« リドル R-173 | トップページ | いの町 琴平神社の桜 »

オートレフラクトメーター 4

オートレフと視力表。

Dscn17291

メガネ調製において、どちらが大事でしょうか?

それは、「視力表」でしょう。

オートレフがいくら進化したとしても、そのデータだけで快適でよく見えるメガネ作りはできません。

視力表での検査は、そのデータで快適なメガネ作りが可能です。

オートレフはなくても大丈夫ですが、視力表はないと絶対困ります。

だ か ら、99%視力表のほうが大事です。

オートレフで測定された度数と視力表での検査度数が一致することは、ほとんどありません。

オートレフのデータは、たいていは近似値までは検出できるのですが、それはあくまで器械が調べたデータです。

「日常視とは違う状態での検査は、あてにならない」ということもあります。

「オートレフに依存するメガネ作りは危ない点もある」ということです。

« リドル R-173 | トップページ | いの町 琴平神社の桜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リドル R-173 | トップページ | いの町 琴平神社の桜 »

最近のトラックバック