける人の鼻にフィッし、なおかつ40℃以下の温度で形状を保持する形状記憶樹脂を用いたものを採用している。 

スキーは楽しい。

2月8日(木) 晴れ

久万スキーランドに行く。

天気が良く、ゲレンデに雪はタップリあり、道路に雪はない。シニアスキーヤーには最高の条件です。

本日、おもいっきりスキーを楽しむことができました。といっても2時間ぐらいしか滑りませんが・・・・。

Dsc_0044

Dsc_0042_3

高齢者の交通事故 9

加齢や水晶体混濁などにより、網膜感度は低下していきます。

では、車の運転に必要な視野はといいますと、特に病的なものがないとすれば視野検査では大きな問題はないようです。

しかし、視野内にある情報のコントロール力が低下していきます。

これは、やはり車の運転には不利です。

それと車の運転は、速度上昇に伴い視野の狭窄がおきてきます。

視野狭窄も上手にコントールすることができれば、中心部の見え方には都合が良くなります。

でも残念ながら、そういうコントロールも高齢になると苦手になってきます。

そういうことも踏まえて、目の機能ごとに「制限速度の条件」をつけたほうがいいように思います・・・・・。

「あなたの視力、視機能では最高速度は60キロです」とか・・・・・。

高齢者が高速道路を運転するのであれば、それなりの対策が必要です。

大人の眼鏡

大人の眼鏡の入荷です。

Dscn15721


Dscn15731


Dscn15741

高齢者の交通事故 8

交通事故の多くは、夜間に発生します。

運転に必要な情報が昼間に比較して、乏しくなるからです。

おそらく昼間の2~3倍ぐらいは死亡事故も発生しているでしょう。

それと、たそがれ時も事故が多いです。

人間の目は暗さに順応することが苦手で、順応速度はたそがれていく速度よりも遅いからです。

その対策としては「前照灯を早めに点灯する」です。

そういうことができない・・・ということであれば、昼間から常に「前照灯は点けっぱなし」がおすすめです。

夜間運転は、ヘッドライトの向きは上向きのほうが見やすくなるのですが、対向車に大きな迷惑がかかります。

前方の視野内に強い光源が存在すると、運転者は眩惑されます。

対向車には常に気をくばり、早めにヘッドライトを下向きにし、スピードを減速しないといけません。

そういう操作は難しい・・・・ということであれば、前方がより見やすくて、かつ対向車に優しいライトがついている車に乗ることがおすすめです。

いずれにしろ、危険が多い夜間運転はできればしないほうがいいです・・・・。

丸メガネ フチなし

この普通の形状のフチなしフレームが、

Dscn15931

オシャレな「丸メガネフチなしメガネ」に変身できます。

Dscn15951

サイズも大きくしたり小さくすることができます。

モノビジョンが老眼の改善? 3

モノビジョン法が向いている目があります。

私のような「不同視」眼が老眼になった場合です。

不同視のかたが遠近両用メガネを作る場合、難しくなることが少なくありません。

それは遠近両用レンズは遠用部(遠方を見る部分)から、近用部(近方を見る部分)に視線を垂直移動して見るレンズだからです。

不同視眼は左右の度数差が大きいので近用部に「垂直方向のプリズム誤差」が多く発生します。

たとえば、私は垂直方向の度数差が約3.00Dあります。

遠用部から近用部への視線移動が10mmの場合、近用部では左右眼で3△(△はプリズム量の単位です)ものプリズム誤差が発生します。

3△といってもピンとこないと思いますが、普通この誤差はとてもしんどいです。
「モノが二重に見える」と訴えるかたもいます。

そんな不同視の場合、

左右眼をほぼ同度数で、片眼は遠方を見る度数、もう片眼は近くを見る度数で調製する(単焦点レンズで)モノビジョン法ができることもあります。

これなら左右眼が同じ度数ですから、プリズム誤差の心配がなくなります。

遠近累進両用レンズの欠点もなくなります。

で す が、私は自分の目にモノビジョン法は実施していません。

私は斜位もあるし、それでなくても車の運転は苦手です。モノビジョンで脳が混乱するとよけいに交通事故の危険性が増えるからです。

ぼちぼち私も高齢者になるのですから・・・・。

いずれにしろ、モノビジョン法は積極的におすすめできる方法ではありません。

モノビジョンは大きな欠点もあります。

基本的には将来のこと、視機能のことも考慮に入れて、不同視のかたでも正常な両眼視ができる度数からおすすめしていきます。

大きいフレーム「チタノス」

大きいフレーム「TITANOS チタノス」の入荷です。

サイズは 59□16

テンプル(腕)はサイズ調製可能なフィッティングモダンを採用しています。

Dscn15701


Dscn15711

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック